北朝鮮、元山一体から地対艦らしきミサイル発射、200km飛行、「元帥様」は減煙で「精力的」 (2017年6月8日 「聯合ニュース」)

    8日、北朝鮮が元山付近から地対艦ミサイルらしきものを東方に向けて発射と『聯合ニュース』が報道。

    『聯合ニュース』、「北, 원산서 지대함미사일 추정 수발 동해로 발사(3보)」、http://www.yonhapnews.co.kr/politics/2017/06/08/0505000000AKR20170608024552014.HTML?template=2085

    地対艦弾道ミサイルか。米空母が訓練を終えて日本海を離れた(る)という報道があるので、微妙なタイミング。

    『JIJI.com』、「米2空母、日本海離れる=北朝鮮けん制、海自と訓練」、https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170606-00000064-jij-n_ame

    飛行距離は、200kmと韓国合同参謀本部発表。

    20170608 gensan missile to ship
    Source: Google Earth

    明日には、「元帥様」指導の下、「米侵略軍の航空母艦を狙った新型超精密誘導地上対艦船弾道ミサイル試験発射成功」と報道され、動画が流れるであろう。弾頭部にカメラを装着し、海上に設置した「米帝侵略軍の航空母艦」モックに命中すれば、「元帥様」は「大満足」となる。

    それにしても「元帥様」、「朝鮮少年団第8回大会」で演説をし、子供たちに囲まれたり、ミサイル発射の「現地指導」をしたりとご多忙のご様子。「禁煙絆創膏」による「減煙効果」でますます「精力的」になられたのか。

    減煙効果+ミサイル連続成功+少年団の可愛い子供らで、微笑みが絶えない「元帥様」。下の写真は、「朝鮮少年団第8回大会」にて。
    2017-06-07-01-01.jpg
    Source: 『労働新聞』、「소년단원들은 사회주의조국의 참된 아들딸, 소년혁명가가 되자 경애하는 김정은원수님께서 조선소년단 제8차대회에서 하신 연설」、http://www.rodong.rep.kp/ko/index.php?strPageID=SF01_02_02&newsID=2017-06-07-0001_photo

    <追記>
    巡航ミサイルであったようで、直接的には安保理決議違反とはならない。

    北朝鮮、元山周辺から東方にミサイル発射、450km飛行、<追記4>「元帥様」一人勝ちのシナリオ、<追記5> 北朝鮮のTHAAD関連主張 (2017年5月29日 「聯合ニュース」)

    「29日5時39分、北朝鮮が東方に向けて元山付近からミサイルを発射し、450km飛行した」と『聯合ニュース』が報じた。

    『聯合ニュース』、「北, 또 탄도미사일 발사…文대통령, NSC 소집 지시(종합)」、http://www.yonhapnews.co.kr/politics/2017/05/29/0505000000AKR20170529008553014.HTML?template=2085

    20170529 dprk mis to450km
    Source: Google Earth

    カルマ飛行場隣接の海岸からの発射だと思われる。高度は不明なので、機種は分からないが、スカッドか。早朝に発射しているので、液体燃料を使った機種の可能性が高い。

    米国が空母を展開する方向に向けての発射であり、加えて、日米がG7で北朝鮮に対する圧迫で合意したことに対する抗議の意味を込めて、日本方向への発射か。着弾点が、EEZ内かどうかは現時点で不明。

    <追記>
    「米太平洋司令部、短距離ミサイルは6分飛行した」と『聯合ニュース』。

    『聯合ニュース』、「美태평양사령부 "北발사체,단거리미사일..6분 비행후 동해 낙하"(속보)」、http://www.yonhapnews.co.kr/politics/2017/05/29/0503000000AKR20170529021300071.HTML?template=2085

    <追記2>
    着弾点は、「日本のEEZ内と見られる」と日本官房長官管。

    『毎日新聞』、「<北朝鮮>菅官房長官 ミサイルのEEZへの落下を発表」、https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170529-00000009-mai-kr

    <追記3>
    飛行距離と飛行時間からすると、Scud-Cと思われる。高度は150kmくらいか。
    20170529 scud c trajectory
    Source: www.parliament.uk, Further Memorandum from the Ministry of Defence (February 2002) , https://www.publications.parliament.uk/pa/cm200102/cmselect/cmdfence/644/2022703.htm

    <追記4>
    もう一つは、韓国に配備されたTHAADの実際の性能を確認するためのテストかもしれない。北朝鮮自体はTHAADを衛星などから監視する能力はないはずだが、中露であれば、十分に監視できる。中露と共同での発射というシナリオもあり得る。今回の発射を受けて、安保理は緊急会合を開くであろうが、結局、報道声明か議長声明を出すだけで終わることになるはず。中露は、形式的に「明確な安保理決議違反であり、ミサイル発射には反対」と「言うだけ」という毎度の結果の繰り返し。

    前回の「北極星-2」は、昼間、固形燃料型のミサイルを発射するという別のパターン。これも、THAADの性能確認には役立つ。

    そして、過去記事でも指摘しているように、中露へと向かう北朝鮮貨物船やタンカーの数は、一時期よりも明らかに増えている。見方によっては、THAAD能力確証実験に協力している北朝鮮への見返りともいえる。

    文ジェイン政権がそれに気付けば、「THAADなど配備するから、北朝鮮が挑発を繰り返し、韓国の脅威となっている」と言いだし、THAAD撤去を求める可能性も。

    中露は、それまでに色々なタイプのミサイルを北朝鮮に発射させて、充分なデータを集めておく。

    北朝鮮は、ミサイル発射は「元帥様」大活躍の宣伝材料に使え、中露から見返りまで得られることになれば、一人勝ちとなるわけだが。

    <追記5>
    uriminzokkiriに29日、掲載された動画で<追記4>と関連したことを北朝鮮が韓国メディアを引用しながら主張している。

    過去記事で紹介した新人「放送員」。日本語字幕付き。

    Source: uriminzokkiri, 2017/05/29

    一帯一路フォーラムに集まる、米国、日本、韓国、そして北朝鮮の政府代表、フォーラム外の接触もあるのか? (2017年5月12日 「中国外交部」)

    12日、中国外交部定例記者会見で、一帯一路フォーラム2017に韓国代表も参加することが明らかにされた。韓国から参加するのは韓国国会元副議長の朴ビョンソク(共に民主党)が率いる代表団だという。

    米国からは、大統領特別補佐官兼国家安全保障会議アジア局長のマット・ポッティンガー、そして日本からは自民党幹事長の二階俊博が参加するとしている。

    記者からは、「代表団の名簿はウェブ上で公開されているのか」という質問が出され、報道官は一帯一路フォーラムのメディアセンターが12日から稼働しているので、そちらに問い合わせて欲しいと答えている。

    北朝鮮も代表団を派遣すると既に中国外交部報道官は答えているので、北朝鮮が本当に代表団を派遣するのであれば、参加者の名前もいずれ分かってくると思う。

    「協力」というテーマで開催される一帯一路フォーラムを中国が主催し、そこに北朝鮮、そして米日韓が参加するというのは、意味深いことだと思う。米国に追随しただけなのかも知れないが、安倍政権が二階幹事長を派遣すると判断したのは、正しい選択だと思う。変化球ではあるが、北朝鮮問題解決に繋がっていけばよいのだが。

    Foreign Ministry of the PRC, Foreign Ministry Spokesperson Geng Shuang's Regular Press Conference on May 12, 2017, http://www.fmprc.gov.cn/mfa_eng/xwfw_665399/s2510_665401/t1461111.shtml

    「ローマ法王、北朝鮮との交渉を呼び掛け ノルウェーの仲介に言及」:ノルウェーは的外れではない (2017年4月30日 「AFP=時事」)

    30日、『AFP=時事』が、「ローマ法王、北朝鮮との交渉を呼び掛け ノルウェーの仲介に言及」という記事を配信した。

    『AFP=時事』、「ローマ法王、北朝鮮との交渉を呼び掛け ノルウェーの仲介に言及」、https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170430-00000010-jij_afp-int

    エジプト訪問を終えた帰りの機内でとのことだが、ローマ法王が北朝鮮問題を「外交的交渉で」と呼びかけたことには意義がある。しかも、「ノルウェーの仲介」とピンポイントでノルウェーを仲介国として例に挙げているが、これもノルウェーと北朝鮮が1973年に外交関係を締結してから、比較的良好な関係にあるということを認識した上での発言である。

    拙ブログでも「北朝鮮のアコーディオン・クインテットがノルウェーのアートフェスティバルでA-ha!の"Take on Me"を演奏した」という内容の記事を2012年2月に書いている。

    http://dprknow.blog.fc2.com/blog-entry-54.html?

    北朝鮮のアコーディオン・クインテットによる"Take on Me"。

    Source: You Tube, https://www.youtube.com/watch?v=rBgMeunuviE

    I Tuneでこの曲が買えるらしいが、I Tuneなど使ったことがない上、ノルウェー語なので、購入の仕方がよく分からない。

    「朝鮮民主主義人民共和国外務省スポークスマン回答」:オーストラリアも核のスコープ内 (2017年4月22日 「労働新聞」)

    21日、『労働新聞』に掲載された、オーストラリアを非難する北朝鮮外務省の「回答」。オーストラリアまで北朝鮮のミサイルは到達すると。

    **************************

    朝鮮民主主義人民共和国外務省スポークスマン回答
    조선민주주의인민공화국 외무성 대변인대답

    朝鮮民主主義人民共和国外務省スポークスマンは、オーストラリア外務相が我々を悪辣に避難していることと関連し、21日、朝鮮中央通信社記者が提起した質問に次のように答えた。
    조선민주주의인민공화국 외무성 대변인은 오스트랄리아외무상이 우리를 악랄하게 걸고든것과 관련하여 21일 조선중앙통신사 기자가 제기한 질문에 다음과 같이 대답하였다.

    少し前、オーストラリア外務相がある番組で朝鮮が地域と世界平和を大きく威嚇しているだの、全ての選択案がテーブルの上にあるという米政権の対朝鮮政策を支持するだのと言いながら、我々の正々堂々たる自衛的措置を云々する妄言を吐いた。
    얼마전 오스트랄리아외무상이 어느 한 방송프로에 나서서 조선이 지역과 세계평화를 크게 위협하고있다느니, 모든 선택안이 탁상우에 있다는 미행정부의 대조선정책을 지지한다느니 뭐니 하며 우리의 정정당당한 자위적조치들을 걸고드는 망발을 늘어놓았다.

    オーストライラ外務相の妄言は、朝鮮半島に造成されている危険千万な事態の根源である米国の極端な対朝鮮敵対視政策と核威嚇恐喝を庇護し、米国を無分別な軍事的冒険へと扇ぎ立てる反平和的行為であり、絶対に許すことができない。
    오스트랄리아외무상의 망발은 조선반도에 조성되고있는 위험천만한 사태의 근원인 미국의 극단적인 대조선적대시정책과 핵위협공갈을 비호두둔하고 미국을 무분별한 군사적모험에로 부추기는 반평화적행위로서 절대로 용납될수 없다.

    ワシントンに雲がかかれば、キャンベラでは傘が必要だと言うほどに、米国の政策に盲目的に積極追従するのが、オーストラリアの現政権である。
    워싱톤에 구름이 끼면 캔베라에서는 우산을 쓰고다닌다고 할 정도로 미국의 정책에 맹목적으로 적극 추종하는것이 오스트랄리아의 현 정부이다.

    こうした政府の外務相の口から正しい言葉が出るはずもないが、それでも一国の外務相であれば、事態の本質に対する初歩的な常識ぐらいは持って口を開くべきである。
    이러한 정부의 외무상의 입에서 옳은 소리가 나올리 만무하지만 그래도 한 나라의 외무상이라면 사태의 본질에 대한 초보적인 상식이라도 가지고 입을 놀려야 할것이다.

    朝鮮半島情勢が緊張激化の悪循環に陥り、一足触発の危機状態直面しているのは、全的に米国の度重なる核威嚇と時代錯誤的な対朝鮮敵対視政策のせいである。
    조선반도정세가 긴장격화의 악순환에 빠져 일촉즉발의 위기상태로 치닫고있는것은 전적으로 미국의 가증되는 핵위협과 시대착오적인 대조선적대시정책때문이다.

    オーストラリアが今まで米国の反共和国孤立圧殺策動に追従し続けながら、米国親分の突撃隊として立ち上がれば、我々の戦略軍の核照準鏡内に自ら頭を突っ込むという自滅行為となるだけだ。
    오스트랄리아가 지금처럼 미국의 반공화국고립압살책동에 계속 추종하면서 미국상전의 돌격대로 나선다면 우리 전략군의 핵조준경안에 스스로 머리를 들이미는 자멸행위로 될뿐이다.

    オーストラリア外務相は、やたらと米国にゴマをする前に、自身が言う言葉がどのような結果をもたらすことになるのかを慎重に考えた方が良い。
    오스트랄리아외무상은 무턱대고 미국에 아부부터 하기 전에 자기가 하는 말이 어떤 후과를 가져오게 될것이라는것을 심중히 따져보는것이 좋을것이다.

    『労働新聞』、「조선민주주의인민공화국 외무성 대변인대답」、http://www.rodong.rep.kp/ko/index.php?strPageID=SF01_02_01&newsID=2017-04-22-0030
    **************


    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「朝鮮中央TV」ワッチャー

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「副部長同志」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR