「人気が高い知能型有線電話機」:ナンバーディスプレー、留守録、番号登録機能、「我々式」に開発 (2017年5月16日 「朝鮮の今日」)

    15日、「朝鮮の今日」で「我々式」に開発したという、「知能型有線電話機」が紹介された。日本の場合は、有線電話に留守電機能が付加され、電話番号登録、ナンバーディスプレーなどという機能がさらに加わっていったという発展の歴史を辿り、さらに受話器がワイアレス化され、一方で自動車電話が登場し、携帯電話の普及へと繋がっていった。

    北朝鮮の場合、過去記事にも書いた通り、携帯電話やスマホはそれなりに普及している。そして一方で「知能型有線電話機」を紹介していることからすると、技術的には「並進路線」となっていることが分かる。そもそも、携帯電話は標準化された基地局のユニットを導入すれば、自動的に付加機能がついてきて、端末が対応してさえいれば、一気に基地局ユニットを提供している国のレベルに到達することができる。北朝鮮では、KoryolinkというW-CDMA方式の移動通信サービスが使われているが、オラスコムが提供した基地局ユニットには、先進国のスマホでできる機能が初めから入っているはずである。その機能を停止するかしないかは、北朝鮮当局が決めることである。

    ところが、旧来型の有線電話の場合、それこそ「我々式」の技術の交換機を使っており、一気に新機能を付加するのは大変である。留守電や電話番号管理は、電話機端末に依存する機能なので、交換機と関係なく付加できるが、ナンバーディスプレーに関しては、技術的にどうやっているのか、アナログ交換機でも可能なのかなどの疑問は残るものの、交換機に依存する機能である。「朝鮮中央TV」の報道では、時々、交換局のデジタル化が進んでいる様子を紹介しているので、端末もそれに対応したものが出てきたという話であろう。

    興味深いのは、この「知能型有線電話機」をワイアレスにしなかった点である。技術的には、ワイアレスにすることなどいくらでもできるはずなのだが、やはり北朝鮮なりのセキュリティーの問題があるのかも知れない。アナログワイアレスなど採用した暁には、レシーバーさえ持ち込めば、平壌市民の通話が傍受できるので、下手をすると「敵対勢力」のメディアで流されることになる。

    「光明技術交流社(광명전자기술교류사)」の電話機。
    20170516-k3-02-4.jpg
    Source: 「朝鮮の今日」、http://www.dprktoday.com/index.php?type=2&no=20306

    20170516-k3-02-2.jpg
    Source: 「朝鮮の今日」、http://www.dprktoday.com/index.php?type=2&no=20306

    20170516-k3-02-1.jpg
    Source: 「朝鮮の今日」、http://www.dprktoday.com/index.php?type=2&no=20306

    20170516-k3-02-3.jpg
    Source: 「朝鮮の今日」、http://www.dprktoday.com/index.php?type=2&no=20306

    인기가 대단한 지능형유선전화기

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「朝鮮中央TV」ワッチャー

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「副部長同志」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR