金正男殺害事件の容疑者マレーシアで女性逮捕:ベトナム籍 (2017年2月15日 「New Straits Times」)

    15日のマレーシア新聞New Straits Timesによると、金正男を殺害事件の容疑者としてベトナム籍の女性1名が逮捕されたという。

    初めはミャンマー籍と報じられていたが、ベトナム籍のDoan Thi Huon (29)容疑者と。殺害は、金正男がマカオ行きの飛行機に搭乗する直前、布で顔を拭かれたと。死因となった毒物や、殺害された男性が北朝鮮籍、金チョル名義の旅券をを所持していた以外のことは、捜査中としている。マレイシア警察は、殺害された男性が金正男とは公式発表しておらず、現在、男性が保持していたパスポートの真偽について調査中という。

    New Straits Times, Kim Jong-nam death: Vietnamese woman arrested at klia2 over probe,
    Read More : http://www.nst.com.my/news/2017/02/212683/kim-jong-nam-death-vietnamese-woman-arrested-klia2-over-probe

    それにしても、北朝鮮の仕業だとすれば、そして逮捕された女性が犯人だとすれば、どうしてベトナム籍の女性など使うであろうか。そこらの素人を現地、場合によってはその場でリクルートして、実行犯にしたのか。これほど重要な任務を遂行するのに、何の訓練もしていない、事前に襲撃情報をリークするかも知れない、北朝鮮に対する忠誠心もない女性を金で雇って、実行犯にしたのだろうか。

    北朝鮮の工作員であれば、脱出に失敗すれば自殺するであろうし、彼に逮捕されても金ヒョンヒ(蜂谷真弓)のように自殺を図るであろう。このベトナム女性はどのように逮捕され、自殺を図ったのであろうか。

    北朝鮮の関与を否定するために、無関係の女性を金で雇って実行犯に仕立てた可能性はある。また、現段階では「蜂谷真弓」のように外国籍を偽装しているが、実は北朝鮮の工作員という可能性もある。

    また、「元帥様」の命令で暗殺されたと言われているが、なぜこのタイミングで殺害したのだろうか。金正男は比較的オープンに動き回っており、北朝鮮の工作員は手は出さずとも、彼の行動ぐらいは詳細に把握していたはずである。よりによって、「光明星節」にとなると、「元帥様」がよほど金正男を憎んでおり、「将軍様」の誕生75周年前に消したいとでも思ったのであろうか。だが、金正男は、既に「元帥様」の地位を危ぶませるような敵ではなかったと思うが、そうではなかったのだろうか。考えれば切りがないが、これから少しずつ明らかにされて行くであろう。

    平壌にあるマレーシア大使館も大騒ぎだと思う。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「朝鮮中央TV」ワッチャー

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR