カブトムシ (2017年8月16日)

    中国のタクシー運転手以上に、北朝鮮とは無関係の話。

    7月末ぐらいだっただろうか。マンションの通路に雄のカブト虫がひっくり返ってもがいていた。そのままつかんで放り投げればブーンと飛んでいったのであろうが、余命幾ばくもない哀れな奴(北朝鮮に言わせれば米国)だと思い、部屋に持ち帰った。

    実は、かつて鯉のぼり祭りでカブトムシの幼虫を数匹買い、飼っていたら一時期は数十匹に増えてしまい、衣装ケース2つに分けて飼っていた。エサは100均の黒糖ゼリーをカブトムシ共が好んだのでよかったのだが、腐葉土はそれなりにお金がかかった。

    繁殖を繰り返すこと数年、惰性で飼い続けていたのだが、ある年の冬、幼虫が腐葉土の中で全滅した。理由は不明ながら、ネットで調べてみると、あれこれと原因は書かれている。これまで通りの管理をしていての突然死だったので、やむを得ずとカブトムシの飼育に一度ピリオドを打った。

    ということで、ダイソー謹製黒糖ゼリーがまだ1パック残っていたので(賞味期限不詳)、そこらに転がっていた虫かごに止まり木と一緒に入れてやった。連れてきた奴は、背中に他の雄に付けられた傷があり、ひっくり返っていたような奴なので、2~3日で死ぬと思っていた。

    ところが、このカブトムシ、未だに生き延びている。想定外の寿命で、残り物の黒糖ゼリーも残り少なくなってきた。頭もそこそこ良いのか、ゼリーが少なくなり角が引っかかり深いところを食べられなくなると、自分でひっくり返してゼリーを出して食べている。

    かわいい奴、メスと一緒にしてやりたいところなのだが、数十匹の悪夢(あるいはコバエのファンタジー)が再来すること明らかなので、独身のまま一生を終えてもらうことにしている。

    中国のタクシー運転手:google翻訳で会話 (2017年8月15日)

    北朝鮮とは全く関係ない話であるが、おもしろかったので記事にしておく。

    大連のホテルから空港までタクシーを利用した。とにかく、一言も話さなくても空港まで行けるよう、ホテルのフロントにタクシーを呼んでもらった(フロントにいた女性達の英語も相当怪しかったのだが)。

    運転手は予約時間より5分ほど前に来て、私のチェックアウト手続きが終わるのを待っていてくれた。

    ここまでは普通の話なのだが、車に乗り込んでからがおもしろかった。運転手が何やらスマホをいじっている。これも、中国のタクシーでは当たり前の話で、文字チャットをしていたり、友達か家族と雑談(のように聞こえる)話をずっとしながら運転している運転手もいる。なので、この運転手がスマホをいじりだしたことはさほど気にしなかったのだが、スマホに何か話しかけて、私の方にスマホを向ける。何が始まるのかと思ったら、スマホの翻訳アプリ(中国版のGoogle翻訳のようなもの)を使いながら、私と会話をしようとしているようで、「あなたは日本人か」、「あなたは英語は話すか」などと聞いてきた。流石の私も「対(はい)」ぐらいは中国語で言えるので、「対、対」と答えていた。

    しかし、今回の訪中では、27探査隊員の新標準装備として中国版SIMカード入りのタブレットを持参していたので、これを使って運転手に話しかけてみることにした。まずは、「空港まで何分かかりますか」と聞いたところ、Google翻訳がきちんと仕事をしてくれ、「40分です」と運転手もスマホを通して答えてきた。

    運転手もおもしろいと思ったのか、「大連は初めてなのか」、「何日間いたのか」など質問したり、途中、大連ではさんざん飲んだ大連ビール工場を通り過ぎたときは、大連ビール工場であることを教えてくれた。「地元のビールが一番美味しいです」と私が言うと、これも通じたようで、「対、対」と言っていた。

    安全運転という側面からは、あまり相手にせず運転に集中してもらった方が良いわけだが、どのみち集中しないだろうから、そのまま話を続けた。

    途中、結婚式の車の列がいて、「結婚式の車です」と教えてくれた。続けて「私は来月日本に行きます」「妹が結婚します」と言ってきた。「おめでとうございます」と私が言うと、続けて何か長い言葉を話したのだが、上手に翻訳されず、いくら想像力を働かせてもよく分からない。Google翻訳は、簡潔な語彙で1文というのが、より正しく翻訳させる基本であるが、運転手の中国語を聞いていると、分からないながらも、複数文を言っているようで、相当想像力を働かせても分からない翻訳になってしまっていた。ただ、「餃子」という単語だけは分かったので、餃子を作っているのだと思い、「餃子屋をやっているのですか」と質問したが、今度は、こちらの翻訳が上手くいかなかったようで、通じなかった。

    すると運転手は、スマホの写真を見出した。話が通じないので諦めたのかと思ってこちらも外を眺めていたら、餃子の写真を出して、これだと指さした。ついでに、妹の写真も見せてくたが、なかなかの美人だったので、「美人ですね」と言うと、「謝謝」と言いながら嬉しそうな顔をしていた。

    その後、道を歩いている若い女性の横を通り過ぎるときにクラクションを鳴らして振り向かせるなどし(私がやれと言ったわけではない)、Google翻訳で会話をしながらずっと空港まで。最後には、「今度、大連に来たら、私が案内します」と、言ってくれた。中国ではかなりタクシーを利用しているが、運転手とこれほど話すのは初めてだ。偶然、日本に妹がいる運転手だったということもあろうが、鞄を空港のドアまで運んでくれ、大きな声で「再見」と言いながら、握手をして別れた。

    Google翻訳、ひょんなことからおもしろい使い方が分かった。

    『瀬戸の花嫁』 (2017年7月13日)

    某1ヶ月無料視聴サービスと契約をし、うっかりしている間に1ヶ月が経過してしまった。今月いっぱいで解約するつもりではあるが、勿体ないので、時間があるときに何かしら見ている。昨日は、子供の頃見ていた「8時ダヨ全員集合」を見ていた。その中に、小柳ルミ子が出てきて、『瀬戸の花嫁』を歌っていた。もちろん、この歌手もこの曲も知ってはいるが、改めて聞いて何か、北朝鮮に通じるものを感じた。

    今日、とある北朝鮮専門家とお話をする機会があったのだが、その席で、その方が中国の北朝鮮食堂に行かれたとき、ドンムに「日本の歌を教えてくれ、『瀬戸の花嫁』はどうだ」と言われたというお話を伺った。2000年代初めの話だというが、何とも私にとってはタイムリーな話題で驚いた。

    今も、YouTubeに転がっている同曲を聴きながら、これは北朝鮮でもメロディーも歌詞も思想・精神的に問題ない曲だという確信を深めているところだ。

    8月~9月には、複数の探査隊が出る予定になっているが、これを話題にするつもりだ。

    세토는 해가 지며 저녁 물결 잔물결
    그대가 있는 섬으로 시집가네요
    젊다고 다들이 걱정들하지만
    사랑이 있기에 일이 없어요



    <追記: 2017/07/15 1930>
    コメントやメールで関連情報を頂いた。どうやら、ドンムはこの曲を唐突に言い出したのではなく、既に「ポチョンボ」が日本語と一部朝鮮語混じりでこの歌を歌っていたことが分かった。


    Source: YouTube

    そして、曲のイメージから、「ポチョンボ」版の訳詞を創造されていた。

    1.
    해지문 세또에 저녁노을 비낄 때 (日が沈む瀬戸に夕焼けが映えるとき)
    나는야 시집가요 님 계신 섬으로 (私は嫁に行きます、あの人がいらっしゃる島へ)
    나이가 어리다고 걱정하지만 (歳が幼いと、心配するけど)
    우리 서로 사항하니 적정일랑 마세요 (私たち愛し合っているから、心配なんかしないでね)

    なかなか美しいが、残念ながら朝鮮語化されているのはこの部分だけ。以下、続けて第27探査隊バージョン。

    개단식논과밭 헤어져야하네요 (階段式の田と畑 お別れしなければならないわね)
    나이 어린 내 동생 가지 말라고 울었다 (幼い私の弟、行くなと泣いた)

    어려도 남자이지 울기만 하지말고 (幼くても男でしょ、泣いてばかりいないで)
    아버님 어어님 소중히 모셔라 (お父様、お母様、大切にしなさい)

    2.
    해각을 돌아가는 내가 타는 작은 배 (岬をまわる、私が乗っている小さな船)
    태어난 내 고향 섬 조금씩 멀어지네 (私が生まれた島が、少しずつ遠くなるわ)
    후미의 건너에서 바래는 사람들에게 (入江の向こうで、送る人々に)
    작별 인사했더니 눈물이 흘렀네 (別れの挨拶をしたら、涙が流れたわ)
    수많은 섬들을 거쳐가야 하네요 (数多くに島々を、経ながら行かなければね)
    이제부터 그대와 함께 사는 나에요 (こあれからあなたと共に生きる私)

    세또는 저녁노을 래일도 맑은 날 (瀬戸は夕焼け、明日も快晴)
    우리 둘의 출범을 축하하고있네요 (私たち2人の出帆、祝っているわね)

    メロディーに乗せて歌えるように訳してみたが・・・

    日本共産党の宣伝画風ポスター (2017年6月22日)

    近所に貼ってあったのだが、何ともデザインが北朝鮮の「宣伝画」風で、見直してしまった。

    http://www.jcp.or.jp/web_download/poster/2017/201706_kenpo.pdf

    ガルトゥング博士の「積極的平和」:偶然運転中に聞いたJ-WAVE (2017年6月21日 「J-WAVE」)

    21日、夜に車で外出し、いつものようにJ-WAVEを聞いていた。私とて、常に「平壌放送」や「韓国KBS」を聞いているわけではなく、FM放送もよく聞いている(昼間は朝鮮半島の放送は聞こえないのだし)。基本的にJ-WAVEの電波が拾える地域では、J-WAVEを聞いている。実は、J-WAVEは開局当初から聞いており、当時では珍しかったやたらと英語を使った番組や日本語がとてつもなく不自然な帰国子女DJが担当する番組がおもしろかった。仕事帰りによく聞いているのは、ピストン・西沢が出演する「グルーブ・ライン」という番組だが、この人のジョークや常連投稿者の投稿を聞きながら、時々吹き出している。特に、以前、秀島史香と西沢が一緒に出演しているときは、秀島のヘナチョコぶりとそれをおちょくる西沢の掛け合いがとても愉快だった。

    さて、そんなJ-WAVEに今日は、「積極的平和」という概念を提唱したガルトゥング博士がゲストとして招かれて出演していた。日本首相安倍が「主義」と繋げて「積極的平和主義」という言葉をしばしば使っていたので、聞き慣れているが、実は、ガルトゥング博士が提唱した「積極的平和」と日本首相安倍が創造した「積極的平和主義」とは全く異質のものである。ガルトゥング博士も、インタビューで、「日本の政治で積極的平和がどのように使われようがコメントはしないが」と言っていた。残念ながら、ちょい乗りだったので同博士のインタビューは全て聞くことができなかったが、radiko.jpで聞けるようなので、後から聞き直してみようと思う。

    J-WAVE, JAM THE WORLD, http://radiko.jp/#!/ts/FMJ/20170621200000
    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「朝鮮中央TV」ワッチャー

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「副部長同志」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR