27探査隊員、延吉レポート:中朝関係悪化を感じる (2017年8月22日)

    27探索隊員、延吉より無事帰還。今回、初めて、延吉-関空間の直行便を使ってみたが、極めて快適だった。延吉から大阪は地図上で直線を引くと北朝鮮領空を通過している。中国籍の飛行機なので、北朝鮮領空を通過するのかと期待し、わざわざ右側の窓側の席に座ったのだが、延吉から西に進みウラジオストック上空を通過して西に進み、日本海に出たところで南に向きを変え佐渡沖へ、そこから南西に飛行するというルートを通っている。

    20170822 flightr24 yajiosaka
    Source: Flightradar 24

    中朝間で民間航空機の領空通過をどのように許可し合っているのかは調べていないが、この大回りがなければ、1時間ぐらい短縮できそうな気がする。ともあれ、ウラジオストックの橋を眼下に見たときは、感動した。Marine Trafficで確認した万景峰号や北朝鮮船籍船がこの辺りにいるのだと思いつつ眺めていた。

    ついでに書いておけば、延吉の空港もなかなかおもしろかった。人民解放軍のJ-10と思われる戦闘機が2機滑走路上におり、私が乗った旅客機は戦闘機の後の離陸を待っていた。戦闘機がフロントライトを点灯すると、順次飛び立っていった。離陸前にさかんに音だけの花火のようなものを上げていたので、対空砲火の訓練かとも思ったのだが、あまりにもショボい花火だったので、鳥を追い払っていたのであろう。人民解放軍の戦闘機が飛び立つシーンを生で見るというよい経験になった。軍事機密云々と離陸前の電子製品電源オフの関係で撮影できなかったのが悔やまれる。

    以上は、27探索隊員の任務以外の話であるが、以下、任務に関する報告をしておく。

    延吉での宿所は、定宿の柳京ホテル。前回の柳京ホテル泊は2年前だったはずなので、ドンム達は入れ替わっている。電話予約した通り、普通にチェックインした。部屋もフロントも特に変わったところはなかった。初日は、到着が遅かったので、18時30分からの公演はとっくに終了、コーヒー店には誰も客はおらず「朝鮮中央TV」が流れているだけ。腹が減っていたので、朝鮮族の先生と一緒にビールを飲みながら夕食を食べた。

    ビールは当然、大同江ビール。ドンム「50元ですが、28元で販売しています」と。28元というのは、これまでの最安値かも知れない。「朝鮮中央TV」では、「初めての麓で(첫 기슭에서)」を放送しており、朝鮮族の先生が「これは何の番組か」と質問するも「祖国のテレビ放送です」としか答えない。大連の朝鮮食堂もそうだったが、明らかに口が堅くなっている。27探査隊員が番組名を言うと、後ろの方で「麓で・・・」とか言いながら、笑っていた。

    柳京ホテル、部屋も食堂もお客はとても少なく、恐らくは、18時30分からの公演もやっていないと思う。他方面の探査に出向いていたので、柳京ホテルの公演探査は今回は見送ったのだが、とにかく客の入りが悪い。

    柳京ホテルと言えば、部屋で「朝鮮中央TV」が見られるところがプレミアムなのだが、今回はそれが見られない。一応、ドンムに見られない旨伝えて調べてもらったが、それでも見られない。中国の番組は全て見られるのだが、「朝鮮中央TV」だけはチャンネルがない。

    2年前の探査の時のことだったので、忘れていたが、柳京ホテルはタイコムを受信しているのではなく、吉林省をカバーする中国の衛星放送を受信しており、その衛星が中継している番組に「朝鮮中央TV」が含まれていたのを思い出した。しかし今回、番組リストを見ると、「朝鮮中央TV」はリストに含まれていない。いつからリストから除外されたのかは不明ながら、そんなに前の話ではないと思う。もしかすると、中国が安保理決議2371を履行するための決定をした時期と重なっているのかも知れない。ドンムに「中央TVが見られない」とクレームを入れたが、結局見られず。翌日からは、吉林衛星放送の電波すら受信できなくなった。恐らくは、アンテナを切断してしまったのであろう。それが、抗議の意なのか、「朝鮮中央TV」も写らない放送を見せるのは良くないと考えたのか、理由は定かではないが、全ての部屋で見えなくなったようだ。ただ、住み込みの朝鮮人民のオッサンは、見えるようなことを言っていたので、客室だけ切断したのか、ピンポイントで27探査隊員の部屋だけを切断したのかは不明。とりあえず、壁から出ている同軸ケーブルは、チューナーに繋がっていた。

    中国の放送が受信できていたときには、左の黒い画面に多くの放送局が表示されていたが、この項目が表示されなくなった。設定から衛星受信を試みるも、衛星からの電波は一つも拾えず。アンテナを切断されたのであろう。
    20170822 kitusrin tv P8210176

    かなり静かな柳京ホテルであるが、2日目の夜は、団体貸しきりの部屋が大いに盛り上がっていた。ちょうど大連の朝鮮人民団体の個室のような感じで、モランボン楽団の新曲が連発で歌われ、しばらくするとカラオケも始まった。27探査隊員は、客のいないコーヒー店でその歌を聞きながら大同江ビールを飲んでいたら、その部屋から出てきた女性が男の子数人を連れてきて「ここで静かに遊んでいなさい」と朝鮮語で言った。しかし、ガキ共は、ゲーム機で遊びながら中国語で大声で騒いでいる。ドンムに朝鮮語で注意されるも無視。母親らしき女性も部屋から出てくる男性もバッジを付けていないようなので、在中朝鮮人なのかもしれない(北朝鮮の歌を連発で歌っていたので、朝鮮族ではないと思う)。この宴会、何時まで続いたのか分からないが、12時過ぎまで続いたと思う。

    大連の朝鮮食堂もそうだったが、主な客層が変わったような気がする。

    柳京ホテルのコーヒー店(公演会場)には、「動画撮影禁止」の張り紙があった。

    以前から確認はできているが、少なくとも延吉では、中国のホテルやレストランで共和国旗が付いたバッジを付けて働いているドンム達がいる。今回、夕食を食べたホテルにもドンムがたくさんいた。

    大連の公演は記事に書いた通り演奏無しのガッカリ公演だったが、こちらは少なくとも演奏はしていた。しかし、演奏したのはたったの3曲。例によって「(お会いできて)嬉しいです(반갑습니다)」から始まり、「タンスメ(一気に)」、そして中国曲1曲で終わり。10分そこそこという、大連よりはましながら、ガッカリ公演であった。

    こちらは、人が多いので制止しようがないからか、中国人経営の場所だからか、撮影は一切お咎めなし。
    20170823 koen P8190166

    『タンスメ』の一部


    そして、最後に27探査隊員が向かったのは、千年白雪会館。今度は、19時の公演時間前に行ったので、2階の食堂に。中国人の団体が3組ほどおり、まあまあの盛況ぶりだった。ステージ上のスクリーンには「モランボン楽団2013年新年(新正月)公演」の木蓮DVDの映像が流されている。ドンムに「これは、何年のソルマジ(旧正月)公演か」とわざと外して質問するも、「2015年」と。本当に知らないのだか、とぼけているのか分からないが、とにかく、皆、口が堅くなっているようだ。昨年の北京と比べると雰囲気が全く違う。しかも、同じDVDばかりリピート再生で、おもしろくない。

    公演は、結局19時20分頃か始まり、1曲目は「社会主義を守ろう」。社会主義を放棄した中国人を前に歌う曲としてはなかなか良い選曲だったので期待をしたのだが、続きが良くなかった。古い民謡調の朝鮮曲、中国曲数曲、カヤグムを使った民謡調の朝鮮曲、そして中国曲で終わった。最後の中国曲の曲調は「革命的」だったので、それ系の曲だったのかも知れないが、それにしても、最新の朝鮮曲を一切演奏しないというのはガッカリ。千年白雪会館の演奏組も歌唱組は、容姿、演奏、歌唱力において、レベルが高い。それだけに、新しい朝鮮曲を演じないのは勿体ない。

    その後、例によって中国人のカラオケが始まる。当然、全て中国曲。ドンムが知っていればデュエットになるし、知らなければオッサンが1人で歌う。27探査隊員も1曲と思い費用を尋ねたところ、1曲100元(約1600円)と。工作資金不足で、敢えなく後退となる。今後、千年白雪会館を探査する隊員のために言っておくと、この店は高い。特に、1人で工作をすると割高になる(中国全般にいえることだが、料理のサイズが大きい)。大同江ビールは、なんと68元。「他の店は28元ですが」と言ってみたら、「こんなに大きいです」と手でサイズを示しながらドンム。68元の工作資金で分かったことは、大同江ビールに大瓶というものが存在すること。ともあれ、68元は高すぎる。金満中国人は、そんなに高い店で大同江ビールは注文し放題、料理もどんどんと頼むし、カラオケもどんどん歌う。千年白雪会館は、撮影規制が厳しく、中国人がスマホで撮影を始めると、オンニ(年上のドンム)が監視しており、指で合図しながら、他のドンムに撮影を制止させる指示を出している。ただし、100元払ってカラオケを歌えば、デュエット姿は撮影し放題のようだ。

    朝、人民公園の朝市にも行ってみた。例によって、犬肉が売られており、時節柄、マツタケも売っていた。以前はさほど気にもしなかったのだが、今回は安保理制裁2371の対象となった北朝鮮産の海産物(干物)が売られているのが気になった。パッケージ入れられた明太で漢字や朝鮮語で「北朝鮮明太」と書かれていた。朝鮮族のオッサンが売っていたので、「これ入らなくなりますね」と言ったら、「これからは珍しくなる」と。安保理制裁2371を忠実に履行すれば、確かに北朝鮮産の明太は、いずれ北朝鮮領域内でしか食べられなくなる。

    「北朝鮮明太」と書かれた28元のパッケージ。
    20170823 mentai P8210177

    北朝鮮とは関係ないが、もう一つ朝市で気付いたことは、違法コピーしたCDやDVDが消えていたことである。少なくとも昨年秋は、この朝市に違法コピーしたメディアを売る屋台が数軒は出ていた。しかし、今回は、そうした屋台が全くなくなり、かろうじて1つの屋台で1枚だけセクシー系DVD(もしかすると、パッケージだけで、中身は普通の音楽かも知れないが)と思われるものが置かれていた。米国からの圧力で、習近平政権が違法ソフト摘発に力を入れた結果なのかも知れないが、朝市を見る限りでは、かなり徹底しているように思われる。

    「米国が、いったい何様だと!」:「元帥様」は、「図体の大きな国」の片方に祝電、ウクライナ製のエンジン (2017年8月14日 「朝鮮中央TV」)

    14日、「朝鮮中央TV」で放送された反米の「詩」。ついでに、「制裁決議に手を挙げた」「図体の大きな国々」も嘲笑している。

    日本語字幕付き。

    Source: KCTV, 2017/08/14

    とはいえ、「元帥様」は、「図体が大きな国々」の1つである、ロシア大統領には祝電を送っている。

    *************************************
    敬愛する最高領導者金正恩同志が、ロシア連邦大統領に祝電を送られた
    경애하는 최고령도자 김정은동지께서 로씨야련방 대통령에게 축전을 보내시였다

    モスクワ、ロシア連邦大統領 
    모스크바 로씨야련방 대통령
    ウラジミール・ウラジミロパチ・プーチン閣下
    울라지미르 울라지미로비치 뿌찐각하

    私は、朝鮮解放72周年に際し、あなたと、そしてあなたを通して親善的な貴国人民に温かい挨拶を送ります。
    나는 조선해방 72돐에 즈음하여 당신과 그리고 당신을 통하여 친선적인 귀국인민에게 따뜻한 인사를 보냅니다.

    私は、厳しい抗日大戦の日々、共同の闘争で作られた朝露親善関係が、両国人民の利益に合うように変わらず強化発展するという確信を表明します。
    나는 준엄한 항일대전의 나날에 공동의 투쟁으로 마련된 조로친선관계가 두 나라 인민들의 리익에 맞게 변함없이 강화발전되리라는 확신을 표명합니다.

    私は、この機会に強力なロシアを建設するためのあなたの責任ある事業で成果があることを心より願います。
    나는 이 기회에 강력한 로씨야를 건설하기 위한 당신의 책임적인 사업에서 성과가 있을것을 진심으로 바랍니다.

    朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員長
    조선민주주의인민공화국 국무위원회 위원장
    金正恩
    김정은

    主体106(2017)年8月15日、平壌
    주체106(2017)년 8월 15일 평양

    Source: 『労働新聞』、「경애하는 최고령도자 김정은동지께서 로씨야련방 대통령에게 축전을 보내시였다」、http://www.rodong.rep.kp/ko/index.php?strPageID=SF01_02_01&newsID=2017-08-15-0004
    *********************

    「元帥様」、対共産党ではないからか、「国務委員会委員長」の肩書きを使っている。

    これに先だちプーチンは、11日付けで「元帥様」に祝電を出している。

    **********************
    敬愛する最高領導者金正恩同志にロシア連邦大統領が祝電を送ってきた
    경애하는 최고령도자 김정은동지께 로씨야련방 대통령이 축전을 보내여왔다

    平壌、朝鮮民主主義人民共和国国務委員会委員長
    평양 조선민주주의인민공화국 국무위원회 위원장
    金正恩閣下
    김정은각하

    尊敬する金正恩閣下、
    존경하는 김정은각하,
    私は解放の日に際して、あなたに心より祝賀を捧げます。
    나는 해방의 날에 즈음하여 당신께 충심으로 되는 축하를 드립니다.

    我々は、貴国の自由と独立のための闘争で、自分の生命を捧げた赤い軍隊、軍人と朝鮮の愛国者達を敬虔に追憶しています。
    우리는 귀국의 자유와 독립을 위한 투쟁에서 자기의 생명을 바친 붉은군대 군인들과 조선의 애국자들을 경건히 추억하고있습니다.

    私は、ロシアと朝鮮民主主義人民共和国間の親善関係と建設的な協力をさらに強化することが、我々の共同の利益に合致し、朝鮮半島と東北アジア地域全般の平和と安定保障に寄与すると確信しています。
    나는 로씨야와 조선민주주의인민공화국사이의 친선관계와 건설적인 협조를 더욱 강화하는것이 우리의 공동의 리익에 부합되며 조선반도와 동북아시아지역전반의 평화와 안정보장에 이바지한다고 확신합니다.

    私は、あなたが健康で、成果を挙げられることを祝願しながら、貴国の全ての人民に幸福と福利があることを願います。
    나는 당신께서 건강하고 성과를 거두실것을 축원하며 귀국의 전체 인민들에게 행복과 복리가 있기를 바랍니다.
    敬意を表します。
    경의를 표합니다.

    ウェ・プーチン
    웨.뿌찐
    2017年8月11日、モスクワ、クレムリン
    2017년 8월 11일 모스크바, 크레믈리

    (変換ミスのご指摘をいただいた方、ありがとうございます)
    Source:『労働新聞』、「경애하는 최고령도자 김정은동지께 로씨야련방 대통령이 축전을 보내여왔다」、http://www.rodong.rep.kp/ko/index.php?strPageID=SF01_02_01&newsID=2017-08-15-0005
    ********************

    「元帥様」の祝電は、答礼という要素が強いのかも知れないが、外面的には、朝中よりも朝露の方が関係が良いように見える。

    昨日記事にした、15日の米国務省定例記者会見では、「火星-14」に使われたエンジンが「ウクライナの国営工場から輸出されたものではないのか」という質問が出された。これについてウクライナ政府はこのエンジンが「2001年以前にロシアに輸出された」ことを認めている。仮にこのエンジンが北朝鮮に持ち込まれたとして、どの時期なのかは今のところ明らかになっていないようだ。

    このエンジンが「火星-14」に使われた可能性があるのかについて、Savelsburg先生に意見を求めているところである。

    大連の北朝鮮籍貨物船 動きは活発 (2017年8月17日)

    17日朝、11時頃の大連コンテナターミナルと大連沖の北朝鮮船籍船の状況を見た。

    コンテナ埠頭には、大連沖に停泊していた別の北朝鮮籍貨物船が入港している。
    20170817 1100jst
    Source: Marine Traffic, 2017/08/17 1100JST

    また、大連港沖を見ると、昨日、着岸していた貨物船が北朝鮮に向かって航行しており、新たに北朝鮮船籍船が入港してきている様子も分かる。昨日の記事にも書いたように、30日間の猶予期間があるので、この状況はしばらく続くものと思われる。もし、30日後にもこの状況が続いているのであれば、積荷が制裁対象品目ではないか、中国が制裁を厳格に履行していないということになる。
    20170817 1103jst
    Source: Marine Traffic, 2017/08/17 1103JST

    ざっと見ただけであるが、この他にも煙台沖などを航行する北朝鮮船籍船が確認できた。

    「火星-12」をグアム沿岸30~40kmに着弾させる現実性、別の意味で「大変賢明で熟考した上での判断」 (2017年8月17日)

    昨夜書いた「トランプの金正恩は賢明」ツイート記事の下の方に書いたように、ミサイル科学者のSaveksberg先生に「北朝鮮が計画しているようにグアム沖30~40km地点に「火星-12」を着弾させることが北朝鮮の技術的に可能か」と質問を出した。今朝見たら、返信が来ていたので紹介しておく。

    命中精度、同先生はCEPという少し複雑な概念で回答しておられるが、北朝鮮のミサイル誘導システムはScud由来のものが使われており、だとするとCEPは300km当たり1kmということになり、北朝鮮からグアムまでの距離はおよそ3400kmとなるので、CEPは10km+αぐらになるという。したがって、CEPだけからすれば、北朝鮮が計画している「30~40kmに着弾させる」ことは可能ではないかということになる。

    しかし、CEPの問題はさておき、「北朝鮮は火星-12の発射に1回しか成功していない上に(火星-14の1段目に火星-12と同じものが使われているとしても3回)、3回の失敗をしている。また、5月の発射で再突入に本当に成功したのかも確認されていない」と指摘しながら、「火星シリーズは、実戦配備可能な兵器ではない」と断定している。

    こうした大きな不確実性を内包しているにもかかわらず、「火星-12、グアム島打撃計画」は、北朝鮮がよく使う表現のように「米国と世界を震撼」させており、「戦略兵器」としての役割は充分に果たしているように思われる。

    トランプが言う「大変賢明で熟考した上での判断」とは別の意味で、発射せずとも米国を動かせるのであれば、7月の2回の「火星-14」によるデモンストレーションと今回の「グアム島打撃計画」は、「元帥様」の「大変賢明で熟考した上での判断」だと言えるのではないだろうか。

    トランプ、ツイートで「元帥様」に「賢明で熟考した判断」と、<追記>命中精度 (2017年8月16日)

    16日、トランプが次のようなツイートをした。

    ****************
    Donald J. Trump‏認証済みアカウント @realDonaldTrump 3 時間3 時間前

    北朝鮮の金正恩は、大変賢明で熟考した上での決断をした。反対の決断をしていれば、壊滅的で容認不可であったはずだ!
    Kim Jong Un of North Korea made a very wise and well reasoned decision. The alternative would have been both catastrophic and unacceptable!
    13,803件の返信 14,265件のリツイート 56,289 いいね
    *****************

    トランプが、元帥様の「様子見」を多少なりとも対話に「前向き」と捉えたような雰囲気もあるが。

    <追記: 2017/08/17 0026>
    ふと思いついたのだが、「火星-12」の命中精度はどのぐらいなのだろうか。北朝鮮は、グアム島の沖合30~40kmに着弾させると予告しているが、その範囲に着弾させられる命中精度に自信があるのだろうか。仮に発射して、予告した地点より大きく外れて100~150km沖合となれば、戦争は回避できる可能性は高くなるものの、北朝鮮はミサイル誘導技術の低さで恥をさらすことになるし、逆に陸地に落ちて犠牲者を出すような事態になれば、それこそ戦争になる。そう考えると、「元帥様」は、本気だったのかと疑ってしまう。

    「火星-12」の命中精度についてどのように考えられるのか、いつものSavelsberg先生に質問のメールを送っておいた。
    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「朝鮮中央TV」ワッチャー

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「副部長同志」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR