メラニアの健康問題で、李雪主との対面はなさそう、<追記>イバンカでもOK (2018年6月4日 「聯合ニュースTV」)

    4日、『聯合ニュースTV』によると、メラニアの健康状態が完全ではないので、シンガポールにトランプと共に行けなそうと。トランプは、「元帥様」とは「1度会うだけではない」とも言っているので、シンガポールでのメラニア-李雪主対面が流れても、まだ、可能性はあるだろう。トランプのショーマンシップが、多少体調が悪くても、メラニアを連れ出す可能性もあるが。

    <追記: 2018/06/04 2336>
    シャワー中に時々名案が浮かぶ。

    メラニアが駄目なら、イバンカでも行けそうだ。その時に、「元帥様」が「女史」を出すのか「第1副部長同志」を出すのか、若干難しい。イバンカは、一応、大統領補佐官、一方、「女史」はただの「女史」。「第1副部長同志」であれば、補佐役同士で話はできるが、そのような込み入った話をする場ではない。だとすると、やはり「元帥様」は「女史」を出し、トランプはメラニアが駄目ならイバンカを連れて行き、「女史」に「お母様の体調が一日も早く回復され、お目に掛かりたい」とでも言わせれば、2回目以降に向けたパーフェクトなセッティングとなる。

    実は、拙学で、12月に国際シンポジウムを検討しており、「朝鮮半島問題」となれば、韓国の北朝鮮専門家をお招きしようと思っている。その系で、『聯合ニュースTV』にしばしば登場して、解説をしておられる北韓大学院のヤン・ムジン教授に、取りあえずご都合を伺ったところ、残念ながら「今年は海外に行くことは控えている」というお返事を頂いた。海のものとも山のものとも分からない輩からのメールに対して、直ぐにお返事を下さるヤン教授のお人柄には感動した。

    で、なぜヤン教授の話を書いたのかというと、ヤン教授もときどき、「これから先」のことについて予想をされている。多くの場合、光栄にも私の予想と一致している部分があり、そんなことからもヤン教授をお招きしたいと思った次第である。

    さて、そのヤン教授、上のイバンカ説には賛同して下さるかどうか。

    ポムペオ、「CVID」ではなく「PVID」をと (2018年5月4日 『聯合ニュースTV』)

    3日、ポムペオが北朝鮮核問題について、これまで使っていた「CVID」ではなく、「PVID」という表現を使った。

    CVIDは、「Complete Verifiable Irreversible Dismantlement」、完全、検証可能、不可逆的、解体
    PVIDは、「Permanent Verifiable Irreversible Dismantlement」、永久、検証可能、不可逆的、解体

    韓国外交部は、「事実上、意味は変わらない」と言っているが、「完全」な状態を「永久」に続けると考えると、強化されたと考えた方が良いであろう。

    今回の非核化で、北朝鮮をNPTに復帰させ、NPTからの脱退を認めないという立場を強調するところに目的があるのかも知れない。

    <追記: 2018/05/04 1101>
    今、米国務省記者会見を読んだのだが、記者からPVIDとCVIDの違いについて問われた国務省報道官は、答えることが出来ず、「我々の立場はずっとCVIDだ」と言っていた。もしかすると、ポムペオが単に言い間違えただけの話なのかも知れない。

    『聯合ニュースTV』を聞きながらこの記事を書いているが、New York Tiemsが「トランプが、国務省に在韓米軍削減検討を指示した」と報じたと。

    <追記: 2018/05/04 1149>
    米国務省、NYT報道を否定。

    「反米対決戦の最後の勝利をもたらす多発的・連発的雷鳴」:2016年から2017年7月4日のICBM発射までの写真 (2017年7月16日 「朝鮮の今日」)

    2017年7月16日にこんなFlashが「朝鮮の今日」に掲載されていた。2016年から2017年7月4日の「火星-14型1次発射に至るまでのミサイル発射や地上実験の様子を紹介するものだが、分かってはいるものの、改めて繋げてみると、随分たくさん飛ばしていることと、地上実験が発射実験に繋がっていることがよく分かる。

    タイトルに日本語字幕付き。

    Source: 「朝鮮の今日」,2017/07/16

    北朝鮮 ミサイル発射 500キロ飛行と (2017年5月21日 「聯合ニュース」)

    21日、北朝鮮が平安南道プクチャン郡付近からミサイルを発射し、500キロ飛んだと『聯合ニュース』が報じた。

    『聯合ニュース』、「합참 "北 발사 탄도미사일 500여㎞ 비행"(속보)」、http://www.yonhapnews.co.kr/politics/2017/05/21/0505000000AKR20170521056100014.HTML?template=2085

    予想される飛行コースを描いてみた。北東に飛ばして、日本海の公海に落下させたのではないだろうか。日本海にはカールビンソンが展開しており、それにロナルド・レーガンが合流したとも報じられているので、それらを刺激せぬよう、前回と同じ方向に発射していると推測される。円の半径は500km。平壌により近い場所からの発射している。亀城市付近が前回の発射地点とされている。
    20170521 new dprk missile launch
    Source: Google Earth

    『時事通信』、「米空母レーガンが朝鮮半島周辺へ=異例の2隻態勢、合同演習か―北朝鮮けん制強化」、https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170519-00000067-jij-n_ame

    *************
    <追記>
    『聯合ニュース』を見たら、「東方向に」と書いてあったので、上の予想は外れた。だとすると、2隻の米空母が展開している場所はもっと南方なのだろうか。
    **********

    飛行高度が分かると、「火星-12」と同じミサイルかどうかが判断できる。飛行距離が短いので、同じであれば、より高い高度に達しているはずである。同じミサイルを続けて2回発射することで、技術的確実性・安定性を確認する目的か、飛行距離を縮めてさらに高い高度にまで打ち上げているのであれば、弾頭の再突入実験の可能性もある。38 Northに掲載されている、「火星-12」の総合評価記事によると、「火星-12」の発射の再突入速度は、シミュレーションによると5.4km/sで、最小エネルギー軌道の再突入速度5.2km/sとほとんど変わらないので、弾頭評価の目的ではなさそう」としている。今回の発射で、さらに高度を上げ、再突入時の速度を上げているのであれば、弾頭部の再突入耐性実験の可能性は高くなる。

    38 North, A Quick Technical Analysis of the Hwasong-12, http://38north.org/2017/05/hwasong051917/print/

    <追記2>
    最高高度は560kmと。

    <追記3>
    飛行距離も短いし、高度も低いことからすると、新型ミサイルの実験ではなかった可能性がある。すると、明るい時間帯に移動式発射台から発射することで、北朝鮮にミサイル発射兆候探知能力を試す目的があったのかもしれない。特に、韓国に配備されているTHAADがどれほど機能したのか、日本海に展開している米空母の探知能力がどれほどあったのか、そして、日本のスパイ衛星が北朝鮮の発射兆候を把握できていたのかなどを総合的に試そうとしたのかもしれない。

    もう一つは、「火星-12」で強い対応に出なかった米国の反応、さらには別記事にも書いたように中国が実施していると思われる輸入緩和措置にどのような影響を与えるのか、そのようなことまで試そうとしたのかもしれない。

    文ジェインに10日夜、トランプが電話、その時トランプはツイッターで国内政治のもめ事をツイート、日本首相の祝賀コメントは早かった (2017年5月11日 「聯合ニュース」)

    10日夜、文ジェインにトランプが電話をしたと『聯合ニュース』が伝えた。同ニュースが伝える主要な通話内容は以下。

    文:「韓米同盟は、韓国の外交・安保政策の根幹であり、これからもそうである」
    トランプ:「韓国と米国の同盟関係は、単純なよい関係ではなく『偉大な』同盟関係」

    文:「早い時期に特使代表団を派遣、トランプ大統領と直接会い意見交換できることを望む」
    トランプ:「(文大統領の)早期に訪米で首脳会談を希望。高級諮問団が訪韓し、訪米協議」

    『聯合ニュース』、「한미 정상, 조기 정상회담 추진…트럼프 "文대통령 공식초청"(종합)」、http://www.yonhapnews.co.kr/politics/2017/05/11/0501000000AKR20170511000851001.HTML?template=2085

    北朝鮮メディアは、現時点で一切、韓国新大統領について報じていない。トランプと文ジェインの公開された通話内容には、北朝鮮を刺激するようなことは含まれていないので、「米国のボスに制裁・圧迫を直ぐに懇願」というような非難報道は出てこないと思うが、どうだろうか。

    一方、日本時間の昨夜、トランプは多くのツイートをしているが、国内政治のもめ事についてだけ。

    フランスでマクロンが大統領に当選したときには、当選が報じられた(BBC)約5時間後にトランプは、マクロン当選を祝賀するメッセージをツイートしている。

    FOX NEWS, Emmanuel Macron: Trump tweets congratulations to French president-elect, http://www.foxnews.com/politics/2017/05/07/emmanuel-macron-trump-tweets-congratulations-to-french-president-elect.html

    安保理常任理事国のフランスと韓国の国としての重要性の違いなのか、文ジェインが気に入らないのか、この辺りは分からない。フランス選挙にしても、トランプは対立候補のルペンを称賛していただが。

    『日本経済新聞』、「トランプ氏、仏大統領選ルペン候補を称賛」、http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM22H09_S7A420C1NNE000/

    昨日の記事に習近平の祝電について書いたが、日本首相安倍は、文ジェインが当選した当日(9日)に祝賀コメントを出している。習近平よりもずっと早かったわけだが、隣国の首相としてはよいことをしたと思う。

    日本外務省、 韓国の大統領選挙に関する安倍総理大臣コメント、http://www.mofa.go.jp/mofaj/a_o/na/kr/page3_002092.html
    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「朝鮮中央TV」ワッチャー

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」
    「女史」=李雪主夫人

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR