「敬愛する最高領導者金正恩同志が『朝鮮人民軍特殊作戦部隊降下及び対象物打撃競技大会-2017』を指導された」:「敵のミサイル」を攻撃、THAADを想定か、李ヨンギルのイヤフォン (2017年4月13日 「労働新聞」)

    13日、『労働新聞』に「元帥様」が「朝鮮人民軍特殊作戦部隊降下及び対象物打撃競技大会-2017」を「指導」したという記事が掲載された。この「競技大会」を「太陽節」に際した「軍事的成果」とし、ミサイル発射や核実験をしないのであれば、昨今の緊張を意識した自制した行動ということになる。

    ただ、そこは一筋縄ではいかない北朝鮮、訓練の対象となる「敵」は「傀儡軍」と「在韓米軍」であることは明らかなだけではなく、「襲撃組は、『敵』特攻隊とミサイル基地を仮想した対象物」を子攻撃する「競技」を行うとしている。

    「ミサイル」と言っているところが特徴的で、韓国に配備されたTHAADを指しているのか、韓国・国防科学研究所が射程800kmのミサイル発射成功とした「玄武-2」なのかは不明であるが、どちらにしても北朝鮮の攻撃対象となり得る「対象物」である。

    『労働新聞』にはそれらしい写真は掲載されていないが、「朝鮮中央TV」の「録画報道」が放送されれば、「仮想した対象物」の写真も公開されるかもしれない。

    風が吹いているのか「元帥様」の髪がくしゃくしゃになっているのも気になるが、朝鮮人民軍第1相参謀長兼作戦総局長・陸軍上将
    李ヨンギルが耳にイヤフォンを入れているのが目についた。通常、彼らはトランシーバーを手にしていることが多いが、今回はいつもとスタイルが違うような気がする。

    2017-04-13-01-04.jpg
    Source: 『労働新聞』、「경애하는 최고령도자 김정은동지께서 《조선인민군 특수작전부대 강하 및 대상물타격경기대회-2017》을 지도하시였다」、http://rodong.rep.kp/ko/index.php?strPageID=SF01_02_01&newsID=2017-04-13-0001

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「朝鮮中央TV」ワッチャー

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「副部長同志」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR