「地上対空中ロケット 戦勝1号」宇宙空間迎撃ミサイル、新型秘密兵器も、国防部門の科学者、技術者のたまご (2017年6月2日 「朝鮮中央通信」)

    6日、「朝鮮中央通信」が、北朝鮮が「地上対空中ロケット、戦勝1号」を開発したと伝えた。同日、同「通信」は、「朝鮮人民軍戦略軍スポークスマン、大陸間弾道ミサイル迎撃実験を行った米帝を嘲笑」という記事を配信し、その中で「いわゆる迎撃ミサイルシステムごときで、空を覆いながら降り注ぐ我々戦略軍の核の火の夕立を遮り、汚い残命を引き延ばすことができると思っているなら、それほど大きな誤算はない」と米国の迎撃ミサイルを「嘲笑」している。

    そんな最中、北朝鮮は既に宇宙空間で「米帝」のミサイルを迎撃する「地上対空中ロケット戦勝1号」を完成しているのだから、再び「無塵最強の国力を誇示」したことになる。

    「地上対空中ロケット 戦勝1号」
    20170502 조선중앙통신flv_000076320
    Source: KCNA

    「ミサイル、飛行機、無人機などを掃滅するロケットである。戦勝1号は、最大飛行速度は音速の10倍、最大飛行距離はXX、最大飛行高度は6千キロであり、完璧な自動XX能力と自動発射システムを備えており、低空と高空、さらには大気圏外を飛行してくる飛行物体を自動的に掃滅する強力な迎撃兵器である」
    20170603 sennshou-1
    Source: KCNA

    「ラジン高級中学校3年2組 オ・ピョンヒョク」
    20170502 조선중앙통신flv_000080007
    Source: KCNA

    こんな子供たちが、「国防部門の科学者、技術者」に育っていくのだから、「米帝」など敵ではない。「全国少年科学空想文芸作品及び模型展示会-2017」に展示された作品より。

    TELに搭載された、秘密兵器もちらっと見えているが、詳細は極秘のまま。
    20170502 조선중앙통신flv_000074558
    Source: KCNA

    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    조선의 오늘のデザインが変わりましたね。

    Re: No title

    情報、ありがとうございます。動画の画面が大きくなり、選択しやすくなりましたね。

    > 조선의 오늘のデザインが変わりましたね。

    教育

     元帥サマの、「負け惜しみ」というか、「虚勢」というか、執念ですね。まあ、「家業継続」のためには、でしょうね。
     それにしても、「教育」とは、恐ろしいものです。
    独裁者は、必ず「教育」を狙ってきますね。我が国も。

    Re: 教育

    コメントありがとうございます。「戦勝1」を想像した子供科学者には、さすがに「元帥様」の息はかかっていないのだと思いますが、北朝鮮にはサンダーバード1号はないので、「戦勝1」となるのでしょうね。もう何回も記事にしたので書きませんでしたが、6月1日の「世界子供デー」には、相変わらず「軍事遊び」競争で、「米帝」兵を棒きれで叩いていました。

    >  元帥サマの、「負け惜しみ」というか、「虚勢」というか、執念ですね。まあ、「家業継続」のためには、でしょうね。
    >  それにしても、「教育」とは、恐ろしいものです。
    > 独裁者は、必ず「教育」を狙ってきますね。我が国も。
    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「朝鮮中央TV」ワッチャー

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「副部長同志」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR