「自力自強の威力で打ち上がる主体の宇宙強国」:引用の形で「光明星-4」の諸元を紹介 (2018年2月7日 「労働新聞」)

    7日は、「光明星-4」が打ち上げられて、2年目となり、2018年は「光明星-1」が打ち上げられてから20年になる。同日の『労働新聞』には、北朝鮮のロケット開発を振り返る記事が掲載されており、その中に、これまで明らかにされていなかった、「光明星-4」に関する新しい情報が、西側情報を引用する形で記されている。以下、関連部分。

    ***************
    衛星発射は、革命の道、自主の道

    主体105(2016)年、地球観測衛星「光明星-4」号発射を前にした政界衛星発射場を訪問された敬愛する元帥様は、みずから発射台まで行かれ、発射準備状況を了解されながら言われた。

    衛星発射は、我が党と軍隊と人民の確固たる意志であり、主権国家の自主的で合法的な権利である。我々は、誰が何と言おうと、我々の決心と意志の通りに衛星発射をしなければならない!

    衛星発射は、科学の道である前に革命の道、自主の道であると言われながら、米帝と追従勢力共のいかなる悪辣な制裁と圧殺策動も断固として粉砕し、様々な実用衛星を続けて発射し、宇宙強国の地位を確固たるものにして行くという、敬愛する元帥様の不滅の信念と鉄石の石が衛星発射場のあちこちに刻まれた。

    宇宙強国の姿を規定する主要な指標の一つである発射台が、我々の智慧、我々の力で政界衛星発射場に立派に建設されたことも敬愛する元帥様の不滅の領導と切り離しては考えられない。

    発射台建設で重要なことは、運搬ロケットの垂直化を実現することである。

    「光明星-4」号を積んで宇宙万里へ飛び立つ運搬ロケットの最後の3段垂直化作業を自ら現地で指導して下さった敬愛する元帥様の火のような献身の足跡は、海風が強い衛星発射場に深く刻み込まれた。

    ついに2月7日の9時ちょうどに地球観測衛星「光明星-4」号を載せた運搬ロケット「光明星」号が発射された。9分46秒後の9時9分46秒に運搬ロケットは、地球観測衛星「光明星-4」号を太陽同期軌道に正確に進入させた。「光明星-4」号の軌道傾斜角は、「光明星-3」号2号機と同じであった。

    主体朝鮮の地球観測衛星「光明星-4」号発射成功のニュースは、世界を再び震撼させた。敵共までもが、世界が我々のロケット技術の安全性について認めるようになったことについて、大騒ぎした。

    まず、発射台が2012年の50mから67mへと高められ、実際のロケットの飛行時間も2012年の9分27秒から9分46秒へと増えた。2段胴体の長さが長くなり、3段胴体は「光明星-3」号2号機よりも遠くまで飛行し、落下したという。

    また、ロケットの1段胴体と2段胴体は、発射後、それぞれ6分、14分後に落下することで、分離時間が4年前よりもそれぞれ3分と6分も短縮され、推進力が遙かに高まっており、姿勢維持操縦装置も設置され、操縦技術もさらに精巧になったことからして、北は、ロケット発射に必要な技術を全て確保したものと思われると自ら認めざるを得なかった。


    社会主義朝鮮は、こうして宇宙強国の戦列に堂々と並び立った。

    そうだ、国がなかった歳月、植民地奴隷生活を強要されなければならなかった我が国が、今日、敬愛する最高領導者金正恩同志を高く頂き、主体の宇宙強国として全世界に光を放っている。

    宇宙強国の尊厳と威容を力強く轟かせながら、自力自強の威力で社会主義強国建設の最後の勝利を達成するための我々の革命の道は、これからも力強く続き、その道で世の中を驚かせる主体朝鮮の英雄神話は限りなく創造されるであろう。

    20180207 rodong5 rocket
    Source: 『労働新聞』紙面pdf版5面、2018/02/07
    ********************

    長い記事なので前半部分はきちんと読んでいないが、当面は「実用衛星を次々と打ち上げる」計画はないようだ。

    HD化後のテストパターンから番組紹介まで (2017年12月16日 「朝鮮中央TV」)

    16日の「朝鮮中央TV」のテストパターンから番組紹介まで。

    日本語字幕付き。

    Source: KCTV, 2017/12/16

    「人民の期待、時代の指向を抱いて-大同江TV受信機工場-:万里馬ブランドのデジタル液晶テレビを生産する「大同江テレビ工場」を紹介、昔のテレビも (2017年10月18日 「朝鮮中央TV」)

    10月18日、「朝鮮中央TV」で放送されたドキュメンタリー番組。「大同江テレビ工場」で製造される新型の万里馬ブランドの液晶デジタルテレビを紹介している。アナログ-デジタル変換器については過去記事でも紹介したが、こちらはテレビ。「朝鮮の今日」にもこのテレビに関する記事や動画があるが、この番組が基本となっている。

    「受信感度が遙かに高いデジタル用アンテナ」という製品も紹介されているが、同じ周波数帯を使った放送なら、デジタルもアナログもアンテナは関係ないはずだ。日本のように放送周波数帯をUHFに移行したのなら、UHF用のアンテナを使わなければ受信できないはずである。デジタル放送だときれいに見えるので、「感度が向上」と勘違いしているのか、北朝鮮でも周波数を移行しているのかは分からない。日本でもアナログからデジタルへの移行に数年要したので、北朝鮮であればその数倍の期間を要するはずである。となると、アナログとデジタルを並行放送する必要があり、ここでいう「デジタル用アンテナ」というのは、放送バンドが異なるアンテナのことなのかも知れない。アナログ-デジタル変換器の生産工程で、箱詰めをしている作業員がアンテナケーブルのようなものを手にしているので、周波数変換とアナログ-デジタル変換両方を行う機能を持った装置なのかも知れない。

    日本語字幕付き。HD版。

    Source: KCTV, 2017/10/18

    ネタばらしマジック番組 (2017年10月29日 「朝鮮中央TV」)

    放送中、おもしろい。

    「C1化学工業と人民生活」:中国からの原油供給がなくても大丈夫、石炭から航空燃料も (2017年9月15日 「朝鮮中央TV」)

    9月15日、「朝鮮中央TV」で再放送された「科学映画」。初回放送は2017年8月17日のこの「科学映画」では、北朝鮮に豊富な石炭から燃料や化学製品を作り出す方法を紹介している。既に、米国が中国に北朝鮮に対する石油供給中断要求を出していた時期にこの「科学映画」は放送された。

    しかし、C1化学については、「元帥様」が2017年の「新年の辞」の中でも触れていたので、ここに来て突然登場したわけではない。

    実は、石炭から石油を精製する技術については、9月に中国で開催された会議などでも話題になった。報告者は、この技術が既に第2次大戦中に日本により確立されており、それが北朝鮮に残留したのではないかとしていた。

    化学の話なので私には難しすぎるが、ネットに出ている資料を斜め読みしている限りでは、どうやら技術的には可能であっても、日本の現状では採算が合わない技術のようだ。しかし、石炭はあるが、石油供給を中国に止められるとどうにもならない北朝鮮にとっては非常に有効な技術であり、「元帥様の賢明な領導の下」開発が進められる理由は充分にある。

    雨合羽から航空燃料まで作れるというC1化学工業、この動画を見ると何となくイメージが掴める。日本語字幕付き。HD版。

    Source: KCTV, 2017/09/15
    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「朝鮮中央TV」ワッチャー

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)、2018年2月11日から「第1副部長同志」とも
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR