「2016年社会主義憲法」:2012年との比較 「序文」 (2016年9月30日)

    久しぶりに「ネナラ」を見たら、2016年憲法がアップロードされていた。今日は、「序文」を比較してみた。

    2016社会主義憲法=黒字
    2012社会主義憲法=青字
    変更点(場合によっては変更前)=赤字

    서 문

    조선민주주의인민공화국은 위대한 김일성동지와 김정일동지의 사상과 령도를 구현한 주체의 사회주의조국이다.
    조선민주주의인민공화국은 위대한 수령 김일성동지와 위대한 령도자 김정일동지의 사상과 령도를 구현한 주체의 사회주의조국이다.

    変更点:
    「首領金日成同志」が「金日成同志」に、「首領」を削除
    「偉大な領導者金正日同志」が「金正日同志」に、「偉大な領導者」を削除

    위대한 김일성동지는 조선민주주의인민공화국의 창건자이시며 사회주의조선의 시조이시다.
    위대한 수령 김일성동지는 조선민주주의인민공화국의 창건자이시며 사회주의조선의 시조이시다.

    変更点:
    「偉大な首領金日成同志」が、「偉大な金日成同志」に、「首領」を削除

    김일성동지께서는 영생불멸의 주체사상을 창시하시고 그 기치밑에 항일혁명투쟁을 조직령도하시여 영광스러운 혁명전통을 마련하시고 조국광복의 력사적위업을 이룩하시였으며 정치, 경제, 문화, 군사분야에서 자주독립국가건설의 튼튼한 토대를 닦은데 기초하여 조선민주주의인민공화국을 창건하시였다.
    김일성동지께서는 영생불멸의 주체사상을 창시하시고 그 기치밑에 항일혁명투쟁을 조직령도하시여 영광스러운 혁명전통을 마련하시고 조국광복의 력사적위업을 이룩하시였으며 정치, 경제, 문화, 군사분야에서 자주독립국가건설의 튼튼한 토대를 닦은데 기초하여 조선민주주의인민공화국을 창건하시였다.

    変更なし

    김일성동지께서는 주체적인 혁명로선을 내놓으시고 여러 단계의 사회혁명과 건설사업을 현명하게 령도하시여 공화국을 인민대중중심의 사회주의나라로, 자주, 자립, 자위의 사회주의국가로 강화발전시키시였다.
    김일성동지께서는 주체적인 혁명로선을 내놓으시고 여러 단계의 사회혁명과 건설사업을 현명하게 령도하시여 공화국을 인민대중중심의 사회주의나라로, 자주, 자립, 자위의 사회주의국가로 강화발전시키시였다.

    変更なし

    김일성동지께서는 국가건설과 국가활동의 근본원칙을 밝히시고 가장 우월한 국가사회제도와 정치방식, 사회관리체계와 관리방법을 확립하시였으며 사회주의조국의 부강번영과 주체혁명위업의 계승완성을 위한 확고한 토대를 마련하시였다.
    김일성동지께서는 국가건설과 국가활동의 근본원칙을 밝히시고 가장 우월한 국가사회제도와 정치방식, 사회관리체계와 관리방법을 확립하시였으며 사회주의조국의 부강번영과 주체혁명위업의 계승완성을 위한 확고한 토대를 마련하시였다.

    変更なし

    위대한 김정일동지는 김일성동지의 사상과 위업을 받들어 우리 공화국을 김일성동지의 국가로 강화발전시키시고 민족의 존엄과 국력을 최상의 경지에 올려세우신 절세의 애국자, 사회주의조선의 수호자이시다.
    위대한 령도자 김정일동지는 김일성동지의 사상과 위업을 받들어 우리 공화국을 김일성동지의 국가로 강화발전시키시고 민족의 존엄과 국력을 최상의 경지에 올려세우신 절세의 애국자, 사회주의조선의 수호자이시다.

    変更点:
    「偉大な領導者金正日同志」が、「偉大な金正日同志」に、「領導者」を削除

    김정일동지께서는 김일성동지께서 창시하신 영생불멸의 주체사상, 선군사상을 전면적으로 심화발전시키시고 자주시대의 지도사상으로 빛내이시였으며 주체의 혁명전통을 견결히 옹호고수하시고 순결하게 계승발전시키시여 조선혁명의 명맥을 굳건히 이어놓으시였다.
    김정일동지께서는 김일성동지께서 창시하신 영생불멸의 주체사상, 선군사상을 전면적으로 심화발전시키시고 자주시대의 지도사상으로 빛내이시였으며 주체의 혁명전통을 견결히 옹호고수하시고 순결하게 계승발전시키시여 조선혁명의 명맥을 굳건히 이어놓으시였다.

    変更なし

    김정일동지께서는 세계사회주의체계의 붕괴와 제국주의련합세력의 악랄한 반공화국압살공세속에서 선군정치로 김일성동지의 고귀한 유산인 사회주의전취물을 영예롭게 수호하시고 우리 조국을 불패의 정치사상강국, 핵보유국, 무적의 군사강국으로 전변시키시였으며 사회주의강국건설의 휘황한 대통로를 열어놓으시였다.
    김정일동지께서는 세계사회주의체계의 붕괴와 제국주의련합세력의 악랄한 반공화국압살공세속에서 선군정치로 김일성동지의 고귀한 유산인 사회주의전취물을 영예롭게 수호하시고 우리 조국을 불패의 정치사상강국, 핵보유국, 무적의 군사강국으로 전변시키시였으며 강성국가건설의 휘황한 대통로를 열어놓으시였다.

    変更点:
    2016年憲法では「社会主義強盛国家」と「社会主義」を追加。

    김일성동지와 김정일동지께서는 《이민위천》을 좌우명으로 삼으시여 언제나 인민들과 함께 계시고 인민을 위하여 한평생을 바치시였으며 숭고한 인덕정치로 인민들을 보살피시고 이끄시여 온 사회를 일심단결된 하나의 대가정으로 전변시키시였다.
    김일성동지와 김정일동지께서는 《이민위천》을 좌우명으로 삼으시여 언제나 인민들과 함께 계시고 인민을 위하여 한평생을 바치시였으며 숭고한 인덕정치로 인민들을 보살피시고 이끄시여 온 사회를 일심단결된 하나의 대가정으로 전변시키시였다.

    変更なし

    위대한 김일성동지와 김정일동지는 민족의 태양이시며 조국통일의 구성이시다.
    위대한 수령 김일성동지와 위대한 령도자 김정일동지는 민족의 태양이시며 조국통일의 구성이시다.


    変更点:
    「偉大な首領金日成同志」を「金日成同志」へと「偉大な首領」を削除
    「偉大な領導者金正日同志」を「金正日同志」へと「偉大な領導者」を削除

    김일성동지와 김정일동지께서는 나라의 통일을 민족지상의 과업으로 내세우시고 그 실현을 위하여 온갖 로고와 심혈을 다 바치시였다.
    김일성동지와 김정일동지께서는 나라의 통일을 민족지상의 과업으로 내세우시고 그 실현을 위하여 온갖 로고와 심혈을 다 바치시였다.

    変更なし

    김일성동지와 김정일동지께서는 공화국을 조국통일의 강유력한 보루로 다지시는 한편 조국통일의 근본원칙과 방도를 제시하시고 조국통일운동을 전민족적인 운동으로 발전시키시여 온 민족의 단합된 힘으로 조국통일위업을 성취하기 위한 길을 열어놓으시였다.
    김일성동지와 김정일동지께서는 공화국을 조국통일의 강유력한 보루로 다지시는 한편 조국통일의 근본원칙과 방도를 제시하시고 조국통일운동을 전민족적인 운동으로 발전시키시여 온 민족의 단합된 힘으로 조국통일위업을 성취하기 위한 길을 열어놓으시였다.

    変更なし

    위대한 김일성동지와 김정일동지께서는 조선민주주의인민공화국의 대외정책의 기본리념을 밝히시고 그에 기초하여 나라의 대외관계를 확대발전시키시였으며 공화국의 국제적권위를 높이 떨치게 하시였다.
    위대한 수령 김일성동지와 위대한 령도자 김정일동지께서는 조선민주주의인민공화국의 대외정책의 기본리념을 밝히시고 그에 기초하여 나라의 대외관계를 확대발전시키시였으며 공화국의 국제적권위를 높이 떨치게 하시였다.

    変更点:
    「偉大な首領金日成同志」を「偉大な金日成同志」に
    「偉大な領導者金正日同志」を「金正日同志」に

    김일성동지와 김정일동지는 세계정치의 원로로서 자주의 새 시대를 개척하시고 사회주의운동과 쁠럭불가담운동의 강화발전을 위하여, 세계평화와 인민들사이의 친선을 위하여 정력적으로 활동하시였으며 인류의 자주위업에 불멸의 공헌을 하시였다.
    김일성동지와 김정일동지는 세계정치의 원로로서 자주의 새 시대를 개척하시고 사회주의운동과 쁠럭불가담운동의 강화발전을 위하여, 세계평화와 인민들사이의 친선을 위하여 정력적으로 활동하시였으며 인류의 자주위업에 불멸의 공헌을 하시였다.

    変更なし

    김일성동지와 김정일동지는 사상리론과 령도예술의 천재이시고 백전백승의 강철의 령장이시였으며 위대한 혁명가, 정치가이시고 위대한 인간이시였다.
    김일성동지와 김정일동지는 사상리론과 령도예술의 천재이시고 백전백승의 강철의 령장이시였으며 위대한 혁명가, 정치가이시고 위대한 인간이시였다.

    変更なし

    김일성동지와 김정일동지의 위대한 사상과 령도업적은 조선혁명의 만년재보이고 조선민주주의인민공화국의 륭성번영을 위한 기본담보이며 김일성동지와 김정일동지께서 생전의 모습으로 계시는 금수산태양궁전은 수령영생의 대기념비이며 전체 조선민족의 존엄의 상징이고 영원한 성지이다.
    김일성동지와 김정일동지의 위대한 사상과 령도업적은 조선혁명의 만년재보이 조선민주주의인민공화국의 륭성번영을 위한 기본담보이다.

    変更点:
    2016年:金日成同志と金正日同志の偉大な思想と領導業績は、朝鮮革命の万年財宝であって、朝鮮民主主義人民共和国の隆盛繁栄のための基本保証であり、金日成同志と金正日同志が生前の姿でいらっしゃる錦繍山太陽宮殿は、首領永世の大記念碑であり、朝鮮民族全ての尊厳の象徴であって、永遠の聖地である。
    2012年:金日成同志と金正日同志の偉大な思想と領導業績は、朝鮮革命の万年財宝であるのと同時に、朝鮮民主主義人民共和国の隆盛繁栄のための基本保証である。

    2016年では、「首領様」と「将軍様」の遺体が冷凍保存されている「錦繍山太陽宮殿」は、「朝鮮民族の尊厳の象徴」「聖地」であると文を追加している。「首領様」と「将軍様」を「生前の姿」であれ亡き人とし、彼らを冷凍保存している「聖地」を改築した「元帥様」を暗に称賛している。

    조선민주주의인민공화국과 조선인민은 위대한 김일성동지와 김정일동지를 주체조선의 영원한 수령으로 높이 모시고 조선로동당의 령도밑에 김일성동지와 김정일동지의 사상과 업적을 옹호고수하고 계승발전시켜 주체혁명위업을 끝까지 완성하여나갈것이다.
    조선민주주의인민공화국과 조선인민은 조선로동당의 령도밑에 위대한 수령 김일성동지를 공화국의 영원한 주석으로, 위대한 령도자 김정일동지를 공화국의 영원한 국방위원회 위원장으로 높이 모시며 김일성동지와 김정일동지의 사상과 업적을 옹호고수하고 계승발전시켜 주체혁명위업을 끝까지 완성하여나갈것이다.

    2016年憲法:朝鮮民主主義人民共和国と朝鮮人民は、偉大な金日成同志と金正日同志を主体朝鮮の永遠なる首領として高く頂き、朝鮮労働党の領導の下に金日成同志と金正日同志の思想と業績を擁護固守して、継承発展させ、主体革命偉業を最後まで完成させていく。

    2012年憲法:朝鮮民主主義人民共和国と朝鮮人民は、朝鮮労働党の領導の下に、偉大な首領金日成同志を共和国の永遠なる主席として、偉大な領導者金正日同志を共和国の永遠なる国防委員会委員長として高く頂き、金日成同志と金正日同志の思想と業績を擁護固守して、継承発展させ、主体革命偉業を最後まで完成させていく。

    2012年は、「首領様」と「将軍様」を「永遠なる主席」と「永遠なる国防委員会委員長」分けていたが、2016年では2人を「永遠なる首領」とまとめる。「主席」も「国防委員会委員長」も「永遠」とはいえなくしたので、「首領」としてまとめたのであろう。

    조선민주주의인민공화국 사회주의헌법은 위대한 김일성동지와 김정일동지의 주체적인 국가건설사상과 국가건설업적을 법화한 김일성-김정일헌법이다.
    조선민주주의인민공화국 사회주의헌법은 위대한 수령 김일성동지와 위대한 령도자 김정일동지의 주체적인 국가건설사상과 국가건설업적을 법화한 김일성―김정일헌법이다.

    変更点:
    上記同様、「首領」と「偉大な領導者」の削除

    「第15回全国勤労者歌競演労働者部類独唱種目準決勝戦」:司会者とのやりとりがおもしろい、「의」の発音 (2016年9月25日 「朝鮮中央TV})

    25日、「朝鮮中央TV」で、北朝鮮版「のど自慢」全国大会とも言える「歌競演」番組が放送された。この「歌競演」番組、かなり頻繁に放送されており、あまりまともに見たことはなかったのだが、今回は何となくはじめから終わりまでしっかり見てしまった。「準決勝」ということで、全体的にレベルが高かったからなのかもしれない。

    日本の「のど自慢」系番組と違うのは、演奏者も一緒に登場するというところである。過去記事の被災地における「宣伝活動」でもそうであるように、必ずミニバンドが一緒にいる。「大衆歌謡芸術」という点からも、やはりバンドとワンセットになっていることが重要なのかもしれない。アコーディオンは基本で、それにドラムがいる場合がある。

    中には、司会者とおもしろいやりとりをする出演者もいる。「うどん(국수)屋の販売員ドンム」も出場しているが、この人は、自分の店のうどんは平壌冷麺に負けないと自慢している。

    採点は、5人の審査員が合格か不合格で付け、合格が3人以上であれば、総合合格となり、決勝に進むことができる。動画を見ながら、5点満点で採点し、審査員が出した結果と比べてみるのもおもしろいかもしれない。

    審査員が、最後に講評をしているが、その中で興味深かったのは、「의(=の)」の発音である。この文字、そのまま読めば「ウィ」に近い音になるが、南でも北でも時と場合により「ウィ」と文字通り発音したり、「エ」と文字とは違う音で発音したりしている。歌の中でも「ウィ」と発音させる部分と「エ」と発音させる部分があるようで、出演者は「エ」と発音すべきところを「ウィ」と発音して指摘されていた。この辺り、朝鮮人民にとってもどちらで発音したらよいのか悩ましいところであるようだ。

    歌の歌詞には字幕は付けていないが、話しの部分には字幕を付けておいた。

    Source: KCTV, 2016/09/25

    近々、決勝戦も放送されるのであろうが、うどん屋のおねーちゃんを応援することにした。

    「4.15中央慶祝報告大会参加証」:1986年4月14日、2.8文化会館にて (2016年9月28日)

    こんな物を入手した。紙質と印刷の感じからは、本物のようだが。総連系からの流出ではないだろうか。

    参加証
    20160928sannkashouomote.jpeg

    No._____________________
    ___________________________ 様
    4.15(金日成誕生日)中央慶祝報告大会参加者である
    日付 1986年4月14日   時
    場所 2.8文化会館
    階 席 列 番
    20160928sankashoura.jpeg

    「20時報道より 咸鏡北道北部被害復旧戦線ニュース」:走る人もボーッとしている人も、元気そうな子供も (2016年9月27日 「朝鮮中央TV」)

    27日、「朝鮮中央TV」の「20時報道」で報じられた「咸鏡北道北部被害復旧戦闘」関連のニュース。「被害復旧戦闘」関連ニュースは連日伝えられている。今回は『労働新聞』に掲載された「朝鮮の勝利は科学だ」という「政論」に基づいた報道をしている。この「政論」を読もうと思ったが、結構長いので後回しにした。

    映像的におもしろいのは、「復旧戦闘現場」の様子を映像を早回しすることなく伝えている点である。北朝鮮のこうした様子を伝える映像では、しばしば早回しをして、スコップを動かす人々の動きや荷物を運ぶ人々の動きがやたらと速くなっていることがある。しかし、今回の映像を見ていると、スコップを動かす人も、背景を土砂を運んでいる人も、まあ普通の速度で動いている。中には、本当に走っている人民軍人も写っているので、こうした軍人は本当に「英雄的」なのであろう。一方、ボーッと作業を眺めているだけのように見える人も写っているが、現実的には普通にある話しで、特段さぼっているわけではないのであろう。

    また、「経済扇動活動」の歌を拍子を取りながら聞いている子供の姿も写っている。このような災害が発生したときに、一番脆弱なのは子供たちだが、1人でも元気な子供が見られたので、少し安心した。

    また、ハムフン港で被災地に送るセメントを船積みしている様子も紹介されている。

    日本語字幕付き。

    Source: KCTV, 2016/09/27

    「元山国際親善航空フェスティバル2016開催」:朝鮮初の女性超音速戦闘機飛行士もデモ飛行 (2016年9月26日 「uriminzokkiri」「朝鮮中央TV」)

    <追記>
    27日、「朝鮮中央TV」の「20時報道」でも、同航空ショーの様子を伝える報道があった。内容的にはほぼ同じであるが、一部、uriminzokkiriには収録されていない映像も含まれている。「朝鮮初の超音速戦闘機女性飛行士」も腕時計の針面を内側にして着用しながら、かわいらしい笑顔を見せている。

    日本語字幕付き。

    Source: KCTV, 2016/09/27

    字幕を付けながら思ったのだが、やはり「朝鮮中央TV」の「放送員同志」は、発音がきれいというか、聞きやすい。録音状態の問題もあるのかもしれないが、uriminzokkiriでは、一部聞き取れない語句があり、「など」と書いて誤魔化していた。しかし、ほぼ同じ内容をほぼ同じ速度でアナウンスしている「朝鮮中央TV」の「放送員同志」のアナウンスは、さらっと聞き流すだけで聞き取ることができた。
    *******************

    26日、「uriminzokkiri」に「元山国際親善航空フェスティバル2016」の様子を紹介する動画が掲載された。各種戦闘機の近くで写真撮影が認められ、朝鮮初の女性超音速戦闘機飛行士のデモ飛行もあったと。「元帥様」のように女性飛行士とのツーショット写真撮影が許可されたのかは不明。「オオタカ1号」と同じ機種(多分)がデモ飛行をやっている。

    日本語字幕付き。

    Source: uriminzokkiri, 2016/09/26

    「朝鮮中央TV」で特集番組が組まれるとよいのだが。

    「自由の女神像」の下の「人権廃墟地帯」 :uriminzokkiriが各国字幕を付けて (2016年9月26日 「uriminzokkiri」)

    26日、日本語オリジナル字幕付きで、米国の人権状況を非難する動画がuriminzokkiriに掲載された。これまで、字幕無しバージョン、中国語バージョン、英語バージョンが出ている。

    オリジナル日本語字幕付き。

    Source: uriminzokkiri, 2016/09/26

    「『20時報道』より、敬愛する金正恩同志が咸鏡北道北部地域人民に恩情に満ちた贈り物を送る」:「党中央委員会」=「元帥様」、セメントを運ぶ「光明」にもボカシ (2016年9月25日 「朝鮮中央TV」)

    25日、「朝鮮中央TV」の「20時報道」で咸鏡北道北部水害関連の報道がいくつかあった。

    まず、やっと「元帥様」が、被災地の住民に「恩情に満ちた贈り物」を送った。贈り物は丁重に包装されていて、中身が何かは分からない。被災地住民は、何もかも失ってしまっただろうから、何でもよいから「贈り物」を送ることはよいことではあるが、心配なのは「元帥様」からの「贈り物」ということで、使わず家宝のように丁重に保管することにならないのかということである。「元帥様」プレミアムが付いて、後日オークションで売れるならまだしも、それもできないはずなので、「元帥様」が正しい選択をしていることを願うしかない。

    「フェリョン市」の下の映像では、中身は軟らかい物で、形状からは、衣料品か寝具のように見える。
    20160925 9월25일 20시 보도mp4_000152569
    Source: KCTV, 2016/09/25

    一方、「ヨンサ郡」では、固そうな物を手渡している。「ハナ電子」のDVDプレーヤーのようにも見えるが、そうだとすると当面被災地では役立ちそうにない。
    20160925 9월25일 20시 보도mp4_000037590
    Source: KCTV, 2016/09/25

    報道では、「贈り物伝達式で討論者」が「敬愛する元帥様が、リョンミョン通り完工の歓喜よりも、被害地域の人民の新しい家ができたという知らせが何千倍も貴重だと仰り、咸鏡北道北部被害地域を200日戦闘の主打撃方向、最前方と決めて下さり、被害地域住民の生活を一日も早く安定させるよう、全ての措置をとって下さった」と発言したと伝えている。「党中央委員会」の「訴え文」の内容であるが、「党中央委員会」=「元帥様」のような感じになっている。

    南浦港から、セメントを積み込んだ船が被災地に向けて出港する様子も伝えている。今回は、「光明」という船舶名をしっかりと見せている。Vassel Finderで調べると、同船は8月26日、中国河北省の唐山港にいた。しかし、今回も船倉の壁に書かれている文字のような部分にボカシが入れてある。スローガンを書くような場所ではないと思うので、見せると都合の悪い「注意書き」でも書かれているのだろうか。

    分かりにくいが、立っている人の足下付近の壁面。
    20160925 9월25일 20시 보도mp4_000610599
    Source: KCTV, 2016/09/25

    「光明」、1990年製、6558トン、一般貨物船 (Vessel Finderのデータ)
    20160925 9월25일 20시 보도mp4_000642034
    Source: KCTV, 2016/09/25

    「北部被害戦闘復旧戦闘場からのニュース」:川沿いの道路は長持ちしなさそう、鉄道橋の復旧はまだ、オンソン郡の被害、船名にボカシ、「人民の声放送」、「元帥様」が「注射器工場」を「現地指導」するも (2016年9月24日 「朝鮮中央TV」)

    24日、「朝鮮中央TV」で、咸鏡北道被災地の様子を伝える番組が放送された。多くの映像は既報のものであるが、拙ブログでの扱いでは、復旧された川沿いの道路、破壊された鉄道橋、オソン郡の被害状況などが新しいだろうか。

    他地域に向かう軍人建設者の支援で川沿いの道路が復旧し、トラックが走っている。災害復旧のための仮設道路ということならばよいが、このような作りでは、洪水が発生しなくても水流による侵食で長持ちしそうにない。

    番組では触れられていないが、鉄道の橋桁が流されて線路がぶら下がっている場面も出る。北朝鮮では、特に物流を鉄道輸送に大きく依存している(はず)なので、こうした橋の復旧も急がなければならないわけだが、当面は、住宅建設に集中しているようである。

    その住宅建設現場として、オソン郡が紹介されている。映像を見ると、5階建てぐらいの住宅が2棟残っているだけで、周囲の平屋住宅は全て流されている。そこを整地しながら、新たな住宅建設に住民や建設軍人が取り組んでいる様子が伝えられている。当面、住民はどこに避難しているかなどについては、例によって一切触れられていないが、青いテントのようなものも写っている。

    日本語字幕付き。

    Source: KCTV, 2016/09/24

    一方、同日の「20時報道」では、ウォンサン港からのセメント積み出し作業が伝えられた。クレーンでセメントを積み込んでいる様子が見られるが、船名にボカシが入れてある。

    黒い文字が上に3文字、下に数文字書かれている。この映像からは判読不能。
    20160924 9월24일 20시 보도mp4_000214654
    Source: KCTV, 2015/09/24

    ところが、文字の部分が大きく映る映像では、ボカシが入っている。船名を隠しているのか、船体に書かれたスローガンを隠しているのかは分からないが、文字の並びからして、上の3文字が船名、下の数文字がスローガンか海運会社名であろう。朝鮮文字よりも画数が多いようにも見えるので、漢字なのかもしれない。だとすると、これは中国の船舶か、北朝鮮が中国から購入したばかりで中国の船舶名などがそのまま残されているものということだと思う。煙突が写っていれば、北朝鮮の国旗が描かれているかどうかである程度判断できるが、その場面は出ない。クレーンの動きからや空の船倉からすると、セメントを積み込んでいるように見えるが、中国から送られてきたセメントを降ろしている可能性もある。
    20160924 9월24일 20시 보도mp4_000225962
    Source: KCTV, 2016/09/24

    24日夜、「人民の声放送」を聞いていた。同放送は、韓国での報道や噂を誇張・脚色して伝えているのだと思うが、今回の水害について「金正恩世襲一味による人災」と言っていた。その報道では、上流のダムを放水する必要が生じ、「被害地域の住民に事前に告知することもなく放水したので被害が大きくなった」、挙げ句の果てには、毎年北朝鮮で発生する水害は、「世襲一味」による「計画的殺人」とさえ言っていた。

    日本のように、河岸整備が比較的しっかりと行われている国でさえ、集中豪雨による水害はしばしば発生しているので、河岸整備がほとんど行われていない北朝鮮では、日本以上に大雨に脆弱であることは間違いない。「核・ミサイルに使う金があるなら、河岸整備に金を使え」という話はあり得るが、日本ですら国防整備に使う金を全て社会福祉事業や国土整備事業に振り向けるわけにはいかないので、「常態的に米帝の核威嚇を受けている」北朝鮮としては、そうもいかないのであろう。「人民の声放送」は、「水害が起こっている最中、莫大な金を使って核弾頭爆発実験を実施した」とも非難していたが、「莫大な金を使って核弾頭爆発実験」の準備が終わったところで、運悪く水害が発生してしまったという順であろう。

    「元帥様」昨日の報道では、白衣を着て「大同江注射器工場」を「現地指導」していた。被災地では衛生状態の悪化による病気も発生しているという国際機関関係者の声を伝える報道もあるので、「大同江注射器工場」で生産された注射器は、被災地でも必要となるのであろうが、「現地指導」で「元帥様」は「被災地に医薬品と共に送れ」などという指示はしていない。

    2016-09-24-01-01.jpg
    Source: 『労働新聞』、「경애하는 김정은동지께서 대동강주사기공장을 현지지도하시였다」、http://www.rodong.rep.kp/ko/index.php?strPageID=SF01_02_02&newsID=2016-09-24-0001_photo

    「国連第71回総会における北朝鮮、李ヨンホ外相演説全文」:朝鮮語から訳出 (2016年9月23日 「国連」)

    23日(NY現地時間)、北朝鮮の李ヨンホ外相が国連第71回総会で演説をした。以下、朝鮮文からの全訳。

    議長、私はまず、尊敬するピーター・トムソン先生が、国連第71回総会議長に選出されたことをお祝いし、本会議が、貴殿の熟達した司会のもとで、立派な成果を挙げるであろうという期待を表明します。

    私は、持続開発目標、我々の世界を変革させている全人類の主導力を主題とする本会議が、全ての国の平和な発展と反映を主導することにおいて、意義のある寄与をすることを希望します。

    議長、平和と安全は国連の永遠の主題です。持続開発も、何よりも平和と安全を前提としています。国連が、持続開発の変革を志向するこの時にも、世界ではテロの強風が吹き荒れ、戦乱による避難民が大量に発生し、世界的な熱戦が減少するのではなく、反対に増加しています。

    その中でも朝鮮半島は、核戦争勃発の危険性まで内包した世界最大の熱戦地点と化しました。人民経済全般を活性化し、国の経済を持続的に発展させる土台を作るための国家経済発展5カ年計画に着手した我が共和国において、何よりも必要なのは平和的環境です。

    国際社会が毎年目標としているように、朝鮮半島情勢がしばしば統制不能な状態に陥るのは、米国が対朝鮮敵対視政策を放棄せず、朝鮮半島とその周辺で侵略戦争演習を繰り返し行っていることに根源があります。今年も3月~4月、8月~9月に米国が南朝鮮で行った大規模合同演習は、その規模において、一つの戦争を行うことができる50万以上の大兵力と、戦略核爆撃機、戦略核潜水艦をはじめとした、戦略兵器が投入された極めて挑発的な大規模軍事行動でした。

    これらの演習の性格において、我が共和国指導部に対する斬首、平壌占領を目標とする精密打撃作戦、特攻隊浸透作戦、上陸作戦、先制核打撃作戦などを基本とする、徹頭徹尾、攻撃的、侵略的な核戦争演習です。

    今、世界の他の場所には、このように規模が膨大が合同軍事演習はありません。このように挑発的で、攻撃的な戦争演習はありません。このように戦争対象が目と鼻の先に接近して、展開される危険千万な侵略演習、露骨な軍事的威嚇はありません。

    朝鮮半島には、平和を保障することができる確固たる制度装置が備えられていません。1950年代に発生した戦争は終わったのではなく、一時停戦している状態、つまり、今日、どちらか一方が再び火遊びを始める場合、宣戦布告を必要としない、交戦状態にあります。それほどに他のどの地域よりも、大規模合同軍事演習のような挑発的な軍事行動が、相手を刺激しやすく、対応を誘発しやすいのです。偶発的な事故によっても衝突が起き、それが拡大し、全面戦となりやすいのです。

    朝鮮半島の周辺国はもちろん、地域内の多くの国と、さらには米国と南朝鮮内部でも、大規模合同軍事演習がもたらす緊張激化に対する憂慮の声が高まっています。

    朝鮮民主主義人民共和国は、米国と南朝鮮当局が、挑発的で侵略的な合同軍事演習を行う度に、必要な自衛的対応措置をとりながらも、衝突と拡大を防止するためのできる努力は全てしてきました。

    朝鮮労働党委員長であられ、朝鮮民主主義人民共和国国務委員長であられる敬愛する金正恩同志は、党第7回大会で、米国が時代錯誤的な対朝鮮敵対視政策を撤回し、停戦協定を平和協定に変え、南朝鮮から侵略軍隊と戦争装備を撤収させることについて言及されました。また、朝鮮半島の平和と統一のために、まず北南軍事当局間の対話と協議が必要であるということについても表明されました。

    しかし、これに対する回答もなく、共和国を狙った大規模合同軍事演習は中断されることなく続いており、その性格はさらに挑発的で、侵略的なものになっています。

    議長、今、国際舞台では、米国を奇手とする帝国主義勢力の横暴な支配と干渉策動により、世界的に公認された国際関係の基本原則が公然と無視されており、帝国主義列強の利害関係により、正義も不正義と問題視されています。国際平和と安全を守護するためにもそうであるし、持続開発を達成するためにも、真正なる国際的正義が必ずや実現されなければなりません。

    国連憲章第1条は、平和の破壊をもたらす国際紛争や状態を平和的方法で、そして正義と国際法の原則に合うように、調停したり解決することを規定しています。しかし今、国連安保理は、朝鮮半島問題を扱うことにおいて、正義と国際法を離れて、米国の強権と専行を国連のオブラートで包むという役割を演じています。

    共和国政府は、国連憲章第34条、第35条に基づき、朝鮮半島における米国の大規模軍事合同演習により、国際平和と安全が危険な直面する事態を国連安保理に何回も提訴しました。今年だけでも3月と8月、2回提訴しましたが、国連安保理は毎回、朝鮮民主主義人民共和国の提訴を無視しました。安保理は一方、共和国が自国の自主権と尊厳、国家の安全を守るために行っている正々堂々たる自衛的措置については問題視しています。

    朝鮮民主主義人民共和国は、1950年代から始まり、世紀を超えて続いてきた、米国の常態的な核威嚇から国家の安全を守るために、できること全てをやった末に、やむを得ず核武装の道を選びました。我々が核武装強化を決定したのは、米国の常態的な核威嚇から、自国を防衛するための正当な自衛的措置です。それにもかかわらず、国連安保理は、つい最近でっち上げた反共和国決議2270号でも、朝鮮民主主義人民共和国の現存の核及び弾道ミサイル活動が、国際平和と安全に対する明確な危険となると断言しました。核及び弾道ロケット活動が、国際平和と安全の危険になるという法律的根拠は、国連憲章にも、いかなる国際法条項にも明示されていません。

    現実的に、我々よりも遙か前にこうした活動を開始した他国が、国連安保理で問題視されたことは一度もありません。それなのに、いかなる根拠と権限で、安保理は我が共和国の核及び弾道ロケット活動を禁止する決議を採択し、そのような根拠と権限があるのならば、なぜ核及び弾道ロケット活動をする他国は問題視しないのかということです。

    これについて我々は国連事務局に公式に質問をしましたが、事務局は4ヶ月経っても回答できずにいます。その回答は明白です。国連安保理は、正義ではなく、拒否権を持っているのか持っていないのかにより、提議の有無が決定されるのです。このような決議にもならない決議をもって、米国は国連加盟国に対してその履行を強要する道徳的資格はなく、国連加盟国は、このような不公正な不正義な決議を履行しなければならない道徳的義務がありません。

    昨週、ベネズエラの美しい島マルガリータでは、第17回非同盟諸国首脳会議が開催されました。会議で採択された最終文献は、ここ数年、、国連安保理は、一部の決議案については過度に早く威嚇的な立場を取ったり、強制的立場を取りながらも、他のケースに関しては、沈黙を守ったり、漫然と対応していることに憂慮を示し、国連憲章に従い、制裁は必ず、国際平和と安全に対する威嚇や侵略行為が存在するときにだけ行わなければならないと指摘しました。

    非同盟諸国首脳は、会議で採択されたマルガリータ宣言で、非同盟会議加盟国に対し、国連憲章と国際法、特に、こうした国の自決権と独立、内政不干渉の原則に則して制定、適用されている一方的な強圧的措置に対する糾弾を表明しました。これは、全国連加盟国の3分の1近くを占めている非同盟諸国の共通の立場、すなわち、国際社会の真正な声なのです。

    国際正義は自然に達成されるものではなく、自主的な国々の力が強いときにだけ実現されます。我々の核武装は、国家路線です。我々と敵対する核保有国が存在する限り、我が国の安全と朝鮮半島の平和は、ただ信頼できる核抑止力によってのみ守ることができます。

    冷戦終結後、4分の1世紀が過ぎつつあるなか、安保感覚がさらに鋭敏になった欧州や、自分の国の門前、自分の上空の周辺に敵対的列強の核兵器がやってくる状況を直接体験したことがない国は、我々がなぜそれほどまでも心血を注ぎながら核抑止力を強化しなければならないのかについて理解が困難かもしれません。

    最近、我々が成功裏に行った核弾頭爆発試験は、我が国の自衛的権利行使を悪辣に妨害する米国をはじめとする敵対勢力の威嚇と制裁騒動に対する実際的な対応措置の一環として、敵共が我々に手を出せば、我々も正面から戦う準備ができているという我が党と人民の超強硬意志の誇示です。

    米国が数日前、B1-Bという戦略爆撃機を朝鮮半島の軍事分解線上空を飛行させ、南朝鮮に着陸させ、我々を再び威嚇したことに対し、我々は絶対に黙っておらず、米国はその代価を想像できないほど、しっかりと払うことになるでしょう。

    米国の度重なる核戦争威嚇から我々の尊厳と生存権を守り、本当の平和を守るための国家核武力の質量的強化措置は、続けられるでしょう。

    議長、本当の国際的正義を実現し、国際平和と安全を守り、国連が設定した持続開発目標を達成するためには、正義の看板の下で不正義がうごめく古い国際秩序を捨て、公正で正義のある新たな国際秩序を打ち立てなければなりません。米国が数十年間、不当に行ってきた反キューバ封鎖は、国際的正義が失われた具体的事例です。我が代表団はこの機会に、米国の強権と専行、一方的な封鎖に対抗し、民族の尊厳と自主権を守り、国際的正義を実現するために闘争しているキューバ政府と人民に全的な支持と連帯を表明します。

    主権国家に対する米国の乱暴な主権干渉により、戦乱と暴力状態に直面したシリアとイラク、リビアのような国と地域、パレスチナ問題などで、国際的正義が一日も早く実現されなければなりません。

    国際刑事裁判所を悪用し、自主的なアフリカ諸国の主権を侵害する米国と西側国家の不純な政治的企てが、阻止されなければなりません。

    人権問題を政治化し、反帝、自主的な国を故意的に悪魔化し、カラー革命の道具として利用している米国と追従勢力による二重基準行為が断固として排撃されなければなりません。

    国連が正義を破るのであれば、誰も国連に期待をしなくなるでしょう。米国が敵対視する国、米国が制度転覆を目標とする国は、例外なく自動的に人権問題を抱いている国として分類されていることが、今日の国連舞台です。朝鮮民主主義人民共和国もその中の一国ですが、それはむしろ、我が共和国がそれほどまでも米国とその追従勢力に反対する自主的な国であることを証明しているだけです。米国は核問題でどうにもならなくなると、人権問題を持ち出してきたように、人権問題でもどうにもならなくなると、また他の問題を持ち出して、我が共和国を抹殺しようという試みを継続することでしょう。しかし米国は絶対に我が人民から彼ら自身が選択した社会主義、人民のための滅私服務の制度を取り上げることはできません。

    議長、共和国政府は、米国により強要されている核戦争の危険を強力な核抑止力により根源的に終息させ、朝鮮半島とアジア、世界の平和と安全を守り、世界の非核化を実現するための闘争を力強く展開します。

    ありがとうございます。

    (パラパラと拍手音)

    695741.jpg
    Source: UN, Democratic People's Republic of Korea H.E. Mr. Ri Yong Ho, Minister for Foreign Affairs 23 September 2016 ,http://www.un.org/apps/news/story.asp?NewsID=55079#.V-aEacc2yUm

    上記ページにある、「朝鮮語音声ファイル」より訳出。

    SDR-dongle V.3+SDRuno と TS-440トランシーバの比較 (2016年9月24日)

    <追記>
    SDR-dongle V.3が故障した。状況は、到着直後から動作しなかった1つめと同じく、短波帯以下の受信が事実上不可能になるという症状。発売元に問い合わせたところ、「千個以上売っているが、そういう症状はない」とのこと。原因は、拙宅のアンテナ設置環境に伴う「静電気」ではないかと言っている。商売気がない、どちらかというと趣味で開発しているような人なので、3つ目を送ってやると言っているが、とにかく、その前に原因を究明して欲しいと、送料こちら持ち(とはいえ、USBメモリほどの重さなので、大した料金ではない)で壊れた2個を送り返して調べてもらうことにした。トランシーバーは壊れていないので、もしかするとSDR-dongleに使われているチップが静電気に弱いのか、保護回路が充分に機能していないのかもしれない。安価で高性能なSDRなので、是非とも問題を解消してもらいたい。


    SDR-dongle V.3とアマチュア無線用トランシーバTS-440と比較してみた。結果は、「あまり変わらない」である。北朝鮮や韓国の電波は強いので当然同じように聞こえるが、少し弱めのクウェートから送信されている Radio Free Afghanistanを聞いても、SDR-dongleの方が若干弱めであるが、聞こえ方という意味ではあまり変わらない。

    ソフトウェアは、SDRunoというフリーウェア(若干の制限付き)を使っているが、このソフトウェアがとてもよくできており、フィルターで帯域を適切に切り替えると、音がとてもよくなる。驚いたのは、「人民の声放送」が、トランシーバよりもクリアに聞こえたことだ。北朝鮮によるジャミングも、ノイズブランカである程度抑制できることが分かった。ノイズブランカは混信除去機能ではないのだが、北朝鮮のジャミング音にノイズのような成分が含まれているので、それを抑制しているのだと思う。

    このソフトウェアの録音機能(写真中央のRecorder)が、また使える。通常の録音では、受信中の放送局の音声しか録音することができないが、この録音機能を使うと一定の帯域内(約650KHz)内にある信号を全て録音している。SDR-dongleとの組み合わせでは、この帯域を拡大できないのが少し残念である(ソフトウェアが意図的に制限を加えているため)。ただし、この録音はSDRunoのレコーダーを使わないと再生できない問題がある。しかし、Windows10のボイスレコーダー(やその他のwav録音ソフト)を使うと、普通のwav音声ファイルを同時録音することができる。写真は、両方を同時録音しているところ。残念なのは、タイマー録音機能がないことであるが、wav録音だけであれば、タイマー録音機能がある録音ソフトもあるので、それで録音できるはずである。

    SDRunoでの受信音をWin10でどのようにすればKG-FAXにリダイレクトできるのかも分かったので(上のボイスレコーダーで音声録音をするのと同じ方法)、まだ試してはいないが、気象ファックスなども見られるはずである。

    TS-440には、IF出力を45MHz帯に変換して取り出し、SDRでバンドスコープとして使えるようにもしたのだが、これは、あまり使えなかった。アマチュア無線用として、あるバンドの帯域内をモニターするにはよいのだろうが、ラジオ受信では表示される周波数も実際とは異なるので(実際の周波数+45MHz)、分かりにくい。

    ということで、TS-440は再び押し入れ行きになりそうだ。そのスペースには、ちょうどアンテナチューナーが置けそうなので、これを確かめてみようと思っている。アマチュア無線用なので、ラジオの周波数帯での効用は試してみないと分からないが、追ってレポートすることにする。駄目でも、アンテナ切り替えができるので、V/UHF用のディスコーンとの切り替えには便利だと思う。

    メーカーの回し者ではないが、20ドルのSDR-dongle V.3はとても使える。

    今、中国国際放送の日本語放送が終わり、再び「朝鮮中央放送」が聞こえてきた。「モランボン楽団」の歌もトランシーバーより音がよい。

    sdr22.jpg

    「敬愛する金正恩同志が核弾頭爆発実験成功に寄与した成員と共に記念写真を撮られた」:2週間近く過ぎてやっと記念写真、「元帥様」の直接的なコミットメント表現依然として無し (2016年9月22日 「労働新聞」)

    22日、『労働新聞』に「元帥様」が「核弾頭爆発実験成功に寄与した」人々と「記念写真」を撮影したと報じた。撮影日に関する記述はないが、9日の実験から13日後の報道。撮影に際して「元帥様」の「お言葉」ともいえない「お言葉」は以下。

    敬愛する金正恩同志は、参加者が白頭山の屈することない攻撃精神と1950年代のグンチャリ精神で核武器兵器化事業にさらに拍車をかけ、国の自主権と民族の生存権を守護するための国家核武力を質量的に強化することで、誰も越えることができない堂々たる核保有強国としての我が共和国の戦略的地位を強固にすることで、より新たな成果を達成するであろうという期待と確信を表明されながら、彼らと共に記念写真を撮られた。
    경애하는 김정은동지께서는 참가자들이 백두의 굴함없는 공격정신과 1950년대 군자리정신으로 핵무기병기화사업에 더욱 박차를 가하여 나라의 자주권과 민족의 생존권을 수호하기 위한 국가핵무력을 질량적으로 강화함으로써 누구도 감히 넘보지 못하는 당당한 핵보유강국으로서의 우리 공화국의 전략적지위를 공고히 하는데서 보다 새로운 성과를 이룩하리라는 기대와 확신을 표명하시면서 그들과 함께 기념사진을 찍으시였다.

    依然として「元帥様」の今回の実験に対する直接的コミットメントを示す言葉はなく、「朝鮮労働党の戦略的武力建設構想に従い行われた」としか書かれていない。

    『労働新聞』HP(紙面PDFではない)に掲載された写真h1枚だけ。「朝鮮中央TV」は、音を絞って横目で見ていたので、この報道があったのかは分からない。追って確認する。
    2016-09-22-01-03.jpg
    Source: 『労働新聞』、「경애하는 김정은동지께서 핵탄두폭발시험성공에 기여한 성원들과 함께 기념사진을 찍으시였다」、http://www.rodong.rep.kp/ko/index.php?strPageID=SF01_02_02&newsID=2016-09-22-0001_photo

    <追記>
    20時(PST)放送の「録画報道」では、写真無しだった。

    「20時報道より 咸鏡北道被害復旧戦闘関連」:即席ブロック、石材採取、重機 (2016年9月17、18、20日 「朝鮮中央TV」)

    17、18、20日に「朝鮮中央TV」の「20時報道」で放送された「咸鏡北道被害復旧戦闘場の取材班が伝えてきたニュース」である。動画を詳しくご覧になっている方からコメントを頂いたので、参考になればとYouTubeにアップロードしておいた。

    コメントに書かれていることに関連しては、石材を切り出している場面がある。手作業であるが、その後、どのような処理を施しているのかは出てこない。河原の丸い石をそのまま積み上げている場面もある。

    関連で、川の砂と砂利を四角く固めて、即席ブロックを作っている場面もある。強度や耐水性はあまり期待できそうもないが、取りあえずということだろうか。

    木材に関しても列車にカットされた木材を積んで被害地域に向かう動画があったのだが、見つけ出すことができなかった。ということで、定尺にきれいにカットされているものは、運び込まれたものではないだろうか。

    重機に関しては、「元帥様が送った」とされるものが17日の報道で清津に到着している。大型トレーラーに積載されているが、あんなに大きなトレーラーが通れるほど道路が復旧しているのかどうか分からない。ただ、古い「朝鮮記録映画」を見ると、山奥の発電所に大型の発電機の部品を運ぶのに、曲がりくねった山道でトレーラーを無理矢理走らせている場面もあるので、何とかするのかもしれない。その発電機を積んだトレーラーは急カーブで横転し、発電機は谷(深くはない)に落ち、それを再びトレーラーに積み、結局発電所に送り届けたという武勇伝付きではあるが。

    なお、動画に登場する重機の車体にはボカシが入れてある。重機製作会社の社名が入っているのだろうが、中国、日本、韓国、いずれかは分からない。以前、Hyundai(現代)はそのまま出していたケースがある。「南朝鮮」の会社でも、鄭周永の貢献を認めて、その時はHyundaiは出していたようだ。

    電気については、発電機を持ち込んだのか、小規模の村単位の発電所が難を免れたのではないだろうか。

    以下、全て日本語字幕付き。

    Source: KCTV, 2016/09/17


    Source: KCTV, 2016/09/18


    Source: KCTV< 2016/09/20

    「青春の気性が力強く跳ねる橋復旧戦闘場」:地元青年で「決死隊」結成、被災者の声、ナレーションとの矛盾、「青年大国」 (2016年9月21日 「朝鮮中央TV」)

    21日、「朝鮮中央TV」で放送された、「咸鏡何道北部地域大洪水被害復旧戦闘」関連番組。茂山郡の青年が「決死隊」を組織し、復旧の要となる橋の普及工事を行っている。この種の番組では、「突撃隊員」などの勇ましい声を紹介するインタビューはあるが、被災者の声を聞くことができない。この辺り、日本の災害報道とはとても異なる。しかし、この番組の中では、洪水で家を流された若い女性が、当時の様子を少し語っている。彼女の口調からは、洪水の激しさ、家を流されたときの絶望感が伝わってくる。しかしこの女性、「決死隊員」に志願し、橋の復旧工事に当たっている。

    この番組でおもしろいのは、被災者の女性が「家が流されて絶望的だった」と言っているにもかかわらず、ナレーションでは、「流されそうな家に飛び込み、大元帥様達の肖像画を抱いて出てきた人民は、流される家を見ながらも、党が自分を抱いてくれるという信頼から、心配はなかった」というようなことを言っている。この女性は、「元帥様」の「寒くなる前に家を建ててやれ」という話を聞いて、「決死隊員に志願」したのであるが、流された家、水没した村を見たときは、それどころではなかったことがインタビューから分かる。

    それしか方法がないということもあろうが、北朝鮮では、こういう時にとにかく自分たちで何とかしようという前向きな姿が見られる。それを支えているのが青年なのだろう。北朝鮮の人口ピラミッドがどのようになっているのかは分からないが、こうした映像を見ている限りでは、北朝鮮が「青年大国」であることは間違いないようだ。

    日本語字幕付き。

    Source: KCTV, 2016/09/21

    「17時報道 フィリピン大統領ドゥテルテ発言」:いつかは出ると思ったがやはり (2016年9月21日 「朝鮮中央TV」)

    21日、「朝鮮中央TV」の「17時報道」で、フィリピン大統領ドゥテルテの発言が紹介された。同大統領は、北朝鮮にとって実に都合のよい発言を繰り返しているので、いつかは北朝鮮が取り上げると思っていたら、やはり出た。

    日本語字幕付き。

    Source: KCTV, 2016/09/21

    「ルンラ立体律動映画館」:Wiiの「ファミリスキー」のようだが・・? (2016年9月20日 「朝鮮の今日」)

    20日、「朝鮮の今日」に掲載された動画。「ルンラ立体律動映画館」の様子を紹介しているが、その中にWiiの「ファミリースキー」のようなゲームがある。

    日本語字幕付き。

    Source: 「朝鮮の今日」、2016/09/20

    「宇宙征服の道で達成したもう一つの事変、新型の静止衛星運搬ロケット用大出力エンジン地上噴出実験で大成功」:出力向上、噴出口は1つ、静止衛星 (2016年9月20日 「朝鮮中央TV」)

    20日、「朝鮮中央TV」が「宇宙征服の道で達成したもう一つの事変、新型の静止衛星運搬ロケット用大出力エンジン地上噴出実験で大成功、敬愛する金正恩同志が、西海衛星発射場を訪れられ、新型の静止衛星運搬ロケット用大出力エンジン地上噴出実験を指導された」という「録画報道」を放送した。

    「報道」でも言っているように、実験した場所は、2016年4月9日報道にあった「大陸間弾道弾ロケット大出力エンジン地上噴出実験」と同じで、実験に使用したベンチも同じである。

    2016年4月9日、『労働新聞』に掲載されたテストベンチ。
    2016-4-09-1-10.jpg
    Source: 『労働新聞』、http://www.rodong.rep.kp/ko/index.php?strPageID=SF01_02_02&newsID=2016-04-09-0001_photo

    今回のテストベンチ。ベンチに装着されたロケットエンジンの形状が4月のものと全く異なっている。衣服の関係かもしれないが、「元帥様」少し痩せたか。
    20160920 우주정복의 길에서 이룩한 또 하나의 사변 새형의 정지위성운반로케트용 대출력발동기지상분출시험에서 대성공 경애하mp4_000100835
    Source: KCTV, 2016/09/20

    エンジンの違いは、噴出される火炎の様子からも分かる。

    4月の噴出の様子。上の写真からも分かるように、エンジンが非常に太い。これは、複数のエンジンを組み合わせて1つにしているものと思われるが、下の写真でも3本の筋が確認できる。
    2016-4-09-1-02.jpg
    Source: 『労働新聞』、http://www.rodong.rep.kp/ko/index.php?strPageID=SF01_02_02&newsID=2016-04-09-0001_photo

    ところが、今回のエンジンでは、筋は1本だけで、複数のエンジンを束ねたものではなく、1つのエンジンから噴出されていることが確認できる。
    20160920 우주정복의 길에서 이룩한 또 하나의 사변 새형의 정지위성운반로케트용 대출력발동기지상분출시험에서 대성공 경애하mp4_000237427
    Source: KCTV, 2016/09/20

    実験の様子を見る「元帥様」。4月は、室内から見ていたが、今回はテラスに出ている。
    20160920 우주정복의 길에서 이룩한 또 하나의 사변 새형의 정지위성운반로케트용 대출력발동기지상분출시험에서 대성공 경애하mp4_000172367

    さらに、4月のベンチテストでは、火炎の色が赤っぽい。これは、炎の温度が相対的に低く、出力が弱いことを示しているのだと思う。最高出力に達した時点での撮影だとすると、炎の先端は、横の柵あたりにある。
    2016-4-09-1-05.jpg
    Source: 『労働新聞』、http://www.rodong.rep.kp/ko/index.php?strPageID=SF01_02_02&newsID=2016-04-09-0001_photo

    ところが、今回のテストで使われたエンジンを見ると、炎の色が白く、温度が高いことが分かる。また、上と同じ条件での撮影タイミングだとすると、炎の先端が柵より下にまで至っていることが分かる。
    20160920 우주정복의 길에서 이룩한 또 하나의 사변 새형의 정지위성운반로케트용 대출력발동기지상분출시험에서 대성공 경애하mp4_000160655
    Source: KCTV, 2016/09/20

    20160920 우주정복의 길에서 이룩한 또 하나의 사변 새형의 정지위성운반로케트용 대출력발동기지상분출시험에서 대성공 경애하mp4_000224187
    Source: KCTV, 2016/09/20

    このように、今回の実験に使われたロケットエンジンは、完全な新型ではないかと思われる。北朝鮮は、このエンジンを「推進力は80tf」と発表している。1kgf=9.8Nなので、784KNとなる(計算は苦手なので、間違っているかも)。日本のH-2Aロケットの1段目の「空中推進力」は、1098KN(単ノズル)とあるので、かなりその出力に迫っている。

    ロケットエンジン諸元等の資料
    JAXA, MIssion3 ロケット、http://edu.jaxa.jp/materialDB/html/guidebook/guidebook/pdf/mission3.pdf

    また、北朝鮮は、「作業時間を200sとした」としているが、「作業時間」の意味がよく分からない。想像では、噴出継続時間を200秒としたということのようだが。

    そして、「新型の静止衛星運搬ロケット用大出力エンジンの地上噴出実験を通し、推進力をはじめとしたエンジンの技術的指標が予定値に正確に到達し、作業全期間、全ての系統の特性値が安定して維持されたことを完全に確認した」としている。

    この「新型」エンジンの「大成功」にともない、「国家宇宙開発5カ年計画期間に、静止衛星運搬ロケットを確固と開発、完成できる科学技術的保証が作られ、地球観測衛星をはじめとした各種の衛星を世界的水準で発射できる運搬能力を円滑に備えるのようになった」としている。「元帥様」は、「我が国を数年内に静止衛星保有国にしなければならない」と述べているが、是非とも静止放送衛星を打ち上げてもらい、CS用程度の小型のアンテナを高角度の状態に設置しても、北朝鮮のテレビが見られるようにしてもらいたいものである。

    雰囲気的には、「将軍様」の命日前後に、このエンジンを使ったロケット打ち上げがありそうだがどうだろうか。核実験も2回やっているし、「光明星3」の例からすれば、1年以内のインターバルでロケット発射は可能なはずである。

    エンジン・テストのコントロール・ルーム
    20160920 우주정복의 길에서 이룩한 또 하나의 사변 새형의 정지위성운반로케트용 대출력발동기지상분출시험에서 대성공 경애하mp4_000229766
    Source: KCTV, 2016/09/20

    「咸鏡北道被害復旧戦闘ニュース」:ディーゼル列車到着、いい笑顔の朝鮮人民 (2016年9月19日 「uriminzokkiri」)

    19日、「uriminzokkiri」に掲載された「北部被害普及戦闘ニュース」より。

    ディーゼル機関車が客車を引いてやって来た。
    multi_photo_2016-09-19_dn8223_image1.jpg
    Source: uriminzokkiri, 2016/09/19

    この写真がとてもよい。というのは、朝鮮人民の嬉しそうな笑顔がとても自然だからだ。朝鮮人民が万歳をしている写真は、北朝鮮官製メディアがたくさん伝えるが、なかなかこのような自然な達成感のある笑顔が見られる写真はない。この人達、地元の人なのか、地方から派遣された「突撃隊員」なのかは分からないが、何かを成し遂げた満足感が笑顔になって表れている。
    multi_photo_2016-09-19_dn8223_image2.jpg
    Source: uriminzokkiri, 2016/09/19

    ともかくも、鉄道が徐々に復旧しつつあるようでよかった。
    multi_photo_2016-09-19_dn8223_image3.jpg
    Source: uriminzokkiri, 2016/09/19

    「平壌寿司専門食堂で30種類あまりの寿司即席提供」:あまりうまそうではない (2016年9月19日 「uriminzokkiri」)

    19日、「uriminzokkiri」に「平壌寿司専門食堂」の様子を紹介する写真が掲載された。「朝鮮中央通信」にもあるが、今、うまく接続できない。

    写真を見ると、あまり美味しそうではない。しかも、一皿に載っている数が多すぎる。
    multi_photo_2016-09-19_dn8222_image4.jpg
    Source: uriminzokkiri, 2016/09/19

    multi_photo_2016-09-19_dn8222_image3.jpg
    Source: uriminzokkiri, 2016/09/19

    multi_photo_2016-09-19_dn8222_image2.jpg
    Source: uriminzokkiri, 2016/09/19

    中央には、回転寿司の回転ベルトらしきものが見えるが、何も乗っていない。また、注文用なのであろうが、ノートPCに接続されている白い箱は何だろうか。通信端末だとすると、随分大きい。
    multi_photo_2016-09-19_dn8222_image5.jpg
    Source: uriminzokkiri, 2016/09/19

    壁に掲げられた寿司の写真も今一つだ。
    multi_photo_2016-09-19_dn8222_image6.jpg
    Source: uriminzokkiri, 2016/09/19

    평양초밥전문식당에서 30여가지의 초밥 즉석봉사

    飛行機の動き (2016年9月18日)

    SDRにはまっている。古いディスコーンアンテナの接点を磨き、水平にしたり垂直にしたりと、ベランダに取り付けられる限りでJ-WAVEの受信状態がよいところを探した。

    Air Bandを聞いてみようと思い、サーチしていると羽田を飛び立つ航空機に指令を出す周波数が見つかった。ここで聞こえる通信とフライト・データを合わせて見ていると、実に当たり前のことだが、飛行機が管制塔の司令通りに動いている。空港周辺で高度と進行角度を伝えているが、新しい角度を管制塔が指示してしばらくすると、フライトデータ上の飛行機がくるっと回る。

    自分が飛行機に乗っていると意識しないだけに、見ているとおもしろい。

    sdr air band

    flight data ana681

    『<ピアノ3重奏>運命の導きの手 (운명의 손길)』: ユン・インサン音楽研究所管弦楽団、地味だがよい楽団 (2016年7月30日 「uriminzokkiri-TV」)

    かなり前になるが、「uriminzokkiri-TV」にこの動画がアップロードされていた。実は、この演奏、「朝鮮中央TV」の「器楽鑑賞時間」にも流されており、紹介しようと思ったのだが、ストリーミングの停止時間が長く、どうにも紹介できる状態ではなかった。そうしたら、「uriminzokkiri-TV」にアップロードされているのを見つけたので紹介しておく。


    Source: uriminzokkiri-TV, 2016/07/30

    上海の北朝鮮レストラン、同志より写真入手 (2016年9月17日)

    過去記事に書いた上海の北朝鮮レストランの写真が来た。

    JMHのファックス天気図を見ながら感動していたのだが、それどころではない。

    なんと、レストラン名は「モランボン音楽食堂」。これほど素晴らしい命名は、他にあり得ない。
    DSC03775s.jpg

    「啓蒙期歌謡」のような曲が流れている。「モランボン楽団」シリーズリクエスト前。ドンムの検閲をすり抜けた写真。
    DSC03773s.jpg

    一応このようなルールになってはいるが・・・
    DSC03770s.jpg

    大同江ビール。このテーブルは、食事をするために一時的に移動したテーブルで、他は、円形のスナックやクラブにあるテーブルだ。
    DSC03769s.jpg

    安物SDR(Software Defined Radio)の性能が凄い: アジア近隣国の放送受信なら充分 (2016年9月16日)

    16日、SDRが届いた。実は、2週間ほど前に1度届いたのだが、不良品だった。クレームを言ったところ、直ぐに代替品を送ってくれた。

    このSDRであるが、予想以上の性能に驚いている。アンテナ切り替え機がないので、トランシーバーとの受信感度比較はしていないが、アジア近隣国の比較的強力な信号を受信するだけならば、これで充分な気がする。

    しかも、価格は、中国発の書留便の送料込みで19.95ドル。コストパフォーマンスは大変高い。不幸にも、発売直後に買った私のユニット(V3という中波・短波受信が可能になったユニット)は不良品であったが、アメリカ人(恐らく)が責任を持って対応してくれる。設計や販売は米国で行い、製造と発送はコストが安い中国を使っているようだ。

    RTLSDR_Front-500x172.jpg


    アンテナがセットになったものもあるが、どれほどの性能のアンテナなのかは分からない。アンテナに関しては、300WA-2のような、少し長めのものをお勧めする。このアンテナも大変コスパのよいアンテナだと思っている。なお、このアンテナをこのSDRに接続するためには、SMAとBNCの変換コネクタが必要になるが、アマゾンで1000円ほどで購入できる。


    rtl-sdr.com
    http://www.rtl-sdr.com/new-rtl-sdr-blog-units-now-available-in-store-hf-via-direct-sampling-software-switchable-bias-tee-less-noisespurs/

    アペックスラジオ
    http://www.apexradio.co.jp/303WA-2_j.html

    SDRを使うためにはソフトウェアが必要であるが、無料で何種類かダウンロードすることができる。私が使っているのは、SDR#(Win10 64bitという環境であるが、問題ない。Win7 32/64bit 以上でであれば、動作するようなことが書いてある)。下は、同ソフトを使って11.680MHzの「朝鮮中央放送」を受信しているところであるが、音質的にはトランシーバーよりよい。トランシーバーは、通信用のセラミックフィルターを使っていることや、内装の小型スピーカーを使っているので、音質的にはあまりよくない。今も、「モランボン楽団」の歌を流しているが、若干フェージングがある(電波伝搬の関係で、信号が強くなったり弱くなったりする)が、よい感じで聞こえている。

    11680.jpg

    このSDRを紹介している日本語ページは以下。

    http://blog.livedoor.jp/bh5ea20tb/

    「災い転じて福をなすの奇跡を創造していく 白頭山英雄青年旅団」:被害の状況を見せる、しかし同じ場面の繰り返しも (2016年9月15日 「朝鮮中央TV」)

    15日、「朝鮮中央TV」の「現地(取材)放送」として、ヨンサ郡で災害復旧活動をする「白頭山英雄青年旅団」を紹介する番組が放送された。

    今回の「咸鏡北道北部大水害復旧戦闘」を報道する番組は、これまでもいくつか紹介してきたが、写るのは川ばかりで、災害被害の様子はほとんど出てこなかった。今回、この番組では、路盤が流出した線路や土砂に埋もれた家を見せている。

    20160915 전화위복의 기적을 창조해간다mp4_000024322
    Source: KCTV, 2016/09/15

    20160915 전화위복의 기적을 창조해간다mp4_000029701
    Source: KCTV, 2016/09/15

    2015年の羅先水害の時もそうであったが、被災者に対するインタビューというのはない。被災者が登場するのは、「被害復旧戦闘」が終わった後、「元帥様の恩情で」と喜ぶ姿ばかりである。基本的には、被災地における被害状況よりも、「被害復旧戦闘」の様子に重点が置かれている。

    この番組の中では、報道に使われる映像を相当厳しく、選択、検閲していると思われるシーンがあった。僅か、4分30秒そこそこの番組の中で、同じシーンが2度登場する。

    番組開始後、52秒付近で使われている映像。
    20160915 전화위복의 기적을 창조해간다mp4_000055221
    Source: KCTV, 2016/09/15

    番組開始後、3分13秒付近で使われている映像。
    20160915 전화위복의 기적을 창조해간다mp4_000193434
    Source: KCTV, 2016/09/15

    この他にも、川に石を並べている映像などは、過去記事で紹介した「20時報道」のものと同じシーンがある。「現地取材班」のカメラには、もっと色々なシーンが収録されているはずであるが、見せられないような映像ばかりなのかもしれない。今回は、国際的には被害の状況をいち早く報道したり、国際機関を現地に入れているので、国内向けにあまりにも深刻な状況を見せることに慎重になっているのであろうか。

    「金日成総合大学ホームページ」:知らない間に改善、紀要に掲載された論文もダウンロード可能、核関連技術を研究する学者 (2016年9月16日)

    「遠隔教育大学」との関連で検索過程で、「金日成総合大学HP」を久しぶりに見た。実は、同大学の通信教育学部の入学申し込みをするページを以前見たことがあり、その際、「遠隔教育」を受けるための入学申し込みの欄があったので、申し込みをしようと探していたのだが、なかなか出てこない。

    昨夜も「朝鮮の声放送(日本語放送)」で、資本主義国日本で学費が負担できず大学進学を諦めたというリスナーに、「朝鮮では大学教育は無料、奨学金も支給」と言っていたので、「奨学金」まで頂戴するつもりはないが、「朝鮮公民」ではなくても「無料」で勉強できるならば、是非、入学したいと思っている(授業料を払うのは構わないが、日本の対北朝鮮独自制裁もあり、支払い手続きが面倒だと思う)。

    ちなみに、東京にある「朝鮮大学校」も無料なのだろうか。資本主義国日本では、「祖国」や「同胞」からの支援がなければ、無料教育は厳しいと思う。「祖国」では「12年制義務教育」が実施されているにもかかわらず、日本では「反動的」新都知事が「朝鮮学校への助成金支給停止を継続」と言っている、「同胞教育」環境はますます厳しくなっていくと予想される。

    話しがそれてしまったが、「金日成総合大学」のHPが知らない間に凄く改善されている。ある意味驚きに値する。かつて見たときは、大学沿革紹介と設置学部紹介程度しかないHPだったが、今朝見たら、内容が充実され、驚いたのは、同大学紀要に掲載された朝鮮文と英文の論文がダウンロードできるようになっていることである。朝鮮語版に関していうならば、2016年の第2号に掲載された論文(全論文かどうかは不明)がダウンロードできる。

    自然科学系の論文を見ると、軽水炉(LWR)関連の論文やネットワーク管理関連の論文が掲載されている。下は、その一例である。

    Ho Il Mun, So Chol, Calculation of Resonance Region Group Constants of LWR Fuel Cell by using WIMS69 Groups Library, Journal of Kim Il Sung University (Natural Science), Vol.4 No.1, 2015, http://www.ryongnamsan.edu.kp/univ/pub/journal/1277

    Kim Song Il, Kim Yong Chol, One of the Methods to Determine the Network Monitoring Cycle in Consideration of the Network Load, Journal of Kim Il Sung University (natural Science), Vol.4 No.1, 2015, http://www.ryongnamsan.edu.kp/univ/pub/journal/1273

    英文で書かれているので、当該分野に詳しい方がおられたら、ご一読頂き、内容についてコメントを頂きたいものである。

    教授紹介のページでは、数人の教授が紹介されている。その中に、「若い科学者、金ジンウ」と紹介されている学者がいる。この学者は「理論物理学」が専門のようで、「2006年から2009年までミュンヘン大学でポスドク・トレーニングを受けた」と書かれている。興味深いことは、英語ページでは「原子核物理学」という表記がないにもかかわらず、朝鮮語のページを見ると、

    世界的に権威のある国際学術雑誌に Marco Drewes, Jin U Kang《Kinematics of Cosmic Reheating》, Nuclear Physics B 875(2013), 315-350をはじめとした多くの価値ある小論文を発表した。
    세계적으로 권위있는 국제학술잡지들에 Marco Drewes, Jin U Kang《Kinematics of Cosmic Reheating》, Nuclear Physics B 875(2013), 315-350을 비롯한 여러건의 가치있는 소론문들을 발표하였다.

    と書かれており、論文を発表した雑誌名はNucler Physics(原子核物理学)となっている。雑誌名だけから推測すると、やはり核関連技術を扱う研究分野なのであろう。

    「平壌放送 27号探査隊員のための遠隔教育大学科学復習課題」:暗号放送 (2016年9月16日 「平壌放送」)

    16日、0115JST頃から6.400MHzで「27探査隊員のための遠隔教育大学科学復習課題」放送があった。2週に1度という放送パターンからすると、9日に放送されるべきものであったが、同日が党創建記念日だったためか、「復習課題」はなく、1週間後の昨夜あった。実は、この放送、他の方が録音されたものを聞かせて頂いたりはしていたが、自分で受信したのは初めてである。かつては、夜中にカーラジオのスイッチを入れると、嫌というほど流れていたが、最近では、スタンバイしておかないと聞き逃してしまう。ということで、昨夜は録音に成功した。

    司令が少なくなったから楽なのか、聞き逃すと任務を遂行できなくなるから大変なのか分からないが、「27探査隊員」も楽ではなさそうだ。頻繁に行われていた頃のアナウンスをきちんと聞いておけばよかったが、「探査隊員」などと、いかにもそれらしい言い方をしているところなどからして、「南朝鮮当局者」に聞かせるための放送なのであろう。「遠隔教育大学」でやるなら、「16入学生」とか言えばよさそうなもの。

    一応、字幕を付けておいたが、工作員としての訓練を受けていないので、聞き間違いが多数あるはず。

    Source: 「平壌放送」、0115JST 2016/09/16, 6.400MHz

    「朝鮮の声」:「モランボン楽団」の『学ぼう』、「人民の声放送」で古い歌 (2016年9月15日 「朝鮮の声放送」 「人民の声放送」)

    15日、といってもほんの数分前、短波ラジオのスイッチを入れたら「朝鮮の声放送」の日本語放送をやっていた。「お便りの時間」で、日本のリスナーからの手紙を読み上げていた。日本のリスナー氏、高校生のようで「日本はお金がないと大学に行けないから、自分は諦めた。共和国の学費はいくらですか」と質問していた。アナウンサーは、「12年制義務教育」と「大学は無料、加えて奨学金ももらえる」と答え、リスナー氏に「頑張って下さい」とエールを送っていた。

    そして、今流れていたのが「モランボン楽団」の『学ぼう』。そして、リスナー氏の未来を祝して『走って行こう、未来へ』を今流している。

    「お便りの時間」はおもしろい。

    「朝鮮の声放送」の日本語放送が終わったので、メモリーチャンネルを「人民の声放送」に切り替えたら、何だか古い韓国の歌をやっていた。タイトルは分からないが、80年代にソウルでよく聞いた歌。リバイバルなのかもしれないが、懐かしい曲だ。

    「論評:米国は北朝鮮核問題の裁判官として行動する根拠はない」:『人民日報』、米国防長官の中国非難を排撃、北核問題の根源は米国にある (2016年9月14日 「人民日報」)

    14日の『人民日報』(英語ネット版)に「「論評:米国は北朝鮮核問題の裁判官として行動する根拠はない」という記事が掲載された。基本的には、過去記事で紹介した中国外交部定例記者会見における報道官発言と同じであるが、ロシアによるクリミア併合で一方的に米国がロシアを非難したなどとしながら、「米国はトラブルメイカー」だと非難している。

    「論評」では、「最近の北朝鮮による核実験後、中国は積極的に外国活動を展開してきた」し「この問題を最終的に解決するための安保理討議にも加わっている」とした上で、「米国は中国を非難しているが、米国は本当にこの問題を北朝鮮の核問題の解決策を模索しているのか疑問である」と米国の姿勢を非難している。

    China has so far been a team player on this issue, implementing every one of the resolutions adopted by the UN Security Council. After North Korea’s latest nuclear violation, China made a series of proactive diplomatic moves. China will also continue participating in UN Security Council discussions so as to contribute to the final resolution of the issue. Thus, the ongoing assignation of blame to China by the U.S. calls into question whether the U.S. really even wants to find a solution.

    そして、THAADの韓国配備について、「疑う余地なく、米国はTHAADが北朝鮮の核問題の完全解決に繋がるものではないことは知っているし、米国がTHAAD配備に拘るのは自国の利益拡大のための言い訳と思われてならない」とTHAAD韓国配備を非難している。

    Undoubtedly, the U.S. knows that THAAD is not a cure-all solution to the nuclear issue; the country’s insistence on THAAD comes across mostly as an excuse to further its own interests.

    その上で、

    ここ数年、米国は国際社会においてトラブルを起こす癖が酷くなり、北朝鮮の核問題に対する対応もその一例に過ぎない

    In recent years, the U.S. has developed a habit of causing trouble in the international community, and the North Korea nuclear issue is only one example of this behavior.

    と、北朝鮮の核問題の根源が米国にあることを示唆している。

    そして、結論として、

    全てにおいて、米国は基本的なモラルに反する行動をしているだけではなく、重要な問題(複数)の解決を困難にしている。米国が北朝鮮について肝に銘ずべきことは、核問題を巡る(THAAD韓国配備などの)思惑は危険であり、(核問題解決のための)大きな構図を描くことを無視する行動は、緊張を高めるだけである
    All in all, the U.S. has not only violated fundamental morals, but also made it harder to resolve a number of important issues. What the U.S. should keep in mind about North Korea is that speculation on the nuclear issue is risky, and neglecting the big picture will only aggravate tensions.

    とまとめている。

    このような主張を党機関誌でしている中国と、岸田外相はどうやって「連携」するつもりなのだろうか。米韓との「連携」をやめるつもりならそれでもよいのだが。「元帥様」の空虚な宣伝を日々分析している者としては、自分の国の政府の空虚な宣伝は聞くに堪えない。

    『人民網』(英語ネット版)、「Commentary: US has no grounds to act as judge on North Korea nuclear issue」、http://en.people.cn/n3/2016/0914/c90000-9115255.html

    中国語原文は、「人民日报钟声:朝核问题,美国不是局外人和裁判官」

    「朝鮮記録映画 人民のための領導の日々に 3」:放送中、羅先被害復旧戦闘が含まれる「朝鮮記録映画」 (2016年9月15日 「朝鮮中央TV」)

    15日、2015年にあった羅先市の水害復旧で「元帥様」が活躍した様子を紹介する「朝鮮記録映画」を放送している。この、「朝鮮記録映画」は、既に何回も放送されているが、このタイミングで放送するのは、やはり「咸鏡北道北部大水害被害普及戦闘」と関連していることは間違いない。

    それはよいのだが、この映画を見ながら思いだしたのは、羅先水害では人民軍に「代表者会議」で「最高司令官命令」出すなどしているにもかかわらず、今回は、未だに「元帥様」は直接的な指示は出していない。過去記事にも書いたように、羅先と比較にならないほど被害の規模が大きいので、過去の映画を放送することで「元帥様」の活躍を暗示するだけに留めているのかもしれない。

    「元帥様」が「酸素工場」を「現地指導」したという報道が15日にあったが、本当に「核弾頭爆発実験」にも「大洪水被害復旧戦闘」にも無関係という感じで動いているのが現状である。

    「保健酸素工場」を「現地指導」する「元帥様」。ズボンが、ロングスカートのように見える。こんな写真を公開すると、イタズラの材料にされそうだ。
    2016-09-15-1-02.jpg
    Source: 『労働新聞』、「경애하는 김정은동지께서 새로 건설된 보건산소공장을 현지지도하시였다」、http://www.rodong.rep.kp/ko/index.php?strPageID=SF01_02_02&newsID=2016-09-15-0001_photo

    さすがに「保健酸素工場」では、喫煙はしていない。
    2016-09-15-1-06.jpg
    Source: 『労働新聞』、「경애하는 김정은동지께서 새로 건설된 보건산소공장을 현지지도하시였다」、http://www.rodong.rep.kp/ko/index.php?strPageID=SF01_02_02&newsID=2016-09-15-0001_photo

    今のところは、海外から被災者のための人道援助を得る活動するよう関連部署に指示を出している程度が一番良いのかもしれない。

    「20時報道 フェリョン市の被害普及戦闘」:万寿台芸術団員も戦闘に参加、楽園機械連合企業所がパワーシャベルを送る (2016年9月13日 「朝鮮中央TV」)

    13日、「朝鮮中央TV」の「20時報道」で、フェリョン市の「水害復旧戦闘」の様子が紹介されていた。

    ここでは、「万寿台芸術団」の「芸術人」が歌で「経済宣伝」をし、「復旧戦闘」に直接参加している様子が紹介されている。「芸術人」が何時間「戦闘」をしたのかは不明ながら、「万寿台芸術団」員の生の歌声など聞く機会は一生ないかもしれない地方の住民にとっては、よいことなのかもしれない。

    また、「楽園機械連合企業所」が「生産」したという、パワーシャベルを「突撃隊員」と共に被災地へ派遣する様子も紹介されている。

    日本語字幕付き。

    Source: KCTV, 2016/09/13

    「中国外国部定例記者会見」:北朝鮮の核問題だけに焦点を合わせるべき、制裁では問題は解決しない (2016年9月14日 「中国外交部」)

    14日に開催された「中国外国部定例記者会見」で、中韓外相電話会談で、王毅外相が「中国は国連における北朝鮮に対する新たな制裁に向けた討議に参加する意思がある」と述べたという報道を受け、「中国は現行の制裁に満足していないのか?中国は安保理における新たな制裁に向けた話し合いでどのようなスタンスを取るのか?」と質問され、以下。

    ・・・国連安保理で北朝鮮の核実験に対するさらなる対応は必要であるが、それは朝鮮半島の核問題解決と朝鮮半島の平和と安定を目的としつつ、北朝鮮の核開発問題に焦点を合わせるべきであると考える。中国は、常に安保理討議には責任を持って建設的に臨んでいる。今後の討論でもそれは変わらない。そして、中国は制裁は最後でもなく、唯一のアプローチでもないと考えている。朝鮮半島の核問題を根本的に解決するためには、できるだけ早い時期に対話を通じて平和的に解決するためのトラックに立ち戻らなければならないと考える。・・・
    A: You can find online the news release about the telephone conversation between Foreign Minister Wang Yi and ROK Foreign Minister Yun Byung-se. We believe that it is necessary for the Security Council to further respond to the nuclear test by the DPRK, and their response should be focused on nuclear activities by the DPRK for the purpose of resolving the Korean nuclear issue and safeguarding peace and stability of the Korean Peninsula. The Chinese side always takes a responsible and constructive part in Security Council discussions. We will continue to do so in the following discussions. We also believe that sanction is neither an end nor the only approach. To fundamentally resolve the Korean nuclear issue, we have to bring it back to the track of peaceful settlement through dialogue as soon as possible. We urge all parties to avoid provoking each other so as not to escalate tension. It is hoped that all parties will work in tandem to create conditions for the peaceful settlement of the Korean nuclear issue through dialogue.

    と答えている。

    「核開発も問題に焦点を合わせるべき」という発言は注目される。というのは、北朝鮮の活動の中で、中国が問題視するのは核開発だけで、ミサイルも含めたロケット発射は容認しているようにもとれるし、中国も非難の対象とされている人権問題には触れるべきではないというスタンスのようにもうかがえる。

    そして、「制裁は最後でもなく、唯一のアプローチでもない」と述べていることからすると、安保理討議の中で、中国は制裁追加に反対の立場をとるものと考えられる。

    「日中外相、国連決議へ連携=北朝鮮制裁で共同歩調」という『時事通信』の記事があったが、本当に「共同歩調」だとすると、日本が過剰な期待をしすぎているのか、中国が二枚舌を使っているのかいずれかであろう。可能性としては、中国が「討議には責任を持って建設的に臨む」というのを「追加制裁賛成の意思」と勝手に日本外相が解釈しているように思えてならない。そもそも、中国が追加制裁に賛成すれば、制裁決議など直ぐにまとまるはずである。ロシアも反対の立場であるが、「中国がいいというなら」という程度で賛成に回るはずである。過去記事でも紹介した、中国外交部報道官の発言や中露外相の電話会談からすると、日本外相が期待するほどすんなりといく気配はない。

    Ministry of Foreign Affairs of the PRC, Foreign Ministry Spokesperson Hua Chunying's Regular Press Conference on September 14, 2016, http://www.fmprc.gov.cn/mfa_eng/xwfw_665399/s2510_665401/2511_665403/t1397608.shtml

    『時事通信』、「日中外相、国連決議へ連携=北朝鮮制裁で共同歩調」、http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160914-00000194-jij-pol
    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「朝鮮中央TV」ワッチャー

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「副部長同志」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR