「朝米対決戦の歴史を振り返る 板門店ポプラの木事件 (조미대결전의 력사를 돌이켜본다)」 :8月18日に発生した「ポプラの木事件」に関する北朝鮮の説明 (2016年8月18日 「朝鮮中央TV」)

    18日、「朝鮮中央TV」で、1976年8月18日に板門店で発生した「ポプラの木事件」を振り返る番組を放送した。

    韓国側から板門店は、もう何回も訪れているが、毎回、ブリーフィングルームでこの事件について聞かされている。だんだんブリーフィングの内容は簡素化され、昨年行ったときは、短い映画を見せられただけだった。80年代初めにはじめて行ったときは、米兵が力を込めて長々と説明した。

    北朝鮮側から板門店に行ったときは、この事件に関する説明はなかったと思う。休戦協定が調印された建物では、色々と話があったが、当時、いかに米国が「惨敗」したのかという内容だけだったと思う。

    今回の放送は、2014年8月18日の初回放送以来7回目(韓国・統一部DB)であるが、なぜか、過去の放送にはあまり注目していなかった。単に見落としていたのかもしれない。

    例よって、「米帝が膝を屈して」終わった事件ということになっているが、それはそれで興味深い。日本語字幕を付けてアップロードしておいた。

    Source: KCTV, 2016/08/18

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「朝鮮中央TV」ワッチャー

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「副部長同志」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR