「朝鮮中央通信の論評は核を巡る緊張を緩和しない」:「論評」に直接反論する「社説」、それでも「6度目の核実験はしていないだろ」と (2017年5月4日 「Global Times})

    4日、Global Timesに「朝鮮中央通信」の「金チョル論評」に直接的に反論する「社説」が掲載された。

    ****************
    Global Times, KCNA critique won't ease mounting nuke tension, http://www.globaltimes.cn/content/1045325.shtml


    朝鮮中央通信の論評は核を巡る緊張を緩和しない」
    KCNA critique won't ease mounting nuke tension

    (前略、この部分は、「論評」を要約している。)

    朝鮮中央通信の「論評」には、中国、「人民日報」、「環球時報」を名指しし、強い不満を現している以外、実質的に新たなことは何も書かれていない。中国が国連制裁を指示していることにも触れていなかった。また、平壌が次に何をするのかについても書かれていなかった。全体として、「論評」は民族主義的熱意に満ちたハイパー攻撃的なものに過ぎない。
    The KCNA opinion piece contains no new substantive information, except mentioning the names of China, People's Daily, and Global Times and expressing a stronger disgruntling. It did not mention China's support for the United Nations sanctions against North Korea. Nor did it state Pyongyang's next step to take. Overall, the editorial is nothing more than a hyper-aggressive piece completely filled with nationalistic passion.

    平壌は非合理な論理で核計画を合理化しようとしている。北京は、平壌と舌戦をする必要などない。しかし、平壌が何かを言う言わないにかかわらず、北京は自らの見解を示しておく必要はある。
    Pyongyang obviously is grappling with some form of irrational logic over its nuclear program. Beijing does not need to engage in a tit-for-tat argument with Pyongyang. However, it should express its own opinions regardless of what Pyongyang has said.

    北京は、公式的にも草の根レベルでも中国の立ち位置を平壌に対して明確にしておく必要がある。北京は、平壌に対して憂慮と原則を伝えておく必要がある。また、北京は、平壌が核実験を実施した場合、平壌に対してこれまでにない厳しい姿勢で臨むことを認識させておく必要がある。北京はこのメッセージを平壌に伝えることを躊躇する必要もないし、平壌とこの問題について議論する必要などなおさらない。
    Beijing needs to make China’s standing and position very clear to Pyongyang, either on an official or grassroots level. It needs to address with Pyongyang its concerns and bottom line. It should also make Pyongyang aware that it will react in unprecedented fashion if Pyongyang conducts another nuclear test. Beijing should not hesitate in delivering this message, and there is certainly no need to debate this issue back and forth with Pyongyang.

    中国と北朝鮮の違いと矛盾は、論争を通じて解決できるものではない。北京は朝鮮中央通信の「論評」を読んで、平壌は中国外交の大きな写真の中での「国営」の意味を理解していないことが分かった。そして、平壌の核実験が中国東北部の人々に潜在的な脅威となっていることを北京が深く憂慮しているということも、平壌は理解していないことが分かった。
    The differences and contradictions between China and North Korea will not be solved through any sort of argumentative effort. Beijing can see from the KCNA editorial that Pyongyang does not understand the real meaning of "national interest" when it comes to the big picture of Chinese diplomacy. Nor does it understand Beijing's deep concern for the potential risks posed by Pyongyang's nuclear tests to people living in northeastern China.

    そして、朝鮮中央通信の「論評」は、平壌が孤立させられていることを実はどう思っているのかを示す証拠でもある。北朝鮮が自分の意見や感情をメディアを使って発信しても、北朝鮮の核開発に対しする外国の理解を助けることにはほとんどならないというところにその主要な理由がある。
    It is also evident from the KCNA editorial that Pyongyang's criticisms reveal the true feelings it has over its position as an isolated environment. It is mainly due to this last point that any attempt North Korea makes in voicing opinions and feelings through media outlets will have limited effect in helping the country understand outside opinions from the rest of the world regarding its nuclear program.

    北京と平壌は、より高いレベルでの対話を追求する必要がある。そうすることによってのみ、平壌は盲目的に邁進する走路から脱却でき、それはとりわけ、「論評」にも書かれているように、北朝鮮が核兵器を「貴重な生命」と考えている時にこそ、そのようにいえる。
    Beijing and Pyongyang need to pursue higher levels of dialogue with one another. It is only through such efforts that Pyongyang can be pulled out of the blind ally it insists on remaining in, especially when the country considers nuclear weapons "as precious as its own life," as it put in the article.

    平壌が、公式に北京批判の声を上げることは本質的な問題ではない。本質的な問題は、平壌が次に何をするかである。現状、平壌は6回目の核実験をしていない。また、4月にICBMを発射した際も自制的であった。
    It really does not matter that much when Pyongyang publicly voices its criticisms of Beijing. What really matters is what will Pyongyang's next move be. As of right now, Pyongyang has not conducted its sixth nuclear test. It was also comparatively restrained when it launched intercontinental ballistic missiles in April.

    現在の情勢では、北朝鮮と米国の立場を不確実性が覆っている。北京は、そうした立場が何であるかを完全に認識し、両者間に存在する安全保障上のジレンマを解決する助力とならなければならない。中国が提案した「ダブル(両者の)中断」は、米国が関係国を対話の席に戻すことを促すものである。
    In this current situation, uncertainties loom over the positions of North Korea and the US. Beijing needs to be fully aware of what those positions are, and then seek to help both parties resolve this ongoing security dilemma. China's proposed "double suspension” seeks to assist in US efforts to get the related parties back to the negotiation table.

    中朝関係の方向は、中国の手にある。朝鮮中央通信の「論評」が中国や中国メディアを名指ししようがしなかろうが、60年以上にも及ぶ固有の論理や両国関係の方向を変えるものではない。朝鮮中央通信がさらに多くの「論評」を出せば、中国社会は平壌の考えと核問題解決の困難さを理解することになる。
    The direction of China-North Korea relations remains in the hands of China. Whether KCNA editorials mention China or Chinese media by name or not, those missions will not change the inherent logic and trend of a relationship that has been in place for over six decades. The more editorials KCNA publishes, the better Chinese society will be able to understand how Pyongyang thinks, and how hard it is to solve this nuclear issue.
    *****************

    中国は、「論評」を軽くあしらいつつ、「6回目の核実験をしていない」ことと、ミサイル発射が「自制的」であったと評価している。北朝鮮の荒い鼻息を、2つの本質を突くことでいなしているところなど、やはり「実力のある大国中国」というところであろう。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「朝鮮中央TV」ワッチャー

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「副部長同志」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR