北朝鮮製OS「赤い星3(붉은별3)」 (2016年12月8日)

    ネット上に漂っているとは思ってもみなかったのだが、北朝鮮製のOS「赤い星3(붉은별 3)をダウンロードしてインストールしてみた。

    ダウンロード情報などを書きかけたが、結果についての責任を取れないので、書くのを止めた。「赤い星3」を英訳して検索すると、日本語や英語の情報が出てくるので、試されるのであれば、それらを参考にされたい。

    拙宅には、古いWinXPノートPCが何台か転がっている。一応使えるので、そのまま置いてあったのだが、そのうち、1台を「赤い星3」の餌食にすることにした。NEC製のPC-LA700DDという約12年近く前に発売された機種で、メモリは2GBまで増設してあるが、その他はオリジナルの状態である。

    ダウンロードしたisoファイルをDVDに焼き、起動順序のトップをDVDにしておけば自動的にインストールしてくれる。isoファイルを解凍してみると、赤い星がついたinstall.exeなど、ファイル一式が出てくる。このinstall.exeをWin XP上でクリックしても、自動再起動後、インストールを続行してくれる。ただし、インストールに必要なファイルセットは、HDD上にコピーしておく必要がある(DVDからインストールを試みたら、そのように指示された.全ての指示はもちろん朝鮮語である)。

    rs3 files list

    PCを再起動し、DVDを読み込み始めると、下のように「赤い星」という文字が出る。古いPCなので、この文字が出るまでに、少し時間がかかった。これが出た時点で、大変感動する。
    PC080703.jpg

    読み込みが終わると、次のような画面が出る。

    我々式操作体系「赤い星」(「OS」を朝鮮語で「操作体系」ということを初めて知った。)
    「赤い星」使用者用体系3.0版は、体系の安定性と性能、仕様の便利性と保安が高い水準で実現された我々式の操作体系です。
    PC080705.jpg

    「次」をクリックすると、「検索中...既に設置された「赤い星」使用者用体系3.0版を探しています」と出る。
    PC080706.jpg

    しばらくすると、「体系を設置する区画を選択して下さい」とメッセージが出る。このPCにはWinXPがインストールされているので、CドライブのHDDが表示される。「残り空間1.3GB」と出るので、「ディスク管理」をクリックしてフォーマットしてしまおうと思ったが、フォーマットに使えるようなボタンはあったものの、クリックできなかった。
    PC080707.jpg

    インストールするディスクをクリックすると緑の矢印が出る。1.3GBでは当然不足すると思いつつ、「次へ」をクリックしたところ、「選択した区画は「赤い星」使用者用体系3.0版を用ファイル体系で初期化します。継続しますか?」と出る。右の「はい」をクリックする。インストール後に見ると、確かにWinXP等、全てのファイルはフォーマットされ消えている。
    PC080709.jpg

    次に、「管理者加入情報設定」という画面が出る。IDとパスワードがなければ、ここでインストールが中断されるのかと思ったが、これはそうではなく、それらの設定画面である。上から「管理者の名前」、「短い名前」、「通過暗号」、「通過暗号確認」、「通過暗号暗示」と出る。このソフトに関しては、「尊名」管理はされていないようで、「元帥様」の「尊名」で登録できた。「通過暗号暗示」については、まだ何か確認していない。これらの欄は、空欄のままでも進めそうな気がするが、試していない。

    PC080710.jpg

    次に、「ネット情報設定」と出てくる。デフォルトでは「住所割当方式」が「手動方式」となっているが、一応、「DHCP方式」に切り替えておいてみた。DHCPを設定すると、その他の欄はグレーになり、記入する必要がなくなる。
    PC080712.jpg

    続いて、「時間帯設定」画面が出る。デフォルトはもちろん「朝鮮-平壌」であるが、このOSがリリースされたのは「平壌時間」開始前だったのか、イルクーツク、東京、大阪と同じ時間帯になっている。
    PC080714.jpg

    そして、「日にちと時間設定」をする。「主体105.12」という表示がシブイ。一応、インターネット時刻を拾えるようになっているが、取りあえず設定しておく(インターネットに接続できないので、ネット時計は使えないが)。
    PC080716.jpg

    ここまで来ると、いよいよインストールが始まる。「設置準備をしています」、「体系区画を初期化しています」、「仮想記憶空間を創造しています」、「設定情報を読み込んでいます」、「設定情報を検査しています」、「体系設置時間を計算しています」、「残り時間XX分程度」、「起動管理者を設定しています」、「XX秒後に自動的に再起動します」などのメッセージが出て、インストールが完成する。このノートPCの場合、20分弱かかった。
    PC080726.jpg

    再起動すると、再び一番上の写真にある「赤い星」の文字が出て、ログイン画面に至る。先ほどの「通過暗号」を入力してログインする。
    PC080728.jpg

    デフォルトのデスクトップはこんな感じ。
    PC080732.jpg

    「先軍」というフォルダー内のシブイ壁紙に変更するとこんな感じ。
    PC080750.jpg

    「体系環境設定」画面を開くと、次のようなアイコンがある。
    個人:多国語、多重卓上面、ドック、保安、卓上面と画面保護器、一般
    装置:CDとDVD、鍵盤とマウス、電力節約、映像表示装置、音声装置、印刷機
    インターネットとネット:共有、ネット
    体系:起動ディスク、系定(グループ管理?)、日にちと時間

    PC080733.jpg

    無線LANには対応していないようなので、周囲のPCは全てOFFにした状態で、有線LANケーブルを恐る恐る繋いでみた。「赤い星」には、「我が国閲覧機 3.5」というブラウザがあるので、それを開いて見ると、案の定、接続できなかった。エラーメッセ字は以下のとおり。

    *************
    接続できず。
    10.76.1.11からサーバーと接続できません。
    ・サーバーが一時的に使用できないか、接触が多すぎる可能性があります。しばらく後に、再び試してみて下さい。
    ・一定のページを開けないのであれば、コンピューターのネット接触を確認してみて下さい。
    ・このコンピューターが、ネットのファイヤーウォールあるいはプロキシサーバーで保護されていると、我が国閲覧機がウェブに接続できるよう許可しているか確認して下さい。
    ************

    10.76.1.11というIPは、このノートPC固有のIPなのかもしれないが、よく分からない。LANケーブルを外した状態でも同じIPが出るので、ネットワーク上にあるIPではないようだ。

    そして、「基本閲覧機」というウィンドウが出て「我が国閲覧機は、現在、基本閲覧機として設定されていません。基本閲覧機として設定しますか?」というメッセージが出る。チェックは「我が国閲覧機を起動するとき毎に基本閲覧機を確認します。」このあたり、Windowsのブラウザと変わらない。「我が国閲覧機」は、Firefoxの改造版だという指摘もどこかに書いてあった。
    PC080735.jpg

    「ソグァン事務処理3.0」という、オフィス系の統合ソフトもデフォルトで入っている。このソフトには、「文書処理プログラム」、「表処理プログラム」、「演試プログラム」が入っている。「演試」はパワ-ポイントのようなプレゼンソフトである。「ソグァン」というのは、このプログラムを作っている企業名のようで、右上のロゴも「ソグァン」となっている。漢字にすると「瑞光」だろうか。
    PC080739.jpg

    「文書処理プログラム」を使って、文字を入力してみた。デフォルトでは、英語と朝鮮語のIMEが設定されている。ただし、朝鮮語は、北朝鮮キーボード(「国規鍵盤」)対応で、南朝鮮式とポジションが違うために、私では打てない(「27探索隊員」としては、情けない限り)。日本語や漢字は、デフォルトでも取りあえず補助パネルから入力することはできる。
    PC080742.jpg

    しかし、環境設定からキーボードを「国規鍵盤」から「チャンドク鍵盤」に変更すると、南朝鮮式のポジションとなる。全てのキーポジションは確認していないが、恐らくそういうことだと思う。北朝鮮は「国規鍵盤」のみかと思っていたので、南朝鮮式の「チャンドク鍵盤」を準備していたのは意外であった。ということは、北朝鮮でも両方が併用されているということであろうか。Windowsの標準IMEを使えるようにするための措置なのかもしれない。
    PC080745.jpg

    続けて、「多言語」から日本語を設定してみた。他の言語については、代表的な使用国の国旗が出ているが、悲しいかな、国交がないからなのか、日章旗が嫌いなのか、日本語の横に日の丸は出てこない。
    PC080748.jpg

    しかし、日本語を追加すれば、普通に日本語で入力できるようになり、漢字変換も出来る。日の丸を出さないリベンジで「かんこく」と入力してみたら、しっかりと「韓国」と、さらには「だいかんみんこく」と入力すると「大韓民国」と出てくる。そのくせ、「ちょうせんみんしゅしゅぎじんみんきょうわこく」と入力すると「挑戦民主主義人民共和国」と出てきてしまう。全くIMEが学習していないまっさらな状態でこうなっているので、リナックスの日本語辞書は手を入れずにそのまま使っているのであろう。

    PC080749.jpg

    「赤い星」はLinuxベースのOSだと言われている。私は、ほとんどLinuxを使ったことがないが、時々、古いPCにインストールして遊んだ経験からすれば、ボタンやアイコンがLinuxと同じである。まだ、一部のプログラムしか確認していないが、ゲームなどもデフォルトで入っているらしい。また、起動時に「音楽が鳴った」という報告もあるが、拙宅のノートPCでは、Linuxのドライバーが当たらないようで、普通にインストールしただけでは、音は全く出ない。

    インターネット接続は、もう少し試してみる必要があるが、「赤い星」のROOTの取り方も出回っているので、Linuxに強い人ならば、設定を変更して接続できるようにできるのではないかと思う。「我が国閲覧機」を使ってみたいので、これも追々、情報収集して挑戦してみることにする。

    「赤い星」で復活した、古いノートPCでしばらく遊べそうだ。
    PC080751.jpg


    「Korea I saw」:私が見た朝鮮、観光プロモーションのような動画 (2016年12月5日 「uriminzokkiri-TV」)

    5日、uriminzokkiri-TVにアップロードされた動画。特筆すべきことはないが、念のため。


    Souce: uriminzokkiri-TV, 2016/12/05

    『チョンリマ・チョソンの社会主義建設-チョソン労働党創立30周年記念- 1975』:久しぶりに開いた、70年代で止まっている部分、モランボン時計工場は出ていなかった (2016年12月5日)

    モランボン時計工場の写真を探すべく、何十年ぶりかで「朝鮮中央放送」から送られてきた本を開いてみた。タイトルは、『チョンリマ・チョソンの社会主義建設-チョソン労働党創立30周年記念-』で、「外国文出版社 1975」となっている。もらった当時、中学生ぐらいであった私は、多分、「北朝鮮は、ずいぶんきれいなんだなぁ」と思って見ていたはずである。また、この本の写真を見ながら、「北朝鮮は遅れているなぁ」とは思わなかったはずである。70年代の北朝鮮は、当時の日本と比べても、今ほどの格差はなかったと言えよう。

    そして今、何十年ぶりかにこの本を開いてみると、大変興味深い。写真を見ていると、当時から発展が止まっている北朝鮮が見えてくる。例えば、トラックや農場のトラクターなど、今、「朝鮮中央TV」の「報道」に出てくるようなトラクターやトラックの写真がこの本にはたくさん出ている。

    この、「チョンリマ・チョソン」シリーズ、日本の図書館に収蔵されているのであれば、各年度集めて見直したいと思っている。朝鮮大学校の図書館に行けばありそうな気もするが、同大学校の図書館は、部外者に公開しているのだろうか。

    で、モランボン時計工場の写真は残念ながら出ていなかった。しかし、真空管工場や万年筆工場の写真はあったので、別の年の本でモランボン時計工場が紹介されている可能性は十分にある。

    引き続き、要調査となった。

    「敬愛する金正恩同志が『朝鮮人民軍航空及び反航空軍飛行指揮官の戦闘飛行術競技大会-2016』を指導された」:久々の李雪主同行、双眼鏡のメーカー特定中(難航中)、パンツファッションはよろしくない (2016年12月4日 「労働新聞」)

    4日、『労働新聞』などの北朝鮮メディアが、元帥様が李雪主夫人同伴で「戦闘飛行術競技大会」を「指導」したと伝えた。詳細、追って。今、双眼鏡のメーカー特定をしようとしている。詳細、追って。

    2016-12-04-01-07.jpg
    Source: 『労働新聞』、「경애하는 김정은동지께서 《조선인민군 항공 및 반항공군 비행지휘성원들의 전투비행술경기대회―2016》을 지도하시였다」、http://www.rodong.rep.kp/ko/index.php?strPageID=SF01_02_02&newsID=2016-12-04-0001_photo

    <追記>
    双眼鏡のメーカー特定、かなり苦労している。高級双眼鏡を検索すれば直ぐに出てくるだろうと高を括っていたが、なかなか見つからない。双眼鏡に小さな共和国旗のようなものが付いているようにも見えるので、特注品なのかもしれない。

    李雪主「同志」であるが、今回はズボンで登場している。過去の李雪主映像を再確認する必要があるが、初めてか、そうではなくても珍しい。何よりも寒いことがその理由であろう。

    20161204 경애하는 김정은동지께서 《조선인민군 항공 및 반항공군 비행지휘성원들의 전투비행술경기대회-2016》을 지도하시mp4_000180935
    Source: KCTV, 2016/12/04

    李雪主「同志」のズボンに注目したのは、同日、放送された「<朝鮮映画>このような現象はなくしましょう」のなかで、好ましくない服装を紹介していたからである。このシリーズの教養映画、過去にも何本か紹介しtことがあると思うが、大体、日曜日の夕方の時間帯に放送されている。日常的な出来事を取り上げながら、「よろしくない」事例を戒める風紀映画であるが、俗説などが確認できてとてもおもしろい。
    20161204kctvasf_018368079.jpg
    Source: KCTV, 2016/12/04

    それで、今回登場したよろしくない女性であるが、下の写真である。
    20161204kctvasf_01879610.jpg
    Source: KCTV, 2016/12/04

    番組で言及されているよろしくない点は、1.「ラッパ・パンツ」、すなわちパンタロンを着用している、2.それとの組み合わせでジャンバーを着用している、3.ジャンバーには訳の分からない外国の商標を縫い付けている、4.髪の毛を結んでいない,以上4点である。暗に指摘しているのは、人前でやたらとキャンディーを食べること、そして「AH」と英文字が書かれている鞄もよろしくないということであろう。

    訳の分からない商標。
    20161204kctvasf_018479331.jpg
    Source: KCTV, 2016/12/04

    ズボンについては、金敬姫がよく着用していたが、彼女が着用していたのは、「将軍様」の「ジャンバー服」と同じようなスタイルなので可ということであろう。さてそれでは、今回、李雪主「同志」が着用しているパンツ・ファッションは可か不可か。「モランボン楽団」もパンツ・ファッションで演奏したことがあるが、基本的に軍服だった。また、工場で働いている女性や農場で働いている女性がズボンをはいている姿もよく見られる。すると、ズボンはよいが、裾が広がったパンタロンは、堕落した資本主義的なので駄目ということなのだろう。しかして、李雪主「同志」のズボンの裾も広がっているが、パンタロンの定義に当てはまるのかどうか。

    「録画報道」では、「元帥様」が、どのように空港に着いたのかは明らかにしていない。「オオタカ一号」は一切登場しないので、どのように来たのかは分からない。「元帥様」ならば、「敵共の悪辣な制裁策動」で制裁対象に指定された旅客機にこれ見よがしに乗って来てもよさそうなものだが、それがない。

    北朝鮮製モランボン腕時計:70~80年代の北朝鮮技術、微妙なデザインの違い、機能の詳細な表記、George von Burg 社製ES95ムーブメント、平壌に工場? (2016年12月4日)

    北朝鮮製のモランボン腕時計、しかも3種の写真撮影をする機会に恵まれた。この腕時計の存在は知っていたが、手にとって写真を撮れるとは思わなかったので、なかなか感動した。以下、紹介していく。

    モランボン時計1(動いている)
    PC040671.jpg

    モランボン時計1は、日付がないタイプである。ネットで出回っている写真を見る限りでは、この日付がないタイプはあまり出てこないので、レアなのだと思う。以下、細かい部分を見ていく。

    まず、「モランボン」というフォントは、ゴシック体風の比較的細いものが使われている。
    PC040672.jpg

    30分上の辺りには、「朝鮮平壌」と同じフォントでマークされている。
    PC040673.jpg

    さらに、30分下付近の円周に「MADE IN D.P.R.K」とある。
    PC040674.jpg

    リューズには、何か刻まれているが、相当摩耗しており、読み取れない。もしかすると、単なる傷なのかもしれない。PかDという文字のようにも見えるのだが。長年にわたり、どこの誰がこのリューズを巻いていたのだろうかと想いをはせてしまう。
    PC040675.jpg

    モランボン時計1の裏面。形状からはスクリュー式の裏蓋になっている。中が見たい。
    PC040676.jpg

    中心部には「モランボン(牡丹峰)」と刻まれている。「モランボン」がこの時計のブランドなのだろう。
    PC040677.jpg

    この時計の一番シブイところが、裏面円周に刻まれている次の3つの特徴。「防打(打「타」は、北朝鮮フォントが使われている)、防湿、非磁性体」。「この時計は丈夫ですよ」と言わんばかりのこの表記は、実に北朝鮮らしい。この時計が作られた当時の一般的な技術水準は分からないが、こうしたことが「標準装備」ではなかったとすると、なかなかのテクノロジーを有していたということになる。特に「防打」というのが素晴らしいが、モランボン時計がG-SHOCKの原型なのかもしれない。人民軍人も使っていたのだろうか。
    PC040678.jpg

    そして、裏面にも「朝鮮 平壌」とある。
    PC040679.jpg

    この時計には、伸縮する金属ベルトが付いているが、これが北朝鮮製かどうかは不明である。

    モランボン時計2。(動いている)この時計には、日付窓がある。
    PC040680.jpg

    モランボン時計2は、検索すると写真がたくさん出てくるので、最も一般的なモランボン時計なのだと思う。モランボン時計1との違いは、上記の日付窓がある以外に、文字盤上の表記が異なる。

    このように自体がゴシック風から手書き風に変更され、その下に英文字で「MORANBONG」と書かれている。
    PC040681.jpg

    興味深いのは、これと同じタイプのモランボン時計3(不動)を見ると、この英文字表記が少し違っている。「MORAN-BONG」というように、語彙間(牡丹と峰の間)にハイフォンが入れられている。恐らく、製造年代の違いにより、英文字での「表記法」の検討がなされたのであろう。また、フォントが全体的に太く、特に「峰」を表す「봉」のフォントもよく見ると少し異なっている。
    PC040690.jpg

    下は、モランボン時計2の30分上にある表記である。モランボン時計1では、朝鮮文字のみの表記であったが、モランボン時計2では、「朝鮮・平壌」というように「朝鮮」と「平壌」の間に「・」が入れられ、さらに英文字で「PYONGYANG・KOREA」と書かれている。
    PC040682.jpg

    こちらは、モランボン時計3の同じ部分であるが、「G」のように若干フォントが変わっているようにも見えるが、大きな変更はない。
    PC040691.jpg

    その代わりに30分下に書かれていた「MADE IN D.P.R.K」はなくなっている。
    PC040683.jpg


    モランボン時計2のリューズはこんな感じで、こちらも何か刻まれているように見えるが、摩耗でよく分からない。
    PC040684.jpg

    裏面については変更がないが、おもしろいのは、スクリュー蓋オープナーを引っかける切り込みの位置である。文字を打刻する位置といった方が良いのかもしれないが、モランボン時計1と異なっている。これが仕様変更に伴うものなのか、時計工場で手作業をしている時に発生したものかは分からないが、感じとしては後者だと思う。裏蓋の直径は、モランボン時計1、2共に同じであるが、プラスチック風防はモランボン時計1が29ミリ、モランボン時計2が31.5ミリなので、日付表示追加に伴い、ケースは変更されているようだ。

    モランボン時計1では、「平壌」の「壌」の下に切り込みがあるが、モランボン時計2では「朝鮮」と「平壌」の間に切り込みが来ている。手作業から来るこの種の不統一は、以前、韓国のトラ展望台の土産物屋に置かれていた北朝鮮製の飲料(酒だったかも?)で確認している。韓国人店員が、「同じ商品なのに、入っている量が違うだろ」と笑っていた。「27号探索隊員」としては、「80年代、バケツの水で冷やしながら売っていた、南朝鮮のプラスチック容器に入ったマッコリもそうだったよ」と言いかけたが、さすがに「傀儡軍哨所」の直ぐ横で言うのは控えておいた。
    PC040687.jpg

    それにしても、このモランボン時計2、どれほど使い込んだのか線や文字が摩耗している。この時計、「苦難の行軍」時期は、どこで過ごしていたのだろうか。
    PC040685.jpg

    上でも紹介してきたモランボン時計3。これは不動品あるが、文字盤の状態は一番良い。
    PC040689.jpg

    裏蓋には文字がない。仕様変更による可能性も多少はあるが、恐らく修理の過程で社外品に付け替えられたのであろう。形的には、ローレックスに使われている切り込みがないスクリュー式に見える。
    PC040693.jpg

    さて、中身であるが、こんな写真があった。ムーブメントにも「モランボン,朝鮮 平壌」と刻まれており、「17石」と貴石の数が書かれている。
    dprk movement characters
    Source: watchuseek watch forums, http://forums.watchuseek.com/f72/moranbong-north-korea-watch-371962.html

    上の写真を見つけた、腕時計コレクターが集うこのフォーラム、なかなか興味深い。朝鮮文字の解釈は今一つだが、コレクターだけあって、ムーブメントの分析力は凄い。色々と議論がなされているが、どうやらムーブメントはスイスのGeorge von Burg社 (CLAROとも呼ぶらしい。企業合併の結果のようだが)社製のES95というタイプと同一ということである。下は、ES95 (Sonceboz (SEMAG) ES95)の写真であるが、刻印が異なる以外は、同じように見える。

    写真では、ムーブメントが逆さに置かれている。
    Sonceboz_ES_95-fit-350x358.jpg
    Source: Welcome to 17jewels.info, http://17jewels.info/movements-en/movements-s-en/movements-s-sonceboz-en/1142-sonceboz-es-95.html

    問題は、このムーブメントをスイスから輸入、それに刻印をしてこの時計に使っていたのかということであるが、どうやら、ES95という汎用ムーブメントは、香港でもライセンス生産されていたようで、北朝鮮は、距離的に近い香港(当時は英領)から仕入れていた可能性はある。もちろん、北朝鮮がGeorge von Burgから技術指導を受けるか、独自のリバースエンジニアリングで技術を獲得し、北朝鮮の工場でムーブメントをゼロから生産していた可能性もある。

    フォーラムを読んでいると、「1980年代の英文で書かれた北朝鮮の本の中にモランボン時計の工場の写真があった」という記述があるが、肝心の写真が削除されてしまったのか出ていない。恐らく、「1980年代の北朝鮮の本」というのは、『今日の朝鮮』(書名は曖昧。職場に保管してあるので、後日確認する)という、北朝鮮が配っていた宣伝書籍の英語版だと思う。私も70年代に「朝鮮中央放送」から贈呈されているので、もしかすると、その中に時計工場の写真が出ているのかもしれない。上記の通り、職場に保管してあるので、後日、確認してみる。

    北朝鮮の技術が詰め込まれた、北朝鮮の歴史と共に時を刻んできた腕時計は、とても魅力的だ。

    どこかの自動車会社のコピーのようだが、まさにTimeless Value。
    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「朝鮮中央TV」ワッチャー

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党中央委員会委員長(上の絵の人物)
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「副部長同志」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR