「2017年太陽節慶祝閲兵式」:やはりチョロチョロしている金ヨジョン、米国の新政権主権国家攻撃は「北極星-2」で対抗、 (2017年4月15日 「朝鮮中央TV」)

    今、別記事で紹介したYouTubeにアップロードされた動画を見ているところである。崔龍海の演説を聞いていたら、後ろで黒いものがちょろっと見えた。そして、しばらくしたら、やっぱり出てきた「副部長同志」。

    21070415kyjchoro1.jpg
    Source: KCTV, 2017/04/15

    「米国の新政権は、主権国家に対する軍事的攻撃を継続しながら、世界の平和と安全を大変危険にしています」と崔龍海。そして画面には、「北極星」
    20170415puksong2555.jpg
    Source: KCTV, 2017/04/15

    続けてこの兵器も見せる。この兵器は繰り返し見せているが、これまでの軍事訓練や動画には登場していなかったような。新浦から打ち上げて失敗した短距離弾道ミサイルではないと思うが。4連の自走式が売りなのか。
    20170415roketby4.jpg
    Source: KCTV, 2017/04/15

    また、メルセデスのGクラスも何回も見せている。過去の「閲兵式」にも登場しているGクラスなので、珍しいことはないと思うのだが、「経済制裁」が継続する中、新たなモデルを輸入したということを示したいのだろうか。
    20170415gclassmany.jpg
    Source: KCTV, 2017/04/15

    崔龍海が解釈によっては興味深いことを言っている。

    「我々は、我々式の全ての選択案を全て持っており、米国が追求するいかなる選択にも喜んで対応してやる準備ができています。万が一米国が無謀な挑発を仕掛けてくれば、我々の革命武力は即時殲滅的な打撃を加え、全面戦争には全面戦争で、核戦争には我々式の核打撃戦で対応します。」

    後半部分だけに注目をすると、「核で来れば核で」と言っているだけのように聞こえるが、前半に注目すると「全ての選択案」があり、「米国のいかなる選択にも喜んで対応する準備」があると言っている。米国が言う「全てのオプション」も決して戦争だけを言っているわけではないので、崔龍海のこの「全ての選択案」も戦争だけを言っていることはなかろう。だとすれば、中国が提案するように同時履行式のやり方にも対応可と述べているとも解釈できる。

    「太陽像」に敬礼する「元帥様」。
    20170415gensuisamakeirei.jpg
    Source: KCTV, 2017/04/15

    敬礼を終え、何かを握った「元帥様」。こういうシーンが、編集動画ではカットされてしまうのではないかと思う。
    20170415gensuinanikatoru.jpg
    Source: KCTV, 2017/04/15

    司令官の車に取り付けられた小型カメラ。これも新装備では。
    21070415smallcameras.jpg
    Source: KCTV, 2017/04/15

    まだ、続きを見て確認する必要があるが、「元帥様」、行進している部隊について人民軍人部下による解説を聞くことがなくなったような。「最高領導者」として、「抗日パルチザン」や「祖国解放戦争(朝鮮戦争)」で活躍した部隊は「全て知っている」ということを見せたいのかも。

    「元帥様」、女性兵士が通過すると嬉しそうな顔をしているが、この「戦略軍」通過時の嬉しそうな顔とは比較にならない。「米帝」の無謀な策動を抑止する、「戦略軍」が「朝鮮人民軍」、「首領決死擁護」の要なのだろう。
    20170415senryakugunyorokobi.jpg
    Source: KCTV, 2017/04/15

    「元帥様」の「首」を守る、「特殊作戦閲兵中隊」が登場したときも大変嬉しそうな「元帥様」。最近の「競技」の成果に満足しているのだろう。こういう装備の現代的な部隊は初登場。しかし、朴槿恵逆徒の首を今更取る必要もなくなったのだが・・。旗を除いて、色を抜く処理をしてあるように見える。
    21070415tokushusakusen.jpg
    Source: KCTV, 2017/04/15

    先ほど黒い袋から取り出したのは、双眼鏡だったのかも知れない。
    20170415sougankyogensuisama.jpg
    Source: KCTV, 2017/04/15

    「元帥様」の横でもチョロチョロする「副部長同志」
    21070415chorokyj33333.jpg
    Source: KCTV, 2017/04/15

    特殊部隊に属すると思われる「第15歩兵次団」。やはり「元帥様」はニコニコ。こちらも、色抜き処理がしてあるように見えるが。
    20150415dai15hohei.jpg
    Source: KCTV, 2017/04/15

    「元帥様」がニコニコしていると思いきや、やはり・・「金日成政治大学女性政治幹部養成所閲兵戦隊」だった。
    20170415joseigunss.jpg
    Source: KCTV, 2017/04/15

    「英雄的航空軍の飛行機編隊」
    20170415105kouku.jpg
    Source: KCTV, 2017/04/15

    「元帥様」が横を見ながら喜んでいる「放射砲」。「放射砲」自体は新しくないが、これまでの登場していたのはトラックの荷台に搭載した「放射砲」だったような。キャタピラーの装甲車に装着された「放射砲」は新兵器なのかもしれない。
    20170415houshou.jpg
    Source: KCTV, 2017/04/15

    「軍種ロケット中隊」。こんな形の車両、以前はあったか。
    20170415gunshurocketchuutai.jpg
    Source: KCTV, 2017/04/15

    終わりの方で登場する大型弾道ミサイルは、追って動画で紹介したいと思うが、「もし、昼強盗米帝とその手下共が我々の自主権と生存権に少しでも手を出せば、核弾頭を装着した我々の強力な戦略ロケットは、無慈悲な核先制打撃で米国本土を含む侵略と挑発の本拠地を瞬間に生存不可能に焦土化してやる」とアナウンスしながら、下の映像。
    20170415sinryakumisairu.jpg
    Source: KCTV, 2017/04/15

    <追記>
    今、KCTVの再放送で「平壌市群衆示威」まで見終わった。「最高人民会議」から始まる今回の「太陽節」関連行事には、微妙なトーンがあったような気がする。特に、それが「平壌市群衆示威」で現れていたような気がしてならない。「宇宙科学者・技術者」の強いたいが入場したときには、会場から大歓声が上がった。会場では、別のラウドスピーカーで軍部隊や示威隊を紹介していたが、そのタイミングでの歓声だったのであろう。ところが、「朝鮮中央TV」のアナウンスでは、さらっと流していた。示威隊も人々が行進していただけで、「光明星ロケット」の模型などはなかった。また、「並進路線」の示威隊が入場したときも、アナウンスでは「並進路線」という言葉は控え、ミサイル搭載車両の張りぼてとそれに載せられたミサイルかロケットのような張りぼても大写しにならなかった。一瞬、車両の正面に「並進路線」と書かれているのが見えただけだった。他の張りぼて車両は、横からかなりの時間大写しになっていたが、この「並進路線」車両だけは反対側のカメラを引いて写していた。生放送でどうだったのかは、今となっては確認する方法がなさそうだが、初めからそういう打ち合わせになっていた可能性はある。

    しかし、上にもたくさん書いたように、崔龍海は「米帝と核で戦う」というようなことも言っているし、それに使えそうな新兵器もたくさん見せている。ところが、一方で核・ミサイルについて控えめな雰囲気も漂っている。よく分からないが、やはり中国に対する何らかの配慮がありそうな気がしてならない。「米帝」とは「核で」戦っても、「並進路線」や「宇宙科学者・技術者」は控えめに出しておく、そんなアンバランスな感じがした。

    もちろんそれは良いことで、中国の説得が効き、朝鮮半島周辺で高まっている緊張が収まればよいのだが。

    <追記2>
    「李ボンチュン陸軍中将が先導する第12軍団閲兵戦隊」。化学兵器か核兵器(核物質)を扱う部隊なのかという気もするが、アナウンスでは「朝鮮革命の発祥の地、白頭山の麓で思想と信念の強者に力強く育ちました」と言っている。かつて、何かの「朝鮮記録映画」中で、このような白い服を着た人民軍人がスキー訓練をしているのを見たことがある。アナウンスと合わせるとスキー部隊のようにも思える。咸鏡北道の核実験施設は「白頭山の麓」と言えばそうなので、核物質を扱う部隊の可能性もあるが。
    20170415 chemical unit or
    Source: KCTV, 2017/04/15

    コメントの投稿

    非公開コメント

    新兵器について

    >続けてこの兵器も見せる。この兵器は繰り返し見せているが、これまでの軍事訓練や動画には登場していなかったような。新浦から打ち上げて失敗した短距離弾道ミサイルではないと思うが。4連の自走式が売りなのか。

    ミサイルが中に入っているコンテナの形状がポンゲ-5(北朝鮮版S-300)に似ているから、「地対空ミサイルの4連続発射機だろうか?」と直感的に思った。
    ロシアにS-300VというBMD(弾道ミサイル防衛)用のミサイルがあり、それを構成する車両の一つに9A83というTELAR(輸送車兼用起立式レーダー装備発射機)があるので、それを真似た印象を受けた。
    北朝鮮の件の車両にレーダーは無いが。
    なお、S-300Vが本格的なBMDシステムなのに対し、ポンゲ-5そしてポンゲ-5のベースと思われるS-300Pは巡航ミサイルや航空機の迎撃を目的としており、BMD能力は限定的なものである。


    >キャタピラーの装甲車に装着された「放射砲」は新兵器なのかもしれない。

    俺は朝鮮語がさっぱりわからないのだが、この車両を「放射砲」と本当に紹介していたのだろうか?
    ベースとなった車両は短距離地対空ミサイル「ポンゲ-3(北朝鮮版9K35)」の自走発射機である9A35だ。
    だから俺は、「ポンゲ-3に独自開発のミサイルコンテナを載せた車両(=地対空ミサイルランチャー)」と見ている。

    >こんな形の車両、以前はあったか。

    M-1991(ルーマニア・ROMAN社製トラックに240mm22連装放射砲を装備した車両)のキャブを独自の物に換装した車両であるように見受けられた。
    キャブを換装したのは、ロケット弾発射による爆風から乗員を守るためとみられる。
    300mm8連装自走放射砲は今まで中国製トラックだったが、件の240mm22連装放射砲と同じ車両になっていたのも同じ理由と思われる。

    Re: 新兵器について

    コメントと詳細な分析ありがとうございます。そこまで深い知識がないので、何ともコメントに対するコメントができず申し訳ありません。「放射砲」については、もう一度、確認する必要はありますが、そのように言っていたと思います。ただ、映像に出すものとアナウンスがタイミング的に必ずしも一致していない可能性はあります。

    > >続けてこの兵器も見せる。この兵器は繰り返し見せているが、これまでの軍事訓練や動画には登場していなかったような。新浦から打ち上げて失敗した短距離弾道ミサイルではないと思うが。4連の自走式が売りなのか。
    >
    > ミサイルが中に入っているコンテナの形状がポンゲ-5(北朝鮮版S-300)に似ているから、「地対空ミサイルの4連続発射機だろうか?」と直感的に思った。
    > ロシアにS-300VというBMD(弾道ミサイル防衛)用のミサイルがあり、それを構成する車両の一つに9A83というTELAR(輸送車兼用起立式レーダー装備発射機)があるので、それを真似た印象を受けた。
    > 北朝鮮の件の車両にレーダーは無いが。
    > なお、S-300Vが本格的なBMDシステムなのに対し、ポンゲ-5そしてポンゲ-5のベースと思われるS-300Pは巡航ミサイルや航空機の迎撃を目的としており、BMD能力は限定的なものである。
    >
    >
    > >キャタピラーの装甲車に装着された「放射砲」は新兵器なのかもしれない。
    >
    > 俺は朝鮮語がさっぱりわからないのだが、この車両を「放射砲」と本当に紹介していたのだろうか?
    > ベースとなった車両は短距離地対空ミサイル「ポンゲ-3(北朝鮮版9K35)」の自走発射機である9A35だ。
    > だから俺は、「ポンゲ-3に独自開発のミサイルコンテナを載せた車両(=地対空ミサイルランチャー)」と見ている。
    >
    > >こんな形の車両、以前はあったか。
    >
    > M-1991(ルーマニア・ROMAN社製トラックに240mm22連装放射砲を装備した車両)のキャブを独自の物に換装した車両であるように見受けられた。
    > キャブを換装したのは、ロケット弾発射による爆風から乗員を守るためとみられる。
    > 300mm8連装自走放射砲は今まで中国製トラックだったが、件の240mm22連装放射砲と同じ車両になっていたのも同じ理由と思われる。

    No title

    「ニワカミリオタ」とも呼べない程度の知識を酒に酔った勢いでひけらかしただけであるにもかかわらず、誠意に満ちたコメントを返してくださったことを心より感謝申し上げる。

    トランプ政権に呼応して兵力を展開することで、現在米軍は北朝鮮に猛烈な圧力をかけているが、今回の閲兵式で披露された北朝鮮の新兵器は、その米軍の圧力に対するカウンターパートといえる兵器ばかりであった。
    各種対空ミサイルランチャーは北朝鮮を空爆しようとする米軍の戦略爆撃機や空母艦載機にとって脅威であり、改良された放射砲は韓国や在韓米軍にとって脅威たりうる存在であり、そして移動式の大陸間弾道ミサイルはアメリカ本土に対する脅威である。
    しかし、車両をキッチリ整列させて行進させるというのは非常に難しいことであって、閲兵式のリハーサルは何ヶ月もかけて行なうのは当然だ。
    「金日成の生誕から今年で105周年」という節目の年に公開した新兵器が、現在米軍が圧力をかけるのに利用している兵器にとって脅威となる存在だったのは、もしかしたら「ただの偶然」なのかもしれない。

    軍の新兵器にも驚かされたが、もっと驚いたのは金元弘(キム・ウォノン)が閲兵式に登壇し、しかも階級が大将だったことだ。
    「金元弘が国家保衛相を解任されて大将から少将に降格され、これと同時に国家保衛省の次官級の幹部が多数処刑されていた」という話を韓国統一省が発表していたため、てっきり「よくて李英鎬(リ・ヨンホ:元・総参謀長)の二の舞(=自宅軟禁)、最悪の場合は玄永哲(ヒョン・ヨンチョル)の二の舞(=処刑)」と思っていた。
    国家保衛相を解任されたにもかかわらず、大将の階級を維持して晴れの舞台である閲兵式に登壇ということは、誰かが金元弘を庇ったのだろうか?
    もし庇ったとしたら、金元弘を庇ったのは誰なのだろうか?
    それとも、国家保衛相解任は金元弘が別の重要な役職に就くためであって、金元弘自身に問題はなかったのか?
    はたまた、金元弘が責任を国家保衛省の幹部たちになすりつけ、自分に追求の手がおよぶのを防いだのか?
    謎は深まるばかりだ。

    Re: No title

    こちらもありがとうございます。閲兵式のリハーサルですが、車両の移動の練習はどこでやっているのでしょうね。多くのスパイ衛星で監視されているので、見つからないようにやるのは大変だと思うのですが。夜間でしょうか。

    金元弘ですが、何かミスを犯して炭鉱にでも行っていたのか、病気にでもなったのでしょうか。どこまでが現実なのかは分かりませんが、北朝鮮の「芸術映画」を見ていると、そこそこの軍幹部や党幹部がミスを犯して炭鉱送り、その後、反省していることを認められ、現職に復帰することはあります。「認められる」には、誰かが炭鉱送りになった人の功績を「最高領導者」に伝えるとか・・・いくつかのパターンがありました。

    > 「ニワカミリオタ」とも呼べない程度の知識を酒に酔った勢いでひけらかしただけであるにもかかわらず、誠意に満ちたコメントを返してくださったことを心より感謝申し上げる。
    >
    > トランプ政権に呼応して兵力を展開することで、現在米軍は北朝鮮に猛烈な圧力をかけているが、今回の閲兵式で披露された北朝鮮の新兵器は、その米軍の圧力に対するカウンターパートといえる兵器ばかりであった。
    > 各種対空ミサイルランチャーは北朝鮮を空爆しようとする米軍の戦略爆撃機や空母艦載機にとって脅威であり、改良された放射砲は韓国や在韓米軍にとって脅威たりうる存在であり、そして移動式の大陸間弾道ミサイルはアメリカ本土に対する脅威である。
    > しかし、車両をキッチリ整列させて行進させるというのは非常に難しいことであって、閲兵式のリハーサルは何ヶ月もかけて行なうのは当然だ。
    > 「金日成の生誕から今年で105周年」という節目の年に公開した新兵器が、現在米軍が圧力をかけるのに利用している兵器にとって脅威となる存在だったのは、もしかしたら「ただの偶然」なのかもしれない。
    >
    > 軍の新兵器にも驚かされたが、もっと驚いたのは金元弘(キム・ウォノン)が閲兵式に登壇し、しかも階級が大将だったことだ。
    > 「金元弘が国家保衛相を解任されて大将から少将に降格され、これと同時に国家保衛省の次官級の幹部が多数処刑されていた」という話を韓国統一省が発表していたため、てっきり「よくて李英鎬(リ・ヨンホ:元・総参謀長)の二の舞(=自宅軟禁)、最悪の場合は玄永哲(ヒョン・ヨンチョル)の二の舞(=処刑)」と思っていた。
    > 国家保衛相を解任されたにもかかわらず、大将の階級を維持して晴れの舞台である閲兵式に登壇ということは、誰かが金元弘を庇ったのだろうか?
    > もし庇ったとしたら、金元弘を庇ったのは誰なのだろうか?
    > それとも、国家保衛相解任は金元弘が別の重要な役職に就くためであって、金元弘自身に問題はなかったのか?
    > はたまた、金元弘が責任を国家保衛省の幹部たちになすりつけ、自分に追求の手がおよぶのを防いだのか?
    > 謎は深まるばかりだ。

    今回の閲兵式を見ていて気づいたのですが、今回の閲兵式ではアナウンスに人名と軍事称号が多く聞こえたのですが、これは行進する部隊の指揮官を紹介していたのでしょうか?
    また軍官学校部隊の中に呉振宇の名前がついた学校があったのですが、呉振宇の名がついた軍官学校なんて過去にありましたか?
    朝鮮語があまりわからないので初歩的な質問で申し訳ありません

    Re: タイトルなし

    コメントありがとうございます。全ての部隊だったかは、もう一度見直して確認する必要がありますが、各部隊を先導する指揮官の階級が紹介されていました。記事に追記した、白い服を着た部隊の部分をご参照下さい。呉振宇名称の軍事学校についても見直して確認する必要がありますが、私が聞いたのは呉仲洽名称の軍事学校でした。

    > 今回の閲兵式を見ていて気づいたのですが、今回の閲兵式ではアナウンスに人名と軍事称号が多く聞こえたのですが、これは行進する部隊の指揮官を紹介していたのでしょうか?
    > また軍官学校部隊の中に呉振宇の名前がついた学校があったのですが、呉振宇の名がついた軍官学校なんて過去にありましたか?
    > 朝鮮語があまりわからないので初歩的な質問で申し訳ありません

    ご返信ありがとうございます。
    各部隊の指揮官が紹介されたのは今回が初めてではないでしょうか?
    また呉振宇の名前がついた学校は呉振宇砲兵総合大学です。以下のサイトに載っていました。
    http://googleweblight.com/?lite_url=http://blog.livedoor.jp/tabakusoru/archives/65905920.html&ei=BkjffOi6&lc=ja-JP&s=1&m=761&host=www.google.co.jp&f=1&gl=jp&q=%E5%91%89%E6%8C%AF%E5%AE%87%E7%A0%B2%E5%85%B5&ts=1492467743&sig=AJsQQ1CFM4jyxsqM6KLlGlbRzi1Q_23G6A

    Re: タイトルなし

    ご案内のサイトは、裏は取っていませんが、「朝鮮中央通信」の日本語版記事をコピペしたものだと思います。だとすると、そのように紹介されているのは間違いないと思います。指揮官の名前紹介が過去にあったか否かは、依然として過去映像を見ながら要確認です。記憶が曖昧です。

    > ご返信ありがとうございます。
    > 各部隊の指揮官が紹介されたのは今回が初めてではないでしょうか?
    > また呉振宇の名前がついた学校は呉振宇砲兵総合大学です。以下のサイトに載っていました。
    > http://googleweblight.com/?lite_url=http://blog.livedoor.jp/tabakusoru/archives/65905920.html&ei=BkjffOi6&lc=ja-JP&s=1&m=761&host=www.google.co.jp&f=1&gl=jp&q=%E5%91%89%E6%8C%AF%E5%AE%87%E7%A0%B2%E5%85%B5&ts=1492467743&sig=AJsQQ1CFM4jyxsqM6KLlGlbRzi1Q_23G6A

    ありがとうございます

    今回の閲兵式には金永南常任委員長の姿が見えませんでした。(先に挙げたサイトには名前有り)しかし夜会には金正恩委員長の隣にいましたし錦繍山太陽宮殿の参拝にも同行していた事や中央報告大会で演説をしていた事から引退や病気ということはありえないと思います。

    また前回の党創建70周年のパレードの際はおらず、党大会後の市民パレードの際にはいました。

    金永南常任委員長は軍事関連の行事には参列しない事になったのでしょうか?

    Re: タイトルなし

    例によって、これまでの事例を確認せずしてのお答えで申し訳ありませんが、年齢的に金永南は厳しくなっているのだと思います。今回、体調が優れなかったとか。この辺り、おじいさんの時代からの腹心には気遣いをしているのだと思います。

    > ありがとうございます
    >
    > 今回の閲兵式には金永南常任委員長の姿が見えませんでした。(先に挙げたサイトには名前有り)しかし夜会には金正恩委員長の隣にいましたし錦繍山太陽宮殿の参拝にも同行していた事や中央報告大会で演説をしていた事から引退や病気ということはありえないと思います。
    >
    > また前回の党創建70周年のパレードの際はおらず、党大会後の市民パレードの際にはいました。
    >
    > 金永南常任委員長は軍事関連の行事には参列しない事になったのでしょうか?
    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「朝鮮中央TV」ワッチャー

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR