「朝鮮の声」の定時放送間のハム音は50Hz、北朝鮮の交流周波数は60Hzだが (2016年8月31日 「朝鮮の声」)

    31日夕方、「朝鮮の声」の日本語放送を聞いていた。定時放送が終了し、次の定時放送が始まるまでの間、キャリアは出しっ放しになっている。しかし、無変調のキャリアではなく、低い周波数のシングルトーンが聞こえる。シングルトーンの周波数は50Hz(ネットで公開されている基準トーンと耳で比較しているだけなので誤差はある)。音的にはACラインから混入するハム音のように聞こえるのだが、思えば北朝鮮の交流周波数は60Hz。この送信機にだけ個別の50Hz発電機を使っているのかもしれないが、ハム音ではなくて、敢えて50Hzのシングルトーンを流しているのかもしれない。

    「金日成社会主義青年同盟第9回大会参加者のための青峰楽団、功勲国家合唱団合同祝賀公演開催」:「モランボン楽団」ではなかった (2016年8月31日 「労働新聞」)

    31日、『労働新聞』に29日、「4.25文化会館」で「青峰楽団、功勲国家合唱団合同祝賀公演」が開催されたという記事が出た。

    2016-08-31-08-03.jpg
    Source: 『労働新聞』、「김일성사회주의청년동맹 제9차대회 참가자들을 위한 청봉악단,공훈국가합창단 합동축하공연 진행」、http://www.rodong.rep.kp/ko/index.php?strPageID=SF01_02_01&newsID=2016-08-31-0006

    今夜、「朝鮮中央TV」で「録画実況」放送があるかもしれない。

    「リオデジャネイロオリンピックに参加した北朝鮮選手団帰国」:「17時報道」でだけ、寂しい沿道、記者会見はメダル獲得者だけ (2016年8月28日 「朝鮮中央TV」)

    28日、「朝鮮中央TV」の「17時報道」で、リオデジャネイロオリンピックに参加した北朝鮮選手団の帰国に関する報道があった。

    選手団は27日に帰国したとのことであるが、同日の「20時報道」と「今日の報道の中から」では、彼らの帰国に関する報道はなかった。また、28日の3回の報道番組中、彼らの報道を報じたのは「17時報道」だけである。

    報道の中で「ルンライルカ館」のマイクロバスと思われるバスに乗って、空港から「万寿台の丘」に向かう選手の姿が出るが、選手は社内で共和国旗を振っているものの、沿道には普通に歩く市民以外は見られず、彼らの帰国を祝するために市民を動員しなかったことが分かる。

    「平壌体育館」では、メダルを獲得した選手に対してだけの「記者会見」があった。同体育館前には、多数ではないものの、花束を持って人々が集まっていた。報道関係者なのかもしれない。

    今回のオリンピックで北朝鮮は金メダル2つを含む7つのメダルしか獲得できなかったからか、彼らの活躍に対する評価は低いようである。

    日本語字幕付き。

    Source: KCTV, 2016/08/28

    『バイオリン4重奏 人民が愛する我々の領導者』、『アコーディオン3重奏 行こう、白頭山へ』:アコーディオンで出す「白頭の刃の風」音 (2016年8月28日 「朝鮮中央TV」)

    28日、「朝鮮中央TV」の「器楽鑑賞時間」で放送された「尹ユサン音楽研究所管弦楽団」と「金ウォンギュン名称音楽大学」による演奏。「尹ユサン音楽研究所管弦楽団」の演奏はあまり放送されない。「行こう、白頭山へ」では、アコーディオンで「白頭の刃の風」の音を出している。少し前にアップロードした「国立交響楽団」の演奏でも、ウィンドマシンを使ってこの音を出していたが、あまりよく聞こえなかった。しかし、この演奏ではよく聞こえている。

    「人民が愛する我々の領導者」

    Source: KCTV, 2016/08/28

    「行こう、白頭山へ」

    Source: KCTV, 2016/08/28

    『<新しく出た歌> 青春賛歌 (청춘송가)』:「功勲国家合唱団」の新曲、改称し「金日成-金正日主義青年同盟」に (2016年8月28日 「朝鮮中央TV」)

    28日、「朝鮮中央TV」で放送された「新しく出た歌」。ワルツになっており、これから「舞踏会」等で使われることになろう。「モランボン楽団」や「青峰楽団」ではなく、「功勲国家合唱団」の新曲となっている。

    「金日成社会主義青年同盟第9回大会」では、「元帥様」が演説をしており、同同盟を「金日成-金正日主義青年同盟」と改称している。演説はまだ詳しく読んでいないが、名称変更は憲法等での「金日成主義」から「金日成-金正日主義」への変更に伴うものであろう。「将軍様」の時代(1996)に「朝鮮社会主義青年同盟」が「金日成社会主義青年同盟」に改称されている。

    日本語字幕付き。

    Source: KCTV, 2016/08/29

    なお、この曲は昨夜の「平壌放送」でも「新しく出た歌」として流されていた。

    「朝鮮中央放送」の『千里でも万里でも』:久しぶりの短波受信 (2016年8月27日 「朝鮮中央放送」)

    1週間ほど前、アジア放送研究会の「第28回近隣諸国放送研究フォーラム」に参加した。私は同研究会のメンバーではないが、このフォーラムは非会員も事前登録で参加可能だったので、出席させていただいた。フォーラム詳細については、同研究会のHPを参照していただきたいが、会員の報告を聞いたり、懇親会に参加させていただき、有意義な時間を過ごすことができた。

    北朝鮮が暗号放送を開始したというので、北朝鮮のラジオを受信したいと思い、昔使っていた短波ラジオやトランシーバーを引っ張り出して来たが、とにかくアンテナがないことには何ともならない。郊外の一戸建てならば、ロングワイヤーでも設置するところだが、マンションのベランダに数メートルの銅線を引っかけてみても拾うのはノイズばかりで、聞こえるのは、中波帯にいる「米帝」のAFNとローカルのAM局数局だけ。「米帝」のAFNは、拙宅に向けて強力な電波を照射しているのか、やたらと強く、室内で普通に聞こえる(拙宅ということはないが、拙宅方向に集中する米軍基地向けにアンテナの指向性を出しているとどこかに書いてあった)。

    仕方ないので、しばらくネットを検索し、Apex Radioの303WA-2というホイップ形状のアンテナが小型・軽量・目立たぬ割には、ノイズを拾わず、感度も良いという総合的によさそうな評価を読んで、このアンテナを注文した。

    雨が降っていることもあり、軒から10センチほど入った洗濯棒台に取り付けてみた。しかし、ノイズレベルは若干下がったが、ガッカリするほど感度が悪く、この種のアンテナは所詮こんなものかと諦めかけた。ちょうどCSアンテナ用のベランダ取り付け金具があったので、この金具をベランダの手すりに取り付け、10数センチではあるが、給電部分がベランダより外に出るように設置してみた。拙宅はマンション4階なので、給電部から地面までは10メートルほどの高さがあるはずである。

    ベランダに設置した303WA-2
    P8270581.jpg

    この状態で受信してみると、全く受信状態が違った。中国語が多いが短波の放送帯ではたくさんの放送が聞こえ、7MHzと14Mhzではアマチュア無線の交信、27MHzではCBの交信が聞こえた。北朝鮮の放送も「朝鮮中央放送」だと思うが、色々な周波数で聞こえた。中でも、11.680MHzは強力でとてもクリア。きちんと聞いていなかったが、「モランボン楽団音楽聴取の時間」とかいう番組があり、同楽団の音楽を連続でたくさん流していた。

    11.680MHzでクリアに聞こえた『千里でも万里でも』の一部。

    Source: KCBS, 2016/08/27

    今も『パルコルム』を流しているが、音楽番組も多く、KCTVの放送がない時間に聞いているにはちょうど良い。

    受信に使っているのは、アマチュア無線用のトランシーバーTS-440である。SONY ICF7600DSというラジオもあるが、やはり通信用トランシーバーより感度は落ちる(アンテナ端子のモノラルプラグを入れて鰐口クリップで付けているという適当接続ではあるが)。

    HF帯も受信できるSDRドングルが20ドル(中国発、送料込み)ぐらいで売っていたので、発注しておいた。北米のアマチュア無線家が7MHz用のダイポールを繋いでレポートしている動画をYouTubeで見ると、まあまあ聞こえているようであるが、拙宅の簡易ホイップでどれほど聞こえるのかはやってみないと分からない。

    インターネットのストリーミングでKCTVを見るのも良いが、フェーディングと雑音の中で朝鮮語や朝鮮音楽を聴くのはまた違った趣がある。

    <追記>
    夕方になり、あちこちで朝鮮語が聞こえている。6.400MHzに「平壌放送」がいた。今夜、暗号放送をやってくれるとおもしろいのだが。

    <追記2>
    変換ケーブルを作って、ICF-7600DSのアンテナ端子に繋いでみた。トランシーバーよりは感度が落ちるが、充分に使えることが分かった。27日、板門店で出された「声明」か「談話」の終わりの部分。「朝鮮中央通信」にはまだ出ていなかった。「朝鮮中央TV」は見ているが、ラジオに集中しているので、この放送があったのかは不明。

    「平壌放送」1645PST、6.400MHz。この種の声明の後にこの種の曲を流すのは「朝鮮中央TV」と同じ。曲目が同一なのかは、追って確認する。


    Source: Pyongyang Broadcasting Station, 1645PST, 2016/08/27, 6.400MHz

    「安保理決議2270は、全ての関係国に朝鮮半島の緊張を高めぬよう求めている」:中国、北朝鮮のSLBM発射を強く非難せず (2016年8月24日 「中国外交部」)

    24日の中国外国部定例記者会見で、北朝鮮のSLBM発射に関する質問に対して、次のように答えている。
    ***********
    Q:北朝鮮が今朝、東海岸でSLBMを発射した。ミサイルは、500kmという、これまでの最長距離を飛行した。報道によると、北朝鮮は関連技術を向上させたという。ある米国の学者は、北朝鮮の関連技術が向上しているのは、中国が米韓によるTHAAD配備に報復するために制裁を緩めているからだとしている。これについてどう思うか。

    Q: The DPRK fired a submarine-launched ballistic missile off its east coast this morning. The missile flew about 500 km, marking the longest distance ever. Reports say that the DPRK has made much progress in relevant technology. Some US scholars attribute progress by the DPRK in this regard to China's relaxation of sanctions against the DPRK in retaliation for the deployment of THAAD by the US and the ROK. What is your response?

    A:最初の質問について。朝鮮半島の情勢は複雑かつ敏感である。我々は、全ての関係国が緊張を高める行動を控えるべきだと考えている。全ての当事者は、地域の平和と安定を守る義務がある。

    2つ目の質問について。安保理常任理事国である中国が、安保理決議履行義務を完全に果たしているということは周知の事実である。我々は、我々の義務について知っており、また他の当事国が安保理決議2270を完全かつ正確に実施することを望んでいる。この決議は北朝鮮の核実験に対する制裁だけを内容とするものではなく、関係国に地域の緊張を高める行動を控えることを求めている。我々全てには、地域の平和と安定を守り、六者会談早期再開の条件を作る責任がある。
    A: On your first question, the situation on the Korean Peninsula is complex and sensitive. We believe that all parties concerned should refrain from escalating tension. Everyone has the obligation to safeguard peace and stability of the region.

    On your second question, everybody knows that China, as a permanent member of the Security Council, has a perfect record of fulfilling international obligations and observing Security Council resolutions. We know well what our obligations are, and we also hope that all the other parties concerned will fully and precisely implement Resolution 2270. This resolution not only contains sanctions against the DPRK's nuclear tests, but also requires all relevant parties to avoid raising tension in the region. We all have the responsibility to safeguard peace and stability of the region, and create conditions for an early resumption of the Six-Party Talks.

    Ministry of Foreign Affairs of the PRC, Foreign Ministry Spokesperson Lu Kang's Regular Press Conference on August 24, 2016, http://www.fmprc.gov.cn/mfa_eng/xwfw_665399/s2510_665401/2511_665403/t1391577.shtml
    ******************

    報道官は口には出していないが、大規模な米韓合同軍事演習や韓国へのTHAAD配備が「地域の平和と安定」を害していると主張しているように読み取れる。THAAD配備を決定する前の段階では、米国がTHAAD配備を中国による北朝鮮に対する圧力を高めさせる目的で使おうとしていると思っていたが、配備を決定した段階で見ると、むしろ逆に作用しているようである。中国にとって、北朝鮮のSLBMなど脅威ではなく、韓国に配備されたTHAADの方が現実的な脅威ということなのであろう。米国が「THAADは、北朝鮮によるミサイル攻撃に対応するものだ」といくら説明しても、米国はそれ以上のこと、つまり南シナ海や東シナ海の事態に対応するためにもTHAADを使うであろうと中国は考えているはずである。

    「託児所子供 健康運動 教養班 2年1ヶ月-3年」: 「乳幼児班」の上の「健康運動」 (2016年8月26日 「朝鮮中央TV」)

    26日、「朝鮮中央TV」の「児童放送時間」帯で放送された「健康運動」。「乳幼児(乳飲ませ)班」の次の段階と思われる「教養班 2年1ヶ月から3年」となっている。北朝鮮の「託児所」では何歳からの子供を受け入れているのかは分からないが、「教養班」が「2歳1ヶ月から3年」だとすると、「乳飲ませ」は0歳か1歳からということなのであろう。

    これまで、「健康運動」は「朝鮮中央TV」では流されていなかったので、「12年制義務教育」との関連で新たに作られたのか、そうでなければ、元々あったものを広く実施するようにしているのかもしれない。


    Source: KCTV, 2016/08/26

    「主体朝鮮の核攻撃能力の一大誇示、敬愛する金正恩同志の指導のもと戦略潜水艦弾道弾水中試験発射が成功裏に行われた」:深海より発射成功、切り離し成功、弾頭再突入成功、周辺国の安全には問題なし、太平洋作戦地域掌握、核強化は将軍様の念願、先軍節  (2016年8月25日 「朝鮮中央通信」)

    <追記4>
    「朝鮮中央TV」の放送では、格納庫に置かれているSLBM、クレーンで吊り上げたれて潜水艦に搭載されるSLBMの様子も紹介されている。これまでは、発射前のミサイル本体は見せず、海から飛び出すシーンばかりであった。

    20160825 주체조선의 핵공격능력의 일대 과시 경애하는 김정은동지의 지도밑에 전략잠수함 탄도탄수중시험발사가 성공적으로 진mp4_000040825
    Source: KCTV, 2016/08/25

    20160825 주체조선의 핵공격능력의 일대 과시 경애하는 김정은동지의 지도밑에 전략잠수함 탄도탄수중시험발사가 성공적으로 진mp4_000050000
    Source: KCTV, 2016/08/25

    20160825 주체조선의 핵공격능력의 일대 과시 경애하는 김정은동지의 지도밑에 전략잠수함 탄도탄수중시험발사가 성공적으로 진mp4_000055132
    Source: KCTV, 2016/08/25

    20160825 주체조선의 핵공격능력의 일대 과시 경애하는 김정은동지의 지도밑에 전략잠수함 탄도탄수중시험발사가 성공적으로 진mp4_000061476
    Source: KCTV, 2016/08/25

    また、「元帥様」が上着の前ボタンを外して歩いているシーンは以前もあったが、下着姿で写っている写真もこれが初めてのような気がする。何よりも、「元帥様」のベルトは初公開ではないだろうか。今日の「将軍様」関連の放送にもあったが、「将軍様」が若い頃、シャツをズボンの中に入れてベルトが見える状態で写っている写真も1枚ぐらいしかない。
    20160825 주체조선의 핵공격능력의 일대 과시 경애하는 김정은동지의 지도밑에 전략잠수함 탄도탄수중시험발사가 성공적으로 진mp4_000081964
    Source: KCTV, 2016/08/25

    20160825 주체조선의 핵공격능력의 일대 과시 경애하는 김정은동지의 지도밑에 전략잠수함 탄도탄수중시험발사가 성공적으로 진mp4_000091110
    Source: KCTV, 2016/08/25

    <追記3>
    YouTube動画。日本語字幕付き。

    Source: KCTV, 2016/08/25

    発射シーンのみ抽出。

    Source: KCTV, 2016/08/25

    <追記2>
    「朝鮮中央TV」で発射動画放送中。放送終了後、YouTubeにアップロードしておく。

    <追記>
    『労働新聞』が写真を配信した。

    火炎を噴出しながら飛んでいく「北極星」SLBM
    2016-08-25-01-03.jpg
    Source: 『労働新聞』HP, http://www.rodong.rep.kp/ko/index.php?strPageID=SF01_02_02&newsID=2016-08-25-0001_photo

    背景に陸地の照明が見えているので、陸地からそんなに離れた距離ではない。潜行したとしても、水深は浅いのでは。
    2016-08-25-01-06.jpg
    Source: 『労働新聞』HP, http://www.rodong.rep.kp/ko/index.php?strPageID=SF01_02_02&newsID=2016-08-25-0001_photo

    2016-08-25-01-13.jpg
    Source: 『労働新聞』HP, http://www.rodong.rep.kp/ko/index.php?strPageID=SF01_02_02&newsID=2016-08-25-0001_photo

    2016-08-25-01-11.jpg
    Source: 『労働新聞』HP, http://www.rodong.rep.kp/ko/index.php?strPageID=SF01_02_02&newsID=2016-08-25-0001_photo

    大喜びする「元帥様」。
    2016-08-25-01-10.jpg
    Source: 『労働新聞』HP, http://www.rodong.rep.kp/ko/index.php?strPageID=SF01_02_02&newsID=2016-08-25-0001_photo

    科学者・技術者と抱き合って喜ぶ「元帥様」。今回の「元帥様」の喜び方は普通ではない。過去数ヶ月間に、数発、韓国側に「失敗」とされた発射があったが、それらがSLBMだったのかもしれない。
    2016-08-25-01-12.jpg
    Source: 『労働新聞』HP, http://www.rodong.rep.kp/ko/index.php?strPageID=SF01_02_02&newsID=2016-08-25-0001_photo

    幹部とタバコを吸いながら喜ぶ「元帥様」。
    2016-08-25-01-15.jpg
    Source: 『労働新聞』HP, http://www.rodong.rep.kp/ko/index.php?strPageID=SF01_02_02&newsID=2016-08-25-0001_photo

    画面に映っているのは、弾頭の切り離し地点と落下予定地点であろうか。
    2016-08-25-01-17.jpg
    Source: 『労働新聞』HP, http://www.rodong.rep.kp/ko/index.php?strPageID=SF01_02_02&newsID=2016-08-25-0001_photo

    そして、赤い軌跡のように落下したのか。
    2016-08-25-01-18.jpg
    Source: 『労働新聞』HP, http://www.rodong.rep.kp/ko/index.php?strPageID=SF01_02_02&newsID=2016-08-25-0001_photo

    発射に使われたと思われる潜水艦。これまでになく大きく見える。
    2016-08-25-01-24.jpg
    Source: 『労働新聞』HP, http://www.rodong.rep.kp/ko/index.php?strPageID=SF01_02_02&newsID=2016-08-25-0001_photo

    「朝鮮中央TV」では、今のところ、この実験についての報道をするという予告をしていないが、今放送中の「将軍様」関連「朝鮮記録映画」に放送する可能性がある。追加写真が出たら、掲載する。
    *********************************
    25日、「朝鮮中央通信」が「戦略潜水艦弾道弾水中試験発射が成功裏に行われた」と伝えた。以下、抽出訳。

    ************
    敬愛する金正恩同志が、監視所で水中発射計画を了解され、試験発射を断行することに関する命令を下達すると、即時、戦略潜水艦内には、戦闘警報が響き、艦は青い海中の弾道弾発射深度まで潜水し、迅速に弾道弾を発射した。
    경애하는 김정은동지께서 감시소에서 수중발사계획을 료해하시고 시험발사를 단행할데 대한 명령을 하달하시자 즉시 전략잠수함내에는 전투경보가 울리고 함은 검푸른 바다속 탄도탄발사심도까지 침하하였으며 신속히 탄도탄을 발사하였다.

    深い海を貫きながら打ち上がる弾道弾は、力強い火を爽快に噴出しながら、万里大空へ高く飛び上がった。
    깊고깊은 날바다를 끓이며 솟구쳐오른 탄도탄은 거세찬 불줄기를 시원히 내뿜으며 만리대공으로 높이 치솟아올랐다.

    最大発射深度から高角発射態勢で行われた試験発射を通して、弾道弾冷発射体系の安全性と大出力固体エンジンの始動特性、出水後、飛行時弾道弾の段階別飛行動力学的特性を再確認し、段階分離システムと操縦及び誘導システムの信頼性、再突入弾頭部の命中正確度をはじめとした弾道弾の核心技術指標が作戦的要求に完全に到達したことを確認した。
    최대발사심도에서 고각발사체제로 진행된 시험발사를 통하여 탄도탄 랭발사체계의 안전성과 대출력고체발동기의 시동특성,출수후 비행시 탄도탄의 계단별 비행동력학적특성을 재확인하고 계단열분리체계와 조종 및 유도체계들의 믿음성,재돌입전투부의 명중정확도를 비롯한 탄도탄의 핵심기술지표들이 작전적요구에 완전히 도달하였다는것을 확인하였다.

    今回の弾道弾水中発射は、周辺国家の安全にいかなる否定的影響も与えず、成功裏に行われた。
    이번 탄도탄수중시험발사는 주변국가들의 안전에 그 어떤 부정적영향도 주지 않고 성과적으로 진행되였다.

    敬愛する金正恩同志は、我々に対する米国の極悪無道な核威嚇恐喝は、ついに我々の核攻撃能力を時々刻々強化する結果だけをもたらしたと仰りながら、米国がいくら否定しても、米本土と太平洋作戦地帯は、既に我々の手中に確実に掌握されたと仰った。
    경애하는 김정은동지께서는 우리에 대한 미국의 극악무도한 핵위협공갈은 도리여 우리의 핵공격능력을 시시각각으로 강화하는 결과만을 초래하였다고 하시면서 미국이 아무리 부인해도 미본토와 태평양작전지대는 이제 우리 손아귀에 확실하게 쥐여져있다고 말씀하시였다.

    敬愛する金正恩同志は、先軍節を目前にして行われた試験発射で大成功してみると、今日の慶事を将軍様と共に分かち合えない耐えがたい痛みが胸を突くと目頭を熱くされながら、将軍様が生涯歩まれた核武力強化の道を自分の生涯の課業として受け入れ、屈することなく続けていきながら、将軍様がそれほどまでに望まれた生涯の念願を死んでも必ずや達成するという固い決心を述べられました。
    경애하는 김정은동지께서는 선군절을 눈앞에 두고 진행된 시험발사에서 대성공하고보니 오늘의 이 경사를 우리 장군님과 함께 나누지 못하는 쓰라린 아픔이 가슴을 저민다고 눈시울을 적시시면서 우리 장군님께서 한평생 걸으신 핵무력강화의 길을 자신의 필생의 과업으로 받아들이고 굴함없이 이어가며 장군님께서 그토록 바라시던 한생의 념원을 죽으나사나 반드시 이룩해내고야말 굳은 결심을 피력하시였다.

    주체조선의 핵공격능력의 일대 과시
    경애하는 김정은동지의 지도밑에 전략잠수함탄도탄수중시험발사가 성공적으로 진행되였다

    「飛ぼう、もっと高いところへ」:「ミリム航空クラブ」関連動画 (2016年8月24日 「朝鮮の今日」)

    24日、「朝鮮の今日」に掲載され「ミリム航空クラブ」関連の動画。高く飛んだのは、ミサイルではなく、女性飛行士が操縦する「超軽量軽飛行機」。


    Source: 「朝鮮の今日」, 2016/08/24

    「朝鮮青年行進曲」:「金日成社会主義青年同盟第9回大会」26日から平壌で開催、メモを取る在日本朝鮮青年同盟の若者 (2016年8月23日 「朝鮮中央TV」)

    23日、「朝鮮中央TV」で「朝鮮青年行進曲」が放送された。「1947年創作」というこの曲であるが、あまり流されていない。やはり、26日に開催される「金日成社会主義青年同盟第9回大会」に合わせて流されたのであろう。

    日本語字幕付き。

    Source: KCTV, 2015/08/23

    「ピョンチョン革命史跡地」で「講師」の説明を聞きながらメモを取る、在日本朝鮮青年同盟の若者達。「元帥様」のお言葉を録音することは禁じられているのかもしれないが、「講師」の説明ならば録音しておいて聞き直した方が良いはず。北朝鮮製と思われる赤いノートを持っている若者もいる。
    17시보도mp4_000462555
    Source: KCTV, 「17時報道」、2016/08/23

    「<時事 カメラフォーカス> 性奴隷犯罪を覆い隠そうという幼稚な術策」 uriminzokkiri動画に日本政府の拉致問題対策本部ポスター写る (2016年8月23日 「uriminzokkiri」)

    23日、「uriminzokkiri」に掲載された、日韓の慰安婦問題妥結を非難する動画の中に、日本政府の拉致対策本部のポスターが写り込んでいる。同動画は、拉致とは全く関係ない内容なので、北朝鮮のチェックが甘かったのか、敢えて、「拉致問題は解決済み」という姿勢をアピールしようとしたのかは不明である。「韓」や太極旗には、しっかりとボカシが入れてあるが、「拉致」は気にしなかったのだろうか。

    20160823 성노예범죄를 덮어버리려는 유치한 술책mp4_000249050
    Source: uriminzokkiri, 2016/08/23

    太極旗にはボカシが入れてあるが、日章旗はそのまま写っている。
    20160823 성노예범죄를 덮어버리려는 유치한 술책mp4_000167496
    Source: uriminzokkiri, 2016/08/23

    日本語字幕付き。

    Source: uriminzokkiri-TV, 2016/08/23

    <追記>
    「公正な国際関係樹立と関係する問題」にも言及しているので、「慇懃に」日朝国交正常化と拉致問題を結びつけるためにポスターを出したのかもしれない。

    「<韓国映画> ヨンピョン海戦(Northern Limit Line)」:北朝鮮が怒るような内容ではない (2016年8月23日)

    注文しておいた『ヨンピョン海戦(Northern Limit Line)』のDVDが届いたので、早速見た。映画は非常に良くできているし、おもしろかった。この種の映画には関心がないと思っていた拙宅の中学生も、スマホをいじりつつ、一緒になって見ていた。初めは、「戦争は嫌だね」と言いながら見ていたが、韓国側に死傷者が出る場面になると「北朝鮮は悪い」と言い出した。こちらは黙っていたが、戦争とか南北関係について、少しは考える機会になったのではないかと思っている。

    字幕については、さすがにプロが付けただけあって、「モランボン楽団」DVDのような稚拙さは全くなかった。

    2002年の第2ヨンピョン海戦については、韓国側が報道した資料程度しか読んでいないが、ほぼフィクションはなかったと思う。韓国側の哨戒艇357号は北朝鮮の警備艇に激しい砲撃と銃撃を受け、結局沈没する。一方、北朝鮮の警備艇は、はじめは優勢であるが、韓国側の哨戒艇が合流し攻撃を加えた結果、激しい損傷を受けNLLの北側に退散する。

    当時、北朝鮮がどのような報道をしたのかは確認していないが、想像では「南朝鮮傀儡軍艦艇が我が方水域を侵犯し発砲。朝鮮人民軍海軍艦艇は、侵略者を勇猛果敢に懲罰し、水葬した」というような内容ではないだろうか。

    映画には一部、北朝鮮の司令部のような場面の映像があるが、共和国旗こそ出てくるものの、「最高尊厳」の写真などは出てこない。北朝鮮軍兵士が話す、北朝鮮訛りは、何ともわざとらしいところがあっておもしろかったが、苦労の痕跡はあった。

    この映画は、韓国では2015年6月にリリースされているが、北朝鮮は、「朝鮮映画人同盟談話」が出るまで問題視していなかった。上にも書いたように、最終的には韓国側艦船から攻撃を受けるも、かなり長い間、北朝鮮がほぼ一方的に韓国哨戒艇を攻撃する内容となっている。また、「最高尊厳」の写真も彼らに関する台詞も出てこないので、激怒するような内容ではないと思う。

    そうなってくると、「仁川上陸作戦」が彼らを激怒させる直接的な原因だったのであろう。そうなると、「仁川上陸作戦」を早く見なければならないわけだが、これは韓国でDVDがリリースされたら輸入してでも見たいものである。

    「今日の報道の中から」: 北朝鮮選手の2016リオデジャネイロ成果報道 (2016年8月22日 「朝鮮中央TV」)

    22日夜、「朝鮮中央TV」の「今日の報道の中から」で、リオデジャネイロオリンピックでメダルを取った選手をまとめて紹介する報道があった。やはり、金メダルを取ったリム・ジョンシム、李セグァン両選手に関する報道には、時間をかけていた。卓球女子個人で福原愛に勝って銅メダルを取った金ソンイ選手は、初めてのオリンピック参加であったということで少し詳しく紹介されているが、拳銃で同じく同じく銅メダルを取った金ソンゴック選手については、銅メダルを取ったというだけのシンプルな報道であった。同選手に関しては、競技の模様を紹介する番組にも登場していない。拳銃射撃競技なので軍人だと思うのだが、なぜか差別的に扱われているような気がする。

    日本語字幕を付けて、「今日の報道の中から」の関連部分をアップロードしておいた。

    Source: KCTV, 2016/08/22

    『行こう、白頭山へ』:「国立交響楽団」バージョン (2016年8月21日 「朝鮮中央TV」)

    21日、「朝鮮中央TV」の「器楽鑑賞時間」で放送された「国立交響楽団」による『行こう、白頭山へ』。


    Source: KCTV, 2016/08/21

    「大盛況の中、開催されている大同江ビール祝典」:祝典を楽しむ平壌市民、BGMもよい (2016年8月21日 「朝鮮の今日」)

    21日、「朝鮮の今日」に、大同江ビールシリーズの動画が、また掲載された。この動画では、「ビール味当てコンテスト」と「ビール常識クイズ」の場面がおもしろい。工事現場や農場以外で半ズボンをはいている朝鮮人民は見かけないが、この動画には半ズボンをはいた朝鮮人民らしき人が写っている(大写しならず、バッジの有無が確認できないので、中国朝鮮族の可能性もある)。外国人旅行社のツアーコースにも含まれているようで、外国人も多く写っている。

    日本語字幕付き。BGMに使われている「モランボン楽団」の演奏も良い。

    Source: 「朝鮮の今日」、2016/08/21

    「『張成沢の痕跡を消せ』 正恩氏、テーマパーク解体を指示」:またガセネタ? (2016年6月15日、2016年8月20日(追記1) 「東京新聞」)

    <追記:2016年8月20日>
    何となく「民俗公園」のことを思い出し、Google Earthで確認してみた。

    2016年5月11日に撮影された写真を見ると、同公園の右下のブロックの建物が取り壊されている。
    20160820 民俗公園その後1
    Source: Google Earth

    20160820 民俗公園その後
    Source: Google Earth

    このブロックだけを取り壊しているのか、このブロックの取り壊しから着手したのかは、さらにアップデートされた写真を見なければ確認できないので、「民俗公園」全体の取り壊しなのか、一部取り壊しなのか、それとも改築なのかは分からない。『東京新聞』の記事に準ずるのであれば、張成沢が関与した部分を取り壊しているということになるのかもしれないが、単に建物に問題があっただけなのかもしれない。

    どこかに、同公園の地図が出た画像があったと思うので、このブロックに何があったのか確認してみたい。

    ********************************




    15日、『東京新聞』HPに掲載された記事「『張成沢の痕跡を消せ』 正恩氏、テーマパーク解体を指示」が掲載された。記事には

    「北朝鮮関係者によると、この施設は金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の叔父で、二〇一三年十二月に処刑された張成沢(チャンソンテク)元国防委員会副委員長の主導で整備され、金正恩氏が「民俗公園がある限り張成沢を思い出す」として解体を指示したという。」
    『東京新聞』HP、「『張成沢の痕跡を消せ』 正恩氏、テーマパーク解体を指示」、http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201606/CK2016061502000128.html?ref=rank

    と書かれているが、「北朝鮮関係者」にガセ情報を掴まされたような気がしてならない。

    「朝鮮中央通信」で「平壌民俗公園」をキーワードに検索してみると、最新記事として2015年9月10日「平壌民俗公園、竣工後、過去3年間117万人あまり参観」が出てくる(『東京新聞』も同記事を引用している)。

    記事には、「平壌民俗公園」には、「白頭山と白頭山密営故郷の家(著者注:「将軍様」生家)を形象した建築物、主体思想塔と凱旋們、人民大学習堂、千里馬銅像などの縮小模型建築物が配置されている」と書かれている。

    「白頭山密営故郷の家」は、朝鮮人民にとって「首領様」の生家である「万景台故郷の家」に継ぐ聖地である。例え模型であるにせよ、それらを解体、しかも「爆破」するなど、いくら「元帥様」でも「道徳義理」的にできることではないし、それ以外の「首領様」や「将軍様」と関わる「記念碑的建造物」も最も丁重に扱われるべきものばかりである。

    解体する理由を張成沢と結びつけているが、なぜ今更、張成沢を持ち出すのか分からない。側近であった張成沢は、金正恩時代の「記念碑的建造物」の建設事業全てに少なからず関わっているはずなので、もし、張成沢憎しなら他の「建造物」も「爆破」しなければならないことになる。また、張成沢が、いわれているように経済部門の利権を牛耳ろうとしていたのなら、大した金にもならない「民俗公園」に関わることなどあまり考えられない。

    「平壌民俗公園」建設により関与したのは、崔龍海のはずである。建設期間中、彼は人民軍総政治局長(2012.4-2014.3)であったので、「軍人建設者」動員には少なからぬ影響力を行使したはずである。同公園は2012年末に完工している。

    また、2014年12月30日に初回放送され、2015年12月31日に再放送されている「朝鮮記録映画」の中でも、「金正恩時代の建造物」として「元帥様」が建設した建物のリストが出るが、その中に「民俗公園」は含まれている。

    偶然、字幕を付けてYouTubeにアップロードしてあった。

    Source: KCTV, 2015/12/31

    その後、数ヶ月の間で「元帥様」の気が変わったといえばそれまでであるが、「ムンス・ウォーターパーク」を「爆破」するならまだしも、上述のように「聖地」の模型がある同公園を「爆破」することなど考えにくい。

    下は、2015年10月27日に撮影された「平壌民俗公園」である。今後公開される衛星写真で消えているかどうか。
    20160615平壌民俗公園
    Source: Google Earth

    「朝鮮映画人同盟中央委員会スポークスマン談話」 :韓国映画「仁川上陸作戦」と「ヨンピョン海戦」に抗議 (2016年8月19日 「朝鮮中央TV」)

    19日、「朝鮮中央TV」で「朝鮮映画人同盟中央委員会スポークスマン談話」が放送された。「映画人」が何を言い出すのかと思いきや、韓国で製作した映画に対する抗議だった。名指しされているのは、「仁川上陸作戦」と「ヨンピョン海戦」であるが、「ヨンピョン海戦」はリリースされてから既に時間が経っているので、韓国で7月末に劇場公開された「仁川上陸作戦」が肝に触れたのであろう。

    両映画とも私は見ていないが、「ヨンピョン海戦」は既にDVD化されており韓国版がかなり前から輸入販売されているだけでなく、7月初に日本向け版も「Northern Limit Line」というタイトルでリリースされている。早速、注文しておいたが、「モランボン楽団」DVDのように大ハズレではないことに期待している。

    残念ながら、「仁川上陸作戦」はまだDVDはない。こんなことなら、8月上旬に訪韓し、家族がロッテワールドで遊んでいる間に、こちらはこの映画でも見てくれば良かったと大変後悔している。この「談話」がそれ以前に出されていたなら、絶対にそうしたのであるが、残念だ。

    しかし、北朝鮮も韓国を「けなす」映画はたくさん製作している。韓国にも、上記以外にたくさんその種の映画はあるはずだが、今回、何がそれほど北朝鮮の肝に触れたのか知りたいところである。

    同「談話」に日本語字幕を付けてアップロードしておいた。

    Source: KCTV, 2016/08/19

    「宇宙から龍宮へ」:「中央動物園、自然博物館」、新婚旅行は「自然博物館」へ (2016年8月20日 「uriminzokkiri」)

    20日、「uriminzokkiri」に掲載された「宇宙から龍宮へ」と題する「中央動物園、自然博物館」を紹介する動画。「自然博物館」自体よりも、見物している朝鮮人民の姿興味深い。新婚カップル(2組)も見られ、同博物館は、新婚旅行コースにもなっているようだ。

    BGMには軽快な「輝け労働党時代」が使われている。歌詞と施設名等に日本語字幕を付けておいた。

    Source: uriminzokkiri, 2016/08/20

    「健康体操(乳児クラス)」:さらに幼い子供の体操 (2016年8月19日 「朝鮮中央TV」)

    19日、「朝鮮中央TV」の「児童放送時間」帯で放送された番組。過去記事で紹介した「幼稚園律動体操」よりも幼い子供たちがする体操のようだ。番組タイトルには「乳児(乳を飲む子供)」と書かれているが、実際には2~3歳(「託児所」に通う年齢)の子供向けの体操だと思う。動きは「律動」的であるが、「健康体操」となっている。


    Source: KCTV, 2016/08/19

    「ネットTVマルチメディア閲覧機 マンバン」:ネットTVを詳しく紹介 (2016年8月16日 「朝鮮中央TV」)

    <追記>
    下記記事で使った動画に日本語字幕を付けてアップロードしておいた。

    Soruce: KCTV, 2016/08/16

    ****************

    16日、「朝鮮中央TV」でネットTV端末「マンバン」を詳しく紹介する番組を放送された。

    20160816 망TV다매체열람기 《만방》mp4_000044385
    Source: KCTV, 2016/08/16

    「マンバン(만방)」は漢字語だと思うが、「様々な場所」を意味する「萬方」の朝鮮文字表記であろう。

    形が過去記事で紹介したデジタル放送をアナログに変換するコンバーターと似ているので、同じものかと思ったが、後述するように機能も作っている企業も異なるので、別物であろう。「マンバン」は、「マンバン情報技術普及所」により開発されたと紹介している。
    20160816 망TV다매체열람기 《만방》mp4_000064554
    Source: KCTV, 2016/08/16

    「マンバンは、国家網に加入した機関、企業所、家庭で、毎日放送される放送中の番組、つまり中央テレビ放送やヨンナム山放送、体育放送、万寿台放送、そして、音声放送を視聴・聴取できるだけではなく、既に放送された各種番組(編集物)も視聴者の要求に応じて、見ることができる双方向通信技術に基づいた情報通信機材です」と説明する「マンバン場技術普及所 所長 金ジョンミン」
    20160816 망TV다매체열람기 《만방》mp4_000103092
    Source: KCTV, 2016/08/16

    要するに「マンバン」はネットテレビを見るための端末ということである。

    続けて、設置方法について説明をするが、北朝鮮のインターネット状況の一端が垣間見えて興味深い。番組で紹介する設置方法は以下のとおりである。

    1.まず、電話線に高速モデムを連結し、「マンバン閲覧機」を国家網と連結します。
    2.次に、「マンバン閲覧機」とテレビをHDMIケーブルで繋ぎます。
    3.そして電源を繋いで起動すれば、設置は終わりです。
    20160816 망TV다매체열람기 《만방》mp4_000201117

    興味深いのは、1の「電話線に高速モデムを連結し」と言っている部分である。光回線が北朝鮮で普及しているとは考えられないので、ここで言う「高速モデム」はADSLを指しているのであろう。また、テレビとの接続はアナログではなくHDMIと言っているとことからして、このシステムを使えるのは比較的新しい液晶テレビを持っている人に限られるということであろう。アナログ接続だと、解像度の関係で、使えないのかもしれない。

    「マンバン」の起動直後の画面。アイコンが5つあり、左から「国家網接続」、「応用プログラム」、「実時間放送」、「マンバン」、「高速モデム接続」となっている。「応用プログラム」のアイコンは、Windowsに似ている。「実時間放送」がストリーミング、「マンバン」がサーバーに保存されている過去の番組。
    20160816 망TV다매체열람기 《만방》mp4_000220771
    Source: KCTV, 2016/08/16

    「実時間放送」をクリックすると、「朝鮮中央TV」、「万寿台TV」、「リョンナム山TV」、「体育TV」、「中央放送」が出てくる。「中央放送」というのは、ラジオ放送であろう。
    20160816 망TV다매체열람기 《만방》mp4_000230940
    Source: KCTV, 2016/08/16

    「リョンナム山TV」をクリックしたときの画面。初めて見たが(羊角島ホテルで見たかもしれないが、記憶はない)、ウォーターマークが右にある。
    20160816 망TV다매체열람기 《만방》mp4_000236520
    Source: KCTV, 2016/08/16

    「マンバン」をクリックすると「ニュース」画面が出る。赤が「革命領導報道」、緑が「回顧録『時代と共に』」、朱色が「主体思想学習」、紫が「労働新聞」、青が「朝鮮中央通信」となっている。意外だったのは、朝鮮人民が「朝鮮中央通信」を読めることである。過去記事にも書いたが、「朝鮮中央通信」には対外報道が掲載されており、『労働新聞』に掲載されない報道も含まれているので、一般の朝鮮人民は見られないと思っていた。
    20160816 망TV다매체열람기 《만방》mp4_000246456
    Source: KCTV, 2016/08/16

    「朝鮮中央通信」の画面が見たかったが、番組では「労働新聞」の画面を見せている。外国で見られる「労働新聞」サイトとはデザインが異なるが、この日(8月2日)の報道項目が並んでいる。
    20160816 망TV다매체열람기 《만방》mp4_000300446
    Source: KCTV, 2016/08/16

    記事の中身を見ると、下のような画面になる。「主体105(2016) 8月4日」の「敬愛する金正恩同志の指導のもと、朝鮮人民軍第3回呉仲洽7連隊称号戦取運動熱誠者大会が開催された」の記事である。右上端に「労働新聞」のurlがないのと、使われているフォントが太く見えること以外は、日本で見る「労働新聞」HPと同じである。
    20160816 망TV다매체열람기 《만방》mp4_000305223
    Source: KCTV, 2016/08/16

    「マンバン」の次のページには「テレビジョン編集物」があり、チョンリマの絵がある「実時間放送」、青「朝鮮中央TV」、緑「ヨンナムやまTV]、紫「体育TV」、「オレンジ「万寿台TV」、黄色「人気編集物」というボタンがある。「実時間放送」は、スタート画面からも、この画面からも見られるようになっているようだ。
    20160816 망TV다매체열람기 《만방》mp4_000313006
    Source: KCTV, 2016/08/16

    過去1週間分番組については、曜日と時間順に並べられている。
    20160816 망TV다매체열람기 《만방》mp4_000332467
    Source: KCTV, 2016/08/16

    また、それ以前に方された番組は、番組の種類別に並べられておりいる。茶色の部分の上から、「朝鮮記録映画」、「朝鮮芸術映画」、「児童映画」、「漫画映画」・・・など。
    20160816 망TV다매체열람기 《만방》mp4_000346618
    Source: KCTV, 2016/08/16

    「人気編集物」には、視聴回数が多い順に番組が表示されるようになっている。1位から、「鉄の家の追憶」、「映画村」、「東海の名勝を訪ねて」、「歴史が記憶する信念の生き様」、「ロシアの地に響き渡った親善の歌」、「ルンラ・イルカ館に溢れる幸福の笑いの花」、「民族の遺産『アリラン』」、「ベク・クムサン英雄小隊足跡を辿って」、「白衣民族の足跡を辿る」、「スキーブームの中でさらに賑わうマシンリョン」、「生命を威嚇する特等『嗜好品』」、「戦勝のエピソードを祖国の歴史に末永く残して下さり」ととなっている。

    やはり、朝鮮人民も赤いスクリーンで始まる「絶世偉人」の「偉人伝」よりも、ドキュメンタリー的な番組が好きなようである。また、私が、何となくおもしろいと思いYouTubeに日本語字幕を付けてアップロードしておいた動画のいくつかが、これらのリストに含まれていることからすると、朝鮮人民にとっても、これらの番組がおもしろく、内容的で新鮮であったということなのかもしれない。

    12位の「戦勝のエピソードを・・・」は、いずれかの「偉人」の話だと思うが、「朝鮮中央TV」で放送された番組ではないようで、韓国・統一部のDBやuriminzokkiriに収録されている動画の中にはない。

    20160816 망TV다매체열람기 《만방》mp4_000372826
    Source: KCTV, 2016/08/16

    「映画」というページを見ると、赤「朝鮮記録映画」(「偉大な首領様達と敬愛する元帥様が、祖国と革命、時代と歴史の前に不滅の貢献をされた不滅のエピソードが収録されている」)、緑「朝鮮記録映画」(「祖国の誇らしい姿を歴史的に記録したもの」)、紫「テレビ劇」、黄色「外国映画」、青「朝鮮芸術映画」、水色「児童映画」、紫「外国漫画映画」となっている。「外国漫画映画」は、「朝鮮中央TV」では放送されていないので、「リョンナム山TV」の番組だと思われる。
    20160816 망TV다매체열람기 《만방》mp4_000420000
    Source: KCTV, 2016/08/16

    「元帥様」が「ムンス・ウォターパーク」を指導した「記録映画」は、緑の「朝鮮記録映画」に分類されている。「朝鮮中央TV」のウォーターマークがあるべき位置に「マンバン」マークが入っているので、放送された番組をそのまま収録してはいないないようだ。
    20160816 망TV다매체열람기 《만방》mp4_000463776
    Source: KCTV, 2016/08/16

    その他の項目として、

    「科学」:「科学映画」、「特集」、「常識」、「科学技術常識」、「科学技術短信」、「外国語学習(英語)」、「外国語学習(ロシア語)」がある。「科学技術短信」以下は、「朝鮮中央TV」の番組ではない。また、外国語学習でこの他の語種が準備されているのかは分からないが、英語の次にロシア語が来ているのは、歴史的な経緯なのか、なんともおもしろい。
    20160816 망TV다매체열람기 《만방》mp4_000473876
    Source: KCTV, 2016/08/16

    「体育」:「サッカー」、「バレーボール」、「バレーボール」、「テニス」、「卓球」、「その他」、「特集」、「常識」となっている。「バレーボール」が意外だった。
    20160816 망TV다매체열람기 《만방》mp4_000477432
    Source: KCTV, 2016/08/16

    「芸術公演」:「文芸物」、「画面音楽」、「公演」、「サーカス」、「画面伴奏音楽(カラオケ)」。
    20160816 망TV다매체열람기 《만방》mp4_000482083
    Source: KCTV, 2016/08/16

    「特集、常識」:「軍事」、「歴史」、「世界旅行」、「動物の世界」、「料理」、「その他」。「世界旅行」などは、朝鮮人民にとっては、興味深い内容なのだろう。「ディスカバリーチャンネル」か何かの映像を使っているんだろうか。「朝鮮中央TV」で放送される、「動物の世界」系の番組では、「アニマルプラネット」らしき映像がしばしば見られる。
    20160816 망TV다매체열람기 《만방》mp4_000487550
    Source: KCTV, 2016/08/16

    「マンバン閲覧機」では、番組を検索することもできる。分類別検索、ワード検索ができるという。
    20160816 망TV다매체열람기 《만방》mp4_000498663
    Source: KCTV, 2016/08/16

    話には聞いていたが、韓国のキーボードとキー配列が異なる。下はWindowsに標準添付されている韓国語IMEのキーボード。
    20160817 rokeky

    取材陣は、「サーバーから遠く離れたところでも、テレビは見ることができるのか」と質問をする。所長は、「遠くの視聴者に会えば分かる」と応じ、取材陣は、新義州(「マンバン閲覧機の需要が特に高い」とナレーション)などを訪問する。

    「平安北道情報通信局」の奉仕員は、「新義州には、マンバン閲覧機を使っている視聴者が数百人もいる。日々、その数はだんだん増えている」と述べたとナレーション。「数百人」という数をどう考えるべきかということはあるが、これから少しずつ増えるのだろう。いずれにせよ、ADSL回線と液晶テレビが普及しない限り、「マンバン閲覧機」は使えない。
    20160816 망TV다매체열람기 《만방》mp4_000601387
    Source: KCTV, 2016/08/16

    「マンバン閲覧機」の外箱。アンテナに関す紹介はなかったが、ただの飾りなのだろうか。
    20160816 망TV다매체열람기 《만방》mp4_000616930
    Source: KCTV, 2016/08/16

    と、見ていたら、閲覧機の背面にはアナログ出力端子も出ている。アナログテレビで見られるのだろうか。背面の端子配列は、デジアナコンバータと非常に似ている。同じ筐体を使っているのかもしれない。
    20160816 망TV다매체열람기 《만방》mp4_000623730
    Source: KCTV, 2016/08/16

    取材陣は、「マンバン閲覧機」が設置されたサリウォン市や平壌市の家庭を訪問してインタビューするが、市民は、口を揃えたように「見過ごした番組をいつでも見られるようになった」と評価している。北朝鮮では、ビデオテープレコーダーの普及はなく、中国をはじめとした途上国がそうであったようにVCDが普及したものと思われる。現在は、それがDVDとなっているはずであるが、いずれにせよ「録画」ということはできなかったはずだ。

    90年代初め、企業調査のためにCDVプレーヤーを作る中国にある日系大手電機メーカーを調査したことがある。中国の工場では、ビデオレコーダーの製造は少なく、CDVプレーヤーが主力製品とのことであったが、その理由を「中国のテレビ番組には、録画してみるほどのものがないので、中国人のビデオレコーダーに対する需要は低い」と言っていた。日本の場合、複数のチャンネルで1日中色々な番組を放送しているので、留守録や裏録のためにビデオレコーダーを購入する人がたくさんいたが、中国ではその必要がないので、ビデオレコーダーは売れず、その代わりに大量に流通しているCDVを見るためにCDVプレーヤーが売れていたという話である。

    北朝鮮の場合、「モラン本楽団公演」や「朝鮮芸術映画」など、官営放送で放送された番組はCDVやDVDとして流通している。羅先のDVDショップには、この他に中国やロシアの古い映画のDVDなども置かれていた。選択の余地が少ない朝鮮人民にとっては、こうしたDVDやCDVか、放送中のテレビ番組しかなかったということになる。したがって、日本人がビデオレコーダーで実現したような、留守録や裏録と同様の機能を持つ「マンバン閲覧機」の人気が出る理由は分かる。

    見たいような番組がなくても、それしか見られないのが朝鮮人民であるが、それでも上の「人気番組ランキング」で見たように、日本人の私が見てもおもしろい(もちろん、観点は異なるが)と思うような、番組が最近、増えてきている。

    「元帥様」がおもしろい番組をたくさん制作させれば、人民は喜ぶであろうが、「元帥様」に心配の種があるとすれば、「マンバン閲覧機」の普及により、朝鮮人民が赤いスクリーンで始まる「偉人」系の番組をスキップしてしまう可能性である。このあたり、しっかりとサーバーで記録を取っていて、「偉人」系番組を見ない不心得者からは、「マンバン閲覧機」を没収してしまうのかもしれない。

    現段階では、「マンバン閲覧機」を使ってテレビを楽しめる階層はごく一部のエリート層であろうが、新義州の「奉仕員」が言っているように、徐々に増加していくのであろう。北朝鮮では、ケーブルを使った「第2放送」が普及しているので、このインフラを活用すれば、ADSLではなく光ケーブルでの配信もできるのではないかと考えてしまう。

    放送からuriminzokkiriに動画が掲載されるまでに時間が短縮され(早い場合は、数時間後)、動画の質が向上しているのも「マンバン閲覧機」と無関係ではなかろう。「マンバン閲覧機」は、andoroid端末のはずなので、WindowsのPCでも同じことができるはずである。「マンバン閲覧機」よりもネットに接続されたPCは多いはずなので、PCで使えるアプリケーションも存在するのか、あるいは開発中なのであろう。

    番組の終わりの方で、アンテナから電波が出ているような場面があるが、ケーブルで接続することなく、ワイアレスで映像と音声を送信できるのであれば、古いアナログテレビも使えて、なかなか凄いのかもしれないが。
    20160816 망TV다매체열람기 《만방》mp4_000961617
    Source: KCTV, 2016/08/16

    「朝米対決戦の歴史を振り返る 板門店ポプラの木事件 (조미대결전의 력사를 돌이켜본다)」 :8月18日に発生した「ポプラの木事件」に関する北朝鮮の説明 (2016年8月18日 「朝鮮中央TV」)

    18日、「朝鮮中央TV」で、1976年8月18日に板門店で発生した「ポプラの木事件」を振り返る番組を放送した。

    韓国側から板門店は、もう何回も訪れているが、毎回、ブリーフィングルームでこの事件について聞かされている。だんだんブリーフィングの内容は簡素化され、昨年行ったときは、短い映画を見せられただけだった。80年代初めにはじめて行ったときは、米兵が力を込めて長々と説明した。

    北朝鮮側から板門店に行ったときは、この事件に関する説明はなかったと思う。休戦協定が調印された建物では、色々と話があったが、当時、いかに米国が「惨敗」したのかという内容だけだったと思う。

    今回の放送は、2014年8月18日の初回放送以来7回目(韓国・統一部DB)であるが、なぜか、過去の放送にはあまり注目していなかった。単に見落としていたのかもしれない。

    例よって、「米帝が膝を屈して」終わった事件ということになっているが、それはそれで興味深い。日本語字幕を付けてアップロードしておいた。

    Source: KCTV, 2016/08/18

    「科学映画 減水剤 (과학영화 감수제)」:減水剤を紹介する「科学映画」 (2016年8月16日 「朝鮮中央TV」)

    16日、「朝鮮中央TV」で放送された「科学映画」。これまでも、静止画を使いながら「科学映画」は何点か紹介したことがあるが、今回は2015年に製作された比較的新しいものである。BGMも「モラン本楽団」の演奏を使っている。減水剤なるもの、全く知らなかったが、映画で使われる語彙を調べているうちに、日本でも一般的に使われていることが分かった。コンクリートの世界も奥が深い。

    日本語字幕付き。

    Source: KCTV, 2016/08/16

    「昔話おじいさん」:2つの昔話、その2「吸い殻を逮捕した憲兵隊長」 (2016年8月15日 「朝鮮中央TV」)

    15日、「朝鮮中央TV」の「児童放送時間」帯で放送された「昔話おじいさん」。「祖国解放記念日」にちなんで、「遊撃隊」と日本の憲兵隊の話を紹介している。

    日本語字幕付き。

    Source: KCTV, 2016/8/15

    北朝鮮 「 だれと『和解』し、なにを『治癒』するのか」:uriminzokkiri 「和解、癒やし財団」に反発、日本語オリジナル字幕付き動画 (2016年8月18日 「uriminzokkiri」)

    18日、uriminzokkiriに掲載された動画。少し前に朝鮮語だけのバージョンを公開していたが、オリジナル日本語字幕を付けたバージョンを出してきた。朝鮮語の原文にできるだけ忠実な字幕を付けてアップロードしておいた。オリジナル字幕と比べてみると、北朝鮮の担当者がうまく翻訳できなかったのか、敢えて翻訳しなかったのかは不明ながら、キーワードとなるような語彙が外されているところがおもしろい。


    Source: uriminzokkiri, 2016/08/18

    「20時報道」:崔龍海国家体育指導委員会委員長帰国、副委員長は盧斗哲 (2016年8月17日 「朝鮮中央TV」)

    16日、「朝鮮中央TV」の「20時報道」で、崔龍海国家体育指導委員会委員長一行が帰国したと報じた。平壌国際空港では、盧斗哲同委員会副委員長など関係者、ブラジル臨時代理大使、ロシア大使、中国特命全権大使、キューバ大使が出迎えた。ブラジル大使は分かるが、その他の国の大使が出迎えたのはなぜだろうか。

    20160816kctv1asf_018122929.jpg
    Source: KCTV, 2016/08/16

    「豊かな売り場、溢れる喜び-普通門通り肉商店を訪ねて-」:バナナ (2016年8月17日 「朝鮮中央TV」)

    17日、「朝鮮中央TV」で「普通門通り肉商店」を紹介する番組が放送された。内容的には、これまで紹介してきた新しい商店とあまり変わりはないが、一つだけ、目に付いたことがある。

    20160816 풍성한 매대, 넘치는 기쁨mp4_000025315
    Source: KCTV, 2016/08/16

    果物売り場の様子であるが、これを見てあっと思った。日本のスーパーの果物売り場と比べると、商品の量や種類は少ないが、それでも、今まで北朝鮮の商店では目にしなかったものが置かれている。バナナである。北朝鮮が配信した過去の動画をくまなく確認はしていないが、恐らく、これほど大量のバナナが写るのは初めてだと思う。
    20160816 풍성한 매대, 넘치는 기쁨mp4_000120994
    Source: KCTV, 2016/08/16

    たかがバナナで騒ぐこともないと思うかもしれないが、バナナは北朝鮮では生産できない(植物園のような所で観賞用として育てられている可能性はある)。つまり、100%輸入に依存しなければならない果物であるが、ただでさえ外貨が不足しているのに、バナナを輸入するなど、贅沢極まりない。

    これは、北朝鮮だけの話ではない。私が子供の頃(つまり、$1=\360の時代)、バナナは高級品だった。母親がたまにバナナを買ってきてくれ食べてはいたが、あまりにも美味しいので、2本食べたらとても叱られた記憶がある。私は、北朝鮮風に言えば、「平凡な労働者の家庭」で育ったが、そのような家庭では、バナナは大切に食べるものであった。

    80年代中頃に韓国に行き、3年ほど過ごしたが、その頃、日本ではバナナは一房100円、何本食べても誰にも叱られないような値段で売られていた。ところが、当時の韓国では、バナナは、ちょうど私が子供の頃の日本のような扱いであった。市場では、バナナは1本ずつ売られ、1本500ウォンであった。当時、500ウォンあれば、中華料理屋でジャジャン麺を食べることができたので、バナナがいかに高かったのか分かるであろう。そんなこともあり、日本から韓国に戻るときのお土産には、大きなバナナの房を持って行った。今考えれば、なぜ、植物検疫に引っかからなかったのか不思議であるが、隠すこともせず、税関検査(当時はとても厳しかった)で調べられても、フリーパスであった。

    話を北朝鮮に戻すと、極端に外貨が不足している北朝鮮では、バナナは超高級品であることは間違いない。下の写真にあるように、売り場には大量のリンゴが置かれているが、これらは北朝鮮産のリンゴのはずなので、それは理解できる。
    20160816 풍성한 매대, 넘치는 기쁨mp4_000197215
    Source: KCTV, 2016/08/16

    バナナが置かれている場所もそうであるが、やはり番組ではバナナを視聴者に見せたかったのであろう。

    売り場を整理する奉仕員。
    20160816 풍성한 매대, 넘치는 기쁨mp4_000680966
    Source: KCTV, 2016/08/16

    バナナの大きな房を買い物かごに入れて歩く「戦争老兵」夫婦。通常、こんなにたくさんのバナナを買う必要はないので、明らかに演出である。
    20160816 풍성한 매대, 넘치는 기쁨mp4_000640726
    Source: KCTV, 2016/08/16

    なぜ今回、これほど大量のバナナを並べたのか分からないが、少しずつ輸入を始めたのだろうか。

    体操・跳馬男子で北朝鮮の李セグァンが金メダル:北朝鮮、2つ目の金、日章旗にボカシ、動画使用権 (2016年8月15日 「Rio 2016」)

    <追記3>
    uriminzokkiriが、このテレビ番組の動画をYouTubeにアップロードした。「朝鮮中央TV」が動画の使用権についてどのような契約を結んでいるのか分からないが、オリンピック委員会の方からクレームが付いて削除される可能性がある。uriminzokkiriサイト上だけならまだしも、YouTubeに出したのはまずいのではないだろうか。

    動画のurlは以下。
    https://www.youtube.com/watch?v=jIIB1LcM9Zk

    <追記2>
    uriminzokkiriに高画質の動画が掲載されていた。リオデジャネイロ・オリンピック競技の動画をuriminzokkiriが掲載するのは、この競技が初めてである。過去記事にした、リム・ジョンシムが重量挙げで金メダルを獲得した競技は掲載していない。

    「朝鮮中央TV」のストリーミング動画でも気になっていたのだが、スタンドの一部にボカシがかけられている。上記の高画質動画で確認したが、やはりボカシがある。

    ウクライナ選手の顔前方、手すりの辺りにボカシがかけてある。
    20160816 제31차 올림픽경기대회mp4_000271205
    Source: KCTV, 2016/08/16

    韓国応援団が掲げた太極旗かと思い、同競技の様子を紹介した別の動画で確認したところ、ボカシは日章旗にかけられていた。選手は違うが、オリンピックマークや手すりの位置からして場所は上の写真と同一である。
    20160817 jpn flan erased
    Source: gorin,jp, http://www.gorin.jp/video/5083837519001.html、(筆者が関連部分を切り出し)

    太極旗なら毎度のことであるが、同じ競技に日本選手が参加しており、しかも表彰式では共和国旗の横に日章旗が大きく写る(こちらにはボカシは入れられていない)のに、この部分だけにボカシを入れた理由が分からない。
    20160816 제31차 올림픽경기대회mp4_001590826
    Source: KCTV, 2016/08/16

    スポーツ競技の動画に写った国旗にボカシを入れるなどという偏狭なことはすべきではない。

    <追記>
    16日夜(日本時間)、「朝鮮中央TV」で李セグァン選手が出場した競技の録画放送があった。競技は、他の試合同様、動きや得点についての解説だけであったが、表彰シーンで北朝鮮らしいコメントがあった。解説者ではなく、女性アナウンサーが言っている。

    「平素磨いてきた主体的な競技戦法を今回の競技でも再び力強く発揮することで、オリンピック優勝者となった李セグァン選手です」
    「我が党が抱かせた不屈の精神力と高い技術を残すところなく発揮し昨年に引き続き、再び勝利の金メダルを獲得した2つの世界選手権保持者であり、オリンピック金メダル受賞者である人民体育人、李セグァン選手」
    「李セグァン選手が達成した誇らしい成果は、朝鮮労働党第7回帯が開催された意義深い今年を、勝利者の年として輝かせるための忠情の200日戦闘で万里馬速度創造の炎を力強く燃やしている全国の千万軍民に大きな喜びを抱かせています。」

    「愛国歌」を歌う李セグァン選手。「4.25体育団」と解説者が言っていたはずなので、軍人である。
    20160816kctv1asf_022279129.png
    Source: KCTV, 2016/08/16

    ***************************************
    15日午後(ブラジル時間)で開催された、体操跳馬男子で北朝鮮の李セグァンが北朝鮮としては2つ目の金メダルを獲得した。銅メダルは、日本の白井健三。

    メダル獲得数で18位(2016/08/16 0940JST現在)。

    CNO-PRK.jpg

    「昔話おじいさん」:2つの昔話、その1「青蛙」 (2016年5月22日 「朝鮮中央TV」)

    「朝鮮中央TV」の「児童放送時間」に放送される紙芝居風昔話番組。2016年5月22日に放送された「青蛙」は、南北朝鮮共通の昔話。細かい点が異なるいくつかのバージョンはあるが、基本的なコンセプトは同じ。

    「青蛙」。日本語字幕付き。

    Source: KCTV, 2016/05/22

    「人民に好まれる清涼飲料になるまで (인민들의 호평을 받는 청량음료로 되기까지)」:「大同江ビール工場」取材番組 (2016年8月15日 「朝鮮中央TV」)

    15日、「朝鮮中央TV」で「大同江ビール工場」を取材した番組を放送した。「大同江ビール」については、この番組を見ると、「将軍様」の功績がやはり大きかったことが分かる。「元帥様」は、「原料輸送対策」をしたり、商標に関する「指導」をした程度で、同ビール工場にはあまり貢献していない。

    それにしても、北朝鮮ではビールを「清涼飲料」と呼んでいるところがおもしろい。「uriminzokkiri 朝鮮語大辞典」で調べたところ、次のように書かれていた

    *********
    清涼飲料
    청량음료

    品詞:(名)
    품사: [명]

    味がすっきりしていて、爽快な気分にさせる(サイダー、フルーツジュース、ミネラルウォーター、炭酸水、加工乳ジュース、ビールのようなもの)を総称する言葉。
    맛이 시원하고 상쾌한 기분이 나게 하는 《사이다, 과일단물, 약수, 탄산수, 신젖단물, 맥주 같은것》을 통털어 이르는 말.
    ***********

    と書かれている。

    韓国の「NAVER国語辞典」には、

    **************
    (名詞)二酸化炭素が入っており、味がさっぱりしており、すっきりした飲料を通称する言葉。サイダー、コーラなどがある。
    [명사] 이산화 탄소가 들어 있어 맛이 산뜻하고 시원한 음료를 통틀어 이르는 말. 사이다, 콜라 따위가 있다.
    *************

    と書かれている。実態としては、「清涼飲料」は日本同様、アルコールが含まれない飲料を指している感じがする。

    同番組に日本語字幕を付けてアップロードしておいた。

    Source: KCTV, 2016/088/15
    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「朝鮮中央TV」ワッチャー

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「副部長同志」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR