「朝鮮で特異な天文現象観測」:今回は超常現象ではなかった、日本国関東でも特異な天文現象観測 (2017年2月1日 「朝鮮中央通信」)

    1日、「朝鮮中央通信」に「朝鮮で特異な天文現象観測」という記事が掲載された。「光明星節」も近づいてきているので、例によって「将軍様」絡みの超常現象が「観測」されたのかと思ったが、今回は、日本でも観測された、火星、金星、月がほぼ一直線に並ぶ普通の天体現象だった。

    ****************
    (平壌2月1日発 朝鮮中央通信)
    国家科学院平壌天文台で1日夕方17時30分頃から21時頃まで、西の空で月と火星、金星がほぼ直線上に並ぶ特異な天文現象が観測された。

    (中略)

    今回観測された現象は、太陽系惑星の公転運動、つまり火星と金星が太陽の周囲を公転する運動と地球を中心に1ヶ月に1度回る月の公転運動が重なった結果起こった天文現象であるという。

    専門家によると、火星と金星が近くにあることはよくあるが、このように月まで一方向にほぼ直線に並ぶのは希に見る天文現象であると説明している。

    (평양 2월 1일발 조선중앙통신)
    국가과학원 평양천문대에서 1일 저녁 17시 30분경부터 21시경까지 서쪽하늘에 달과 화성,금성이 거의 직선상에 놓이는 특이한 천문현상을 관측하였다.
    서쪽하늘로 태양이 지자 달이 떠있고 그 밑에 사선방향으로 먼저 금성이 보인 다음 달과 금성사이에 화성이 나타나기 시작하였다.
    18시경부터 이 현상은 더욱 선명하게 나타났으며 당시 달과 화성,금성의 방위각과 고도는 각각 45.6゜와 40.73゜,50.83゜와 38.98゜,56.17゜와 35.65゜였다.
    이번에 관측된 현상은 태양계행성들의 공전운동 다시말해서 화성과 금성이 태양의 주위를 공전하는 운동과 지구를 중심으로 한달에 한번씩 도는 달의 공전운동의 합성결과에 의하여 생겨나는 천문현상이라고 한다.
    전문가들은 화성과 금성이 가까이에 있는 현상은 흔히 있는것이지만 이렇게 달까지 한 방향으로 거의 직선상에 놓인것은 보기드문 천문현상이라고 평하고있다.(끝)
    ******************

    「朝鮮の今日」に掲載された写真
    20170202-k6-02-1.jpg
    Source: 朝鮮の今日、http://www.dprktoday.com/index.php?type=2&no=17847

    2日19時頃、清涼飲料(=ビール)を買いに出かけたら、関東でも「特異な天文現象」が観測された。こちらの方がさらに直線に並んでいる。謎の飛行物体(月の左上)は、横田飛行場に向かう「米帝侵略軍」の航空機か。
    20170202 stars and moon IMGP2747

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「朝鮮中央TV」ワッチャー

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「副部長同志」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR