「朝鮮の声」の定時放送間のハム音は50Hz、北朝鮮の交流周波数は60Hzだが (2016年8月31日 「朝鮮の声」)

    31日夕方、「朝鮮の声」の日本語放送を聞いていた。定時放送が終了し、次の定時放送が始まるまでの間、キャリアは出しっ放しになっている。しかし、無変調のキャリアではなく、低い周波数のシングルトーンが聞こえる。シングルトーンの周波数は50Hz(ネットで公開されている基準トーンと耳で比較しているだけなので誤差はある)。音的にはACラインから混入するハム音のように聞こえるのだが、思えば北朝鮮の交流周波数は60Hz。この送信機にだけ個別の50Hz発電機を使っているのかもしれないが、ハム音ではなくて、敢えて50Hzのシングルトーンを流しているのかもしれない。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「朝鮮中央TV」ワッチャー

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR