朝鮮民主主義人民共和国最高人民会議第13期第5回会議におけるトップ24、解任軍人確認とリプレイス、外交委員会復活で対米・対中外交活性化か、核・ミサイル活動に関する言及無し (2017年4月12日 「労働新聞」)

    12日、『労働新聞』に第13期第5回最高人民会議に関する記事が掲載された。他面の記事はまだ読んでいないが、トップ記事に関して言えば、軍事、核・ミサイルに関することは一切書かれていない。過去に最高人民会議の記事ときちんと比較する必要はあるが、直感的に、そして少なくとも金正恩時代に開催された最高人民会議の記事としては異例な感じがする。米国(米軍)の動向や、中国からの説得(要請)を受けた結果なのかもしれない。

    序列も代わっているので、2016年5月に開催された第7期第1回党大会の時の順位と比較しながら確認しておくことにする(当時の記事は、http://dprknow.blog.fc2.com/blog-entry-1551.html)。

    1.朝鮮労働党委員長、朝鮮民主主義人民共和国国務委員会院長、朝鮮人民軍最高司令官 金正恩
    2.朝鮮労働党中央委員会政治局常務委員会委員、最高人民会議常任委員会院長 金永南
    3.同政治局常務委員会委員、同国務委員会副委員長、朝鮮人民軍総政治局長、朝鮮人民軍次帥 黄炳瑞
    4.同政治局常務委員会委員、同国務委員会副委員長、内閣総理 朴奉珠
    5.同政治局常務委員会委員、同国務委員会副委員長、党中央委員会副委員長 崔龍海
    6.金己男
    7.李明洙 (17位から上昇、金元弘解任に伴う上昇、「1世代革命同志」として待遇か?)
    8.朴永植 (16位から上昇、人民武力部長として?)
    9.楊亨燮 (14位から上昇)
    10.李洙墉 (8位から下降、最高人民会議外交委員会委員長に就任)
    11.金平海 (9位から下降)
    12.李万建 (13位から上昇)
    13.呉秀容 (10位から下降)
    14.郭範基 (11位から下降)
    15.金英哲 (12位から下降)
    16.崔富一 (19位から上昇)
    17.盧斗哲 (15位から下降)
    18.李英浩 (23位から上昇)
    19.任チョルウン (24位から上昇)
    20.金スギル
    21.朴テソン (22位から上昇)
    22.金ヌンオ (21位から下降)
    23.趙延俊 (25位から上昇)
    24.努光鉄 (27位から上昇)

    ************
    <追記2>
    崔泰福がリストから抜けているというご指摘を頂いた。『労働新聞』のリストには崔泰福の名前がなかったため、書かなかったのだが、彼は「開会の辞」を読み上げているので、失脚したということはない。すると、2016年5月と同じ順位、つまり序列6位の金己男と同7位の李明洙の間にいると考えるのが適切だと思われる。崔泰福をそこに入れると以下が1つずつ下にシフトすることになる。これまでのこの種の大きな会議の記事でどのような扱いをされていたのか、確認してみる必要がありそうだ。
    **************

    名簿から名前が消えた人物
    18位にいた金元弘 解任
    26位にいた李炳哲
    28位にいた李永吉

    復活された委員会:
    最高人民会議外交委員会委員:李ヨンナム(内閣副総理)、李ソンクォン(祖国平和統一委員会委員長)、金ジョンスク(対外文化連絡委員会委員長)、金桂冠(外務省第1副相)、金ドンソン(朝鮮職業総同盟中央委員会副委員長)、チョン・ヨンウォン(金日成-金正日主義青年同盟中央委員会秘書)

    全体としては、解任されたとされていた金元弘と李炳哲の名前が消えていること、朴永植が人民武力部長として格上げされていること(ただし、2016年5月の時点で彼は既に人民武力部長であったはずなのだが)がある。また、「最高人民会議外交委員会」を復活させていることから、米中などとの関係を「外交」で改善していこうという意志の表出なのかもしれない。

    『労働新聞』、「조선민주주의인민공화국 최고인민회의 제13기 제5차회의 진행」、http://www.rodong.rep.kp/ko/index.php?strPageID=SF01_02_01&newsID=2017-04-12-0001

    <追記>
    ご指摘感謝。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    Re: 9位楊さん

    ご指摘ありがとうございます。同一人物だと思います。修正しておきました。

    > お世話になります。
    > 楊さんは消えたのですか?
    > 9位の方は別の方ですかね?

    No title

    外交委員会以外の大きなものとしては
    3)の全般的12年制義務教育実施に対する法令執行総和についてではないでしょうか。
    つまり,本年で完全に移行完了したはずの12年間を通した義務教育システムについての成果や反省について,が含まれていたわけです。
    この項目を最高人民会議に挙げられている事実は大きいと思います。NHKは完全にスルーしているが,同国としてはかなり異例の文言が述べられているように思えます。
    「全般的12年制義務教育が実施されたがまだ国の全般的な中等一般教育は革命の要求,発展する時代の要求に従っていることができません.教員たちの資質と責任性を高める活動を正すことができなく教育の性質がなおっていません.
    教育委員会で教員資質向上事業を計画や示達し、科目教授講習を与えることで対立したところから少なくない教員たちがいまだにも注入式,暗記式,機械式教授方法で大きく脱け出していることができません.
    党では師範大学,教員大学でわずか一人でも落ちこぼれが出てはならないと強調しているが,教員養成部門大学の卒業生たちの実力が高くなく,彼らが卒業後に教壇で,学生たちに事物現象に対する原理的で、体系化した基礎知識を思いどおりに授けることができていません.
    教育に対する国家的保障と社会的支援を強化することは教育条件と環境を改善する根本担保です.
    しかし一部の省,中央機関と道,市,郡の人民委員会では経済事業にだけ偏り,教育機関の物質的土台を強化する教育条件保障事業に気をくばらないことによって国の教育条件と環境を一新する事業で根本的な改善をもたらすことができません.
    全般的12年制義務教育を実施する過程に現れた欠陥は,幹部たちが党の教育政策を決死貫徹するという思想的覚悟ができず,近視眼的な観点に捕らわれ,教育事業をおろそかにするというならば,我が国はいつまでも人材強国の地位に到達できないで、社会主義文明強国建設は勿論,血で勝ち取った革命の戦取物も守れないという深刻な教訓を与えています.」引用ここまで。
    実は,この前までの部分は,幼稚園や小学校において,飛躍的に教授方法つまり教育方法が変わことが述べられている。今回の報告で,課題が具体的に述べられるのはかなり異例だ。
    それほど,中学校以降の教育にまだまだ旧態依然とした部分が残っているだけでなく,現場教員のみならず,幹部や上部機関の問題点をあげており,このあたりは,日本とも重なってみえる。
    「教育に対する国家的保障と社会的支援を強化することは教育条件と環境を改善する根本担保です.
    しかし一部の省,中央機関と道,市,郡の人民委員会では経済事業にだけ偏り,教育機関の物質的土台を強化する教育条件保障事業に気をくばらないことによって国の教育条件と環境を一新する事業で根本的な改善をもたらすことができません.」
    このあたり,なんだか日本もさほど変わらないなあと思ってしまうのだが。
    正直,ニュースとしては外交委員会よりも,こちらの方がデカイと思ってしまうのですがね。

    Re: No title

    フォローありがとうございます。12年制義務教育も重要な議題になっていましたね。12年制義務教育は、改めて記事にしたいと思っております。

    > 外交委員会以外の大きなものとしては
    > 3)の全般的12年制義務教育実施に対する法令執行総和についてではないでしょうか。
    > つまり,本年で完全に移行完了したはずの12年間を通した義務教育システムについての成果や反省について,が含まれていたわけです。
    > この項目を最高人民会議に挙げられている事実は大きいと思います。NHKは完全にスルーしているが,同国としてはかなり異例の文言が述べられているように思えます。
    > 「全般的12年制義務教育が実施されたがまだ国の全般的な中等一般教育は革命の要求,発展する時代の要求に従っていることができません.教員たちの資質と責任性を高める活動を正すことができなく教育の性質がなおっていません.
    > 教育委員会で教員資質向上事業を計画や示達し、科目教授講習を与えることで対立したところから少なくない教員たちがいまだにも注入式,暗記式,機械式教授方法で大きく脱け出していることができません.
    > 党では師範大学,教員大学でわずか一人でも落ちこぼれが出てはならないと強調しているが,教員養成部門大学の卒業生たちの実力が高くなく,彼らが卒業後に教壇で,学生たちに事物現象に対する原理的で、体系化した基礎知識を思いどおりに授けることができていません.
    > 教育に対する国家的保障と社会的支援を強化することは教育条件と環境を改善する根本担保です.
    > しかし一部の省,中央機関と道,市,郡の人民委員会では経済事業にだけ偏り,教育機関の物質的土台を強化する教育条件保障事業に気をくばらないことによって国の教育条件と環境を一新する事業で根本的な改善をもたらすことができません.
    > 全般的12年制義務教育を実施する過程に現れた欠陥は,幹部たちが党の教育政策を決死貫徹するという思想的覚悟ができず,近視眼的な観点に捕らわれ,教育事業をおろそかにするというならば,我が国はいつまでも人材強国の地位に到達できないで、社会主義文明強国建設は勿論,血で勝ち取った革命の戦取物も守れないという深刻な教訓を与えています.」引用ここまで。
    > 実は,この前までの部分は,幼稚園や小学校において,飛躍的に教授方法つまり教育方法が変わことが述べられている。今回の報告で,課題が具体的に述べられるのはかなり異例だ。
    > それほど,中学校以降の教育にまだまだ旧態依然とした部分が残っているだけでなく,現場教員のみならず,幹部や上部機関の問題点をあげており,このあたりは,日本とも重なってみえる。
    > 「教育に対する国家的保障と社会的支援を強化することは教育条件と環境を改善する根本担保です.
    > しかし一部の省,中央機関と道,市,郡の人民委員会では経済事業にだけ偏り,教育機関の物質的土台を強化する教育条件保障事業に気をくばらないことによって国の教育条件と環境を一新する事業で根本的な改善をもたらすことができません.」
    > このあたり,なんだか日本もさほど変わらないなあと思ってしまうのだが。
    > 正直,ニュースとしては外交委員会よりも,こちらの方がデカイと思ってしまうのですがね。

    No title

    細くてすみませんが、
    金己男と李明洙の間に崔泰福が抜けているような・・・。
    勘違いだったらすみません。

    Re: No title

    ありがとうございます。実に、奇妙ですし、おもしろいです。『労働新聞』に出ている出席者のリストを順番に並べていったのですが、そのリストの中に崔泰福がありません。しかし、失脚したとかいう話ではなく、「開会の辞」を彼が読み上げています。

    扱いの上では、やはり 金己男と李明洙の間に入れるのが適切なのでしょうね。記事の方に追記しておきます。

    貴重なご指摘、ありがとうございました。

    > 細くてすみませんが、
    > 金己男と李明洙の間に崔泰福が抜けているような・・・。
    > 勘違いだったらすみません。
    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「朝鮮中央TV」ワッチャー

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「副部長同志」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR