ティラーソンCBSとABCとそれぞれインタビュー:「金正恩暗殺計画はない」、「中国は時間が必要」、北朝鮮のミサイル失敗もシナリオのうち? (2017年4月9日 「US Dept. of State」)

    9日、米国務長官ティラーソンがCBSとABCのインタビューをそれぞれ受けた。

    ティラーソンは、CBSとのインタビューで北朝鮮に関して、

    ****************
    大統領と首席は、北朝鮮の危険な状況について長時間議論した。とても有効で生産的な議論だったと思う。習近平主席も状況は緊張しており、何か行動を取らなければならない脅威のレベルに達しているということを理解しており、また私は彼がそれに同意したと思う。そして、中国側は、状況は平壌の政権と対話をするほど熟していないと考えていると述べた。

    SECRETARY TILLERSON: I can tell you that both the president – the presidents had extensive discussions around the dangerous situation in North Korea. They had a very lengthy exchange on the subject yesterday morning. I think it was a very useful and productive exchange. President Xi clearly understands, and I think agrees, that the situation has intensified and has reached a certain level of threat that action has to be taken. And indeed, the Chinese even themselves have said that they do not believe the conditions are ripe today to engage in discussions with the government in Pyongyang.

    私が望んでいることは、中国と共に北朝鮮指導者の考えを変える状況を変えることで、その後、対話が有効となるであろう。しかし、状況が危険であるという見解については一致しており、中国は現在の危険な状況が中国の国益に対しても脅威となり始めていると考えていると思う。
    And so what I think we’re hopeful is that we can work together with the Chinese to change the conditions in the minds of the DPRK leadership, and then at that point perhaps discussions may be useful. But I think there is a shared view and no disagreement as to how dangerous the situation has become, and I think even China is beginning to recognize that this presents a threat to even to China’s interests as well.

    US Dept. of State, Interview With John Dickerson of CBS Face the Nation, https://www.state.gov/secretary/remarks/2017/04/269632.htm
    ************

    中国側が「状況は平壌の政権と対話をするほど熟していない」と考えているというのは、様々な条件が考えられるが、米国の立場と合わせて考えれば、最低でも北朝鮮が核・ミサイル開発活動を少なくとも中止・中断するという意志を示すことであろう。この辺り、米国がこれまで通り9.19合意の履行まで求めるのか、その後、進展した状況を受けて中止か中断することで満足するのかは分からない。中国の提案では、とりあえず北朝鮮に中止・中断させ、その後、対話を通じて9.19合意まで引き戻すということであるが。現実的に9.19を一度に履行させるのは困難だと思うし、米国前政権と事実上「将軍様」の間では「幻の」2.29合意もあったのだから(合意を破棄した行動を取ったのは、「元帥様」であるが)、米国にとっても飲めない話ではないと思う。

    **************

    ABCとのインタビューでは、ティラーソンはさらに多くのことを述べている。

    ***************
    「トランプ大統領による先週のシリア攻撃は、北朝鮮に対してどのようなメッセージとなると考えられるか?」という質問に対して、ティラーソンは、「北朝鮮が国際規範に反し、国際合意に違反し、合意を履行せず、他国に対する脅威になれば、ある時点でそれに対する対応はなされる」とし、

    QUESTION: What message do you think North Korea should take from President Trump’s decision to strike Syria last week?


    SECRETARY TILLERSON: Well, I think the message that any nation can take is if you’re – if you violate international norms, if you violate international agreements, if you fail to live up to commitments, if you become a threat to others, at some point a response is likely to be undertaken.

    「米国の北朝鮮に関する目標はとても明確で、それは朝鮮半島の非核化である。米国は、北朝鮮政権を交替することは目標としていないし、そんな目標もない。全ての理由は、北朝鮮による核開発計画進展(中止意志)が信頼できないところにある。

    And I think in terms of North Korea, we’ve been very clear that our objective is a denuclearized Korean peninsula. We have no objective to change the regime in North Korea; that is not our objective. And so the whole reasons underlying the development of a nuclear program in North Korea are simply not credible.

    そして、「米国が金正恩暗殺計画を持っているのではないか」という質問に対しては、「そんな計画があるという認識はない」と答えている。
    QUESTION: There’s been at least one report that the United States has drawn up plans perhaps to consider assassinating Kim Jong-un. That’s not true?

    SECRETARY TILLERSON: I am aware of no such plans.
    **************

    このティラーソン発言は大変興味深い。米韓合同軍事演習では、「斬首計画」だの「とげ抜き計画」の存在を公開しておきながら、「金正恩暗殺計画はない」とするのは、一見矛盾している。しかし、「斬首」だの「とげ抜き」が、米軍の先制攻撃によるものではなく、交戦状態に至った後の計画であるならば、それは意味が異なってくる。過去記事で紹介した「朝鮮外務省備忘録」でも、北朝鮮が繰り返し述べていたのは、「最高尊厳」を狙った「斬首作戦」などを公言することは、「宣戦布告」にも等しいという話であった。今回のティラーソン発言が、米国は北朝鮮が核(とミサイル)を放棄すれば、金正恩政権交替は考えていない、つまり、金正恩政権の維持を認めたものであるとするならば、核もミサイルも政権維持のために開発してきた北朝鮮にとっては、大きな意味を持つ。

    *******
    続けて、「中国が北朝鮮の核計画に対処するためにさらなる行動に出なければ、米国が単独行動をするというトランプ大統領の考えを習近平主席に伝えられたのか」という質問に対し、ティラーソンは、「両首脳は全てのオプションについて議論した」としたうえで、「習近平主席は状況の深刻さについて認識を一致させ、北朝鮮の考えを変えさせる必要があると述べた」とし、

    QUESTION: In your – in the President’s meeting with President Xi of China, the President has often complained that China isn’t doing enough to take on the North Korean nuclear program. Did he convince President Xi to take more aggressive action, and what was the response of the Chinese to the President’s determination to go it alone if he must?

    SECRETARY TILLERSON: George, I can tell you that President Trump, President Xi had very extensive discussions regarding the serious situation in North Korea. They met for quite some time one-on-one to discuss North Korea, and there was a full range of options that were discussed between the two leaders.

    President Xi expressed agreement that the situation has reached a new level of seriousness and threat. He expressed the view that he wanted to be supportive in terms of causing the regime in Pyongyang to change its view around the future need for those weapons. China has expressed on multiple occasions and they reaffirmed it in our discussions with us here in Mar-a-Lago that their policy is unchanged, and that is for a denuclearized Korean peninsula.

    So I think --

    QUESTION: Are you seeing the actions you need to see?

    「中国がどのような行動に出るのかは、時間をかけて見る必要がある。そして、この問題については中国と協議を続ける」としている。

    SECRETARY TILLERSON: Well, we’ll wait and see, George. It’s only been a couple of weeks since we announced our policy changes and have called on the Government of China to take additional steps. We expect that they will. They have indicated that they will. And I think we need to allow them time to take actions. And we will continue to be in very close discussions with them, but the conversations have been very open, George, and very candid.

    *****************

    この発言は、米国が今回の会談で中国側から何らかの措置を取るという約束を取り付けたとも読めるが、安保理決議誠実履行というこれまでの中国の主張以上のものは取り付けられなかった可能性もあることを示している。

    **************
    「北朝鮮のミサイルが米国に到達する可能性」について、
    QUESTION: How much time do we have with North Korea? How close is Kim Jong-un to developing a weapon that could actually reach the United States?

    「北朝鮮のミサイルが、非常に進歩していることは間違いなく、ICBM完成のための実験を繰り返していることを憂慮している。平壌に対しては、ICBM計画がさらに進展した場合、米国がどうするのかについては明確にしている」と述べている。
    SECRETARY TILLERSON: Well, the assessments are obviously somewhat difficult, but clearly, he has made significant advancements in delivery systems; and that is what concerns us the most: the sophistication around their rocket launch programs; their sophistication around the type of fueling that they use; and their working their way towards the test of an intercontinental ballistic missile. And these are the kinds of progress that give us the greatest concern, so we’ve been quite clear with the regime in Pyongyang that that’s what we want them to cease.

    そして、「米国が望むことは、北朝鮮がさらなる実験をやらず、計画が進展しないことである。そうすれば対話を開始することを考えることになる」とした上で、
    So what we would hope is that with no further testing, obviously their program doesn’t progress. And that’s what we’ve asked for is for them to cease all this testing before we can begin to think about having further talks with them.

    QUESTION: And that development of an intercontinental missile, that’s a red line for President Trump, isn’t it?

    「もし、米国が運搬システム(ミサイル)を完成したと判断すれば、彼らの今後の開発が重大な段階に入ったいえる」としている。
    SECRETARY TILLERSON: If we judge that they have perfected that type of a delivery system, then that becomes a very serious stage of their further development.
    ***************

    やはり、米国にとってより深刻なのは、核よりも「米国に到達するミサイル」ということのようである。前に見た核についてもそうであったが、実験の「中止」が米国の求めていることで、既存の核・ミサイルを破棄することではないような話し方である。であるとすると、中国が提案した「核ミサイル実験の中止と米韓合同軍事演習の同時中断」という、「デュアル・トラック・アプローチ」について部分的に米国が理解を示したのかもしれない。特に、前述の「金正恩暗殺は考えていない」という発言と合わせると、米韓合同演習は継続するにしても、その性格を変えることで、北朝鮮を刺激することは自制し、同時に北朝鮮側にも核・ミサイル活動の自制を求めていくという考えなのかもしれない。であるとすれば、大変現実的だと思う。

    米中首脳会談直前に北朝鮮が打ち上げたミサイルを「北極星-2」型の失敗から、スカッドの失敗へと格下げしたのも、実は、「失敗」したミサイルが米国本土に対する脅威とはならないような代物であるということにしたかったのかもしれない。さらに、考えすぎかもしれないが、北朝鮮も敢えて「失敗」をしたような発射をし、米国を懸念レベルを下げようとしたのかもしれない。そこに、中国の意図が隠れているとすれば、パーフェクトなシナリオとなるのだが。

    US Department of State, Interview With George Stephanopoulos of ABC This Week, https://www.state.gov/secretary/remarks/2017/04/269631.htm

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「朝鮮中央TV」ワッチャー

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「副部長同志」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR