「これは映画ではない」:「朝鮮の今日」にアップロードされた動画、かなりアンフェア、人工衛星 (2017年2月1日 「朝鮮の今日」)

    1日、「朝鮮の今日」にアップロードされた動画。「人権標本国を自称する米国」と朝鮮を比較している。前半は、米国の銃器犯罪や警官による暴行シーンを編集した動画、後半は「幸福な共和国の人民」のシーンを編集した動画になっている。別に米国の肩を持つつもりはないが、かなりアンフェアな作りになっている。米国のディズニーランドやビーチで楽しむ人々を後半に、前半に「教化所」に収容されている人民や張成沢の処刑シーンでも入れておけば、「楽園と地獄」は反転すると思う。

    また、米国上空には人工衛星1機、朝鮮上空には2機飛んでいる。「光明星3-2」と「光明星4」で発射された人工衛星であろうか。

    今回は、「銃器類による犯罪」と言っているので、トランプ政権の移民政策を批判するものではないが、タイミングとしては実に微妙なときに出してきている。ただし、この動画に使われているような映像は、以前から米国の「人権」を非難するために北朝鮮は使っている。


    Source: 朝鮮の今日, 2017/02/01

    コメントの投稿

    非公開コメント

    賞賛?

     この動画は、なに目的?
    対外宣伝用でしたら、この動画を見て、北朝鮮を「賞賛」する人はいないでしょうし。
    それにしても、何かにつけて、無慈悲に動員されて、いやです!!

    Re: 賞賛?

    コメントありがとうございます。記事にも書いたように、このタイミングで出してきた理由がよく分かりません。これまでも同じような映像を使った「人権蹂躙大国米国」を非難する動画はあったのですが。「動員」ですが、感覚的には仕事のような感じなのかも知れません。仕事+αではなくて、あっちの仕事をやらずにこっちの仕事をやれというような感じでしょうか(「咸鏡北道被害復旧戦闘」のように)。我々が感じる、「せっかくの休みなのに、町内会の草取りに動員されて」というイメージとは違うのかもしれません。

    >  この動画は、なに目的?
    > 対外宣伝用でしたら、この動画を見て、北朝鮮を「賞賛」する人はいないでしょうし。
    > それにしても、何かにつけて、無慈悲に動員されて、いやです!!
    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「朝鮮中央TV」ワッチャー

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「副部長同志」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR