"VVV CP CP DE HMA" モールスの乱数、久しぶりに聞いたドリフト音、おもしろいサイト (2016年10月12日)

    中国の休日があり随分時間がかかったが、SDR-dongleの代替品が今日やっと来た。その間に、同軸切り替え機なども仕入れておいたので、それに繋いで、セットしてみた。まあ、2回目に受け取ったものと同じような動作をしている感じである。一応、アンテナのアース対策をしたので、これでRFアンプ用のチップがやられなければよいのだが。使わないときは、コネクターを外しておくのがベストだと開発者。手が届く範囲に切り替え機を取り付けたので、寝るときに同軸を外しておく方がよいのだろうが、少し面倒ではある。

    イスラエルからアンテナのスプラッターも入手したのだが、これを入れると減衰がある。測定器がないので正確なデータはとれないが、Sメーターの読みで2つぐらい落ちる。ノイズベッドも同時に落ちるので、結果としてあまり変わっていないのかもしれないが、スプラッターを使わずにT型コネクタを組み合わせて単純な分配をしてみたところ、メーター上の読みは落ちなかった。しかし、一部の周波数帯域では、干渉をするようでビートが発生する。また、TS-440はトランシーバーなので、誤って送信ボタンを押すと、SDRはもちろん、アンテナも、さらには下手をするとPCも壊れかねないので注意しなければならない。送信ボタンの配線を外してしまおうと思っているが、まだこの改造はやっていない。

    T型コネクタで分配したので、TS-440とSDR-Dongleで同時受信が可能になった。同じ局を受信すると、SDR-dongleの音声はsamplingに要する時間分だけ遅れて聞こえ、エコーがかかったような感じになる。Sメーターの読みでも、聞こえ方でも両者大きな差はないが、SDR-dongleは苦手な周波数帯があるようで、特に20MHzを越える辺りからは、強力な局のオバケがたくさん聞こえる。バンドパス・フィルターでも入れれば解決するのだろうが、TS-440とダブル体制なので、あまり気にしないことにした。

    何となく、3メガ付近を聞いていたら、電信が聞こえた。アマチュア無線の電信以外に、これまでも韓国、上海などの海岸局はしばしば受信していた。韓国の海岸局は、交信をするでもなく存在感を主張するように電波を出している感じがあるが、上海の海岸局は気象情報を送信していた。キーイングからは、エレキ-ではなく縦振り電鍵かバグキーのように聞こえたが、しばらく感動しながら聞いていた。

    しかし今日受信したのは、どうやら海岸局ではないようで、3.2MHz付近に複数の局が集まって、交信をしていた。いろいろなコールサインがあったが、Jで始まる局も複数あり、日本の業務局なのかと思った。いくつかあったコールサインをネットでサーチしながら聞いていたが、JJT88というコールサインでヒットがあった。ヒットした資料によると、集まって交信をしていたのは、中国軍だったようだ。乱数を送信をするわけでもなく、各局が定時連絡をしているような雰囲気だった。交信の終え方もアマチュア無線同様「VA(SK)」で終わるなど、軍事機密がプンプンという感じではなかった。

    JJT88グループの交信終了後、3メガ付近を聞いていたら、酷いドラフト(キーイングの度に周波数動く)電信が聞こえた。かつて、ソ連のアマチュア局によくあった「あの」電信であるが、その音でこちらは、乱数らしき数字の羅列を凄い速度で送信していた。数字の送信が終わると速度を落として、「VVV CP CP DE HMA」と送信していた。上のJJT88もそうであるように、軍事通信等では、コールサインの国際割当とは無関係に勝手にコールサインを作っているようなので何とも言えないが、HMは北朝鮮に割り当てられているコールサインなので、気になってしまう。

    モールスコードの解読字幕付き。(そして、最後はドラマチックな展開が・・・)

    Source: 2016/10/12, 1910JST頃、3.154MHz

    JJT88の謎が解けたサイトには、色々な軍事通信などの録音ファイルが置かれている。聞いているだけでワクワクしてくる。かつて、「変な音だな」と思って聞いていた信号にも解説が付けられているのでおもしろい。北朝鮮の通信もいくつか収録されており、ARQによる外交通信もある(ARQの音がやたらと懐かしい)。いずれも、解読はされていないはずだから、「恐らく」ということなのだと思う。また、うるさいWoodpeckerが収録されているファイルもあり、うるさかったWoodpeckerも今聞けば、懐かしい音である。

    Numbers & Oddities, http://www.numbersoddities.nl/index.html

    <追記>
    2.850MHzの「朝鮮中央放送」を聞いているが、20KHzのワイドフィルターを使って受信すると音が素晴らしい。この周波数帯は、混信がないので、このフィルターで充分。何というか、ドラムやベースの低音がすごくのびる。アンテナが悪いので、若干の雑音とフェージングがあるが、もっとよいアンテナで受信すれば、凄くよい音で楽しむことができるのだと思う。先ほど、「モランボン楽団」の楽曲メドレーを流しており、羅ユミの『告白』もその中にあったが、ぶっ飛びそうな素晴らしい音で彼女の声が聞けた。理由は分からないが、YouTubeなどにアップロードされている動画よりも音の広がりがあるような気がする。

    SDR-dongle V.3+SDRuno と TS-440トランシーバの比較 (2016年9月24日)

    <追記>
    SDR-dongle V.3が故障した。状況は、到着直後から動作しなかった1つめと同じく、短波帯以下の受信が事実上不可能になるという症状。発売元に問い合わせたところ、「千個以上売っているが、そういう症状はない」とのこと。原因は、拙宅のアンテナ設置環境に伴う「静電気」ではないかと言っている。商売気がない、どちらかというと趣味で開発しているような人なので、3つ目を送ってやると言っているが、とにかく、その前に原因を究明して欲しいと、送料こちら持ち(とはいえ、USBメモリほどの重さなので、大した料金ではない)で壊れた2個を送り返して調べてもらうことにした。トランシーバーは壊れていないので、もしかするとSDR-dongleに使われているチップが静電気に弱いのか、保護回路が充分に機能していないのかもしれない。安価で高性能なSDRなので、是非とも問題を解消してもらいたい。


    SDR-dongle V.3とアマチュア無線用トランシーバTS-440と比較してみた。結果は、「あまり変わらない」である。北朝鮮や韓国の電波は強いので当然同じように聞こえるが、少し弱めのクウェートから送信されている Radio Free Afghanistanを聞いても、SDR-dongleの方が若干弱めであるが、聞こえ方という意味ではあまり変わらない。

    ソフトウェアは、SDRunoというフリーウェア(若干の制限付き)を使っているが、このソフトウェアがとてもよくできており、フィルターで帯域を適切に切り替えると、音がとてもよくなる。驚いたのは、「人民の声放送」が、トランシーバよりもクリアに聞こえたことだ。北朝鮮によるジャミングも、ノイズブランカである程度抑制できることが分かった。ノイズブランカは混信除去機能ではないのだが、北朝鮮のジャミング音にノイズのような成分が含まれているので、それを抑制しているのだと思う。

    このソフトウェアの録音機能(写真中央のRecorder)が、また使える。通常の録音では、受信中の放送局の音声しか録音することができないが、この録音機能を使うと一定の帯域内(約650KHz)内にある信号を全て録音している。SDR-dongleとの組み合わせでは、この帯域を拡大できないのが少し残念である(ソフトウェアが意図的に制限を加えているため)。ただし、この録音はSDRunoのレコーダーを使わないと再生できない問題がある。しかし、Windows10のボイスレコーダー(やその他のwav録音ソフト)を使うと、普通のwav音声ファイルを同時録音することができる。写真は、両方を同時録音しているところ。残念なのは、タイマー録音機能がないことであるが、wav録音だけであれば、タイマー録音機能がある録音ソフトもあるので、それで録音できるはずである。

    SDRunoでの受信音をWin10でどのようにすればKG-FAXにリダイレクトできるのかも分かったので(上のボイスレコーダーで音声録音をするのと同じ方法)、まだ試してはいないが、気象ファックスなども見られるはずである。

    TS-440には、IF出力を45MHz帯に変換して取り出し、SDRでバンドスコープとして使えるようにもしたのだが、これは、あまり使えなかった。アマチュア無線用として、あるバンドの帯域内をモニターするにはよいのだろうが、ラジオ受信では表示される周波数も実際とは異なるので(実際の周波数+45MHz)、分かりにくい。

    ということで、TS-440は再び押し入れ行きになりそうだ。そのスペースには、ちょうどアンテナチューナーが置けそうなので、これを確かめてみようと思っている。アマチュア無線用なので、ラジオの周波数帯での効用は試してみないと分からないが、追ってレポートすることにする。駄目でも、アンテナ切り替えができるので、V/UHF用のディスコーンとの切り替えには便利だと思う。

    メーカーの回し者ではないが、20ドルのSDR-dongle V.3はとても使える。

    今、中国国際放送の日本語放送が終わり、再び「朝鮮中央放送」が聞こえてきた。「モランボン楽団」の歌もトランシーバーより音がよい。

    sdr22.jpg

    安物SDR(Software Defined Radio)の性能が凄い: アジア近隣国の放送受信なら充分 (2016年9月16日)

    16日、SDRが届いた。実は、2週間ほど前に1度届いたのだが、不良品だった。クレームを言ったところ、直ぐに代替品を送ってくれた。

    このSDRであるが、予想以上の性能に驚いている。アンテナ切り替え機がないので、トランシーバーとの受信感度比較はしていないが、アジア近隣国の比較的強力な信号を受信するだけならば、これで充分な気がする。

    しかも、価格は、中国発の書留便の送料込みで19.95ドル。コストパフォーマンスは大変高い。不幸にも、発売直後に買った私のユニット(V3という中波・短波受信が可能になったユニット)は不良品であったが、アメリカ人(恐らく)が責任を持って対応してくれる。設計や販売は米国で行い、製造と発送はコストが安い中国を使っているようだ。

    RTLSDR_Front-500x172.jpg


    アンテナがセットになったものもあるが、どれほどの性能のアンテナなのかは分からない。アンテナに関しては、300WA-2のような、少し長めのものをお勧めする。このアンテナも大変コスパのよいアンテナだと思っている。なお、このアンテナをこのSDRに接続するためには、SMAとBNCの変換コネクタが必要になるが、アマゾンで1000円ほどで購入できる。


    rtl-sdr.com
    http://www.rtl-sdr.com/new-rtl-sdr-blog-units-now-available-in-store-hf-via-direct-sampling-software-switchable-bias-tee-less-noisespurs/

    アペックスラジオ
    http://www.apexradio.co.jp/303WA-2_j.html

    SDRを使うためにはソフトウェアが必要であるが、無料で何種類かダウンロードすることができる。私が使っているのは、SDR#(Win10 64bitという環境であるが、問題ない。Win7 32/64bit 以上でであれば、動作するようなことが書いてある)。下は、同ソフトを使って11.680MHzの「朝鮮中央放送」を受信しているところであるが、音質的にはトランシーバーよりよい。トランシーバーは、通信用のセラミックフィルターを使っていることや、内装の小型スピーカーを使っているので、音質的にはあまりよくない。今も、「モランボン楽団」の歌を流しているが、若干フェージングがある(電波伝搬の関係で、信号が強くなったり弱くなったりする)が、よい感じで聞こえている。

    11680.jpg

    このSDRを紹介している日本語ページは以下。

    http://blog.livedoor.jp/bh5ea20tb/

    「朝鮮の声」:「モランボン楽団」の『学ぼう』、「人民の声放送」で古い歌 (2016年9月15日 「朝鮮の声放送」 「人民の声放送」)

    15日、といってもほんの数分前、短波ラジオのスイッチを入れたら「朝鮮の声放送」の日本語放送をやっていた。「お便りの時間」で、日本のリスナーからの手紙を読み上げていた。日本のリスナー氏、高校生のようで「日本はお金がないと大学に行けないから、自分は諦めた。共和国の学費はいくらですか」と質問していた。アナウンサーは、「12年制義務教育」と「大学は無料、加えて奨学金ももらえる」と答え、リスナー氏に「頑張って下さい」とエールを送っていた。

    そして、今流れていたのが「モランボン楽団」の『学ぼう』。そして、リスナー氏の未来を祝して『走って行こう、未来へ』を今流している。

    「お便りの時間」はおもしろい。

    「朝鮮の声放送」の日本語放送が終わったので、メモリーチャンネルを「人民の声放送」に切り替えたら、何だか古い韓国の歌をやっていた。タイトルは分からないが、80年代にソウルでよく聞いた歌。リバイバルなのかもしれないが、懐かしい曲だ。

    『お目に掛かりたかったです (뵙고 싶었습니다)』替え歌:「人民の声放送」、核実験報道今のところ無し(1119JST) (2016年9月9日 「人民の声放送」)

    9日午前、北朝鮮が核実験を実施したという韓国発の情報が流れているので、「朝鮮中央TV」と「朝鮮中央放送」を並行して聞いているが、両方とも「共和国創建68周年慶祝中央報告大会」の録画・録音実況を流しているだけで、核実験に関する言及はない。

    昨夜は、放送パターンから予想された「平壌放送」の「暗号放送」を受信しようとしたが、昨夜の放送はなかった。中止になったのか、特別な日なので放送しなかったのかは不明。

    その代わり、平壌時間で日付が変わるところで、「人民の声放送」が流した『お目に掛かりたかったです』の替え歌をまあまあの明瞭度で録音することができた。

    この歌では、「元帥様」はを「デブ豚」呼ばわされている。犬にされたり豚にされたり、「元帥様」も大変だ。

    日本語字幕付き。

    Source: 「人民の声放送」, 0028JST, 2016/09/09, 6.518MHz

    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「朝鮮中央TV」ワッチャー

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「副部長同志」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR