「敬愛する最高領導者金正恩同志が、国防科学院で新たに開発した新型地上対海上巡航ロケット発射を視察された」:低空で飛行、海上の「目標船」に命中 (2017年6月9日 「朝鮮中央通信」)

    <追記2>
    「朝鮮中央TV」放送開始直後の「革命活動報道」は、静止画のみだった。今後、動画が追加される可能性もあるが、どうだろうか。

    <追記>
    『労働新聞』に写真が掲載された。

    喫煙中の「元帥様」
    2017-06-09-01-03.jpg
    Source: 『労働新聞』、http://rodong.rep.kp/ko/index.php?strPageID=SF01_02_02&newsID=2017-06-09-0001_photo

    これも軍事パレードの中で自慢げに何回も見せていた車両(キャタピラーではなく、タイヤ型だったかもしれない)。地対艦巡航ミサイル搭載車両だったようだ。
    2017-06-09-01-06.jpg
    Source: 『労働新聞』、http://rodong.rep.kp/ko/index.php?strPageID=SF01_02_02&newsID=2017-06-09-0001_photo

    今回は、巡航ミサイルなので弾頭部正面に付けたカメラの動画が公開されるであろう。
    2017-06-09-01-08.jpg
    Source: 『労働新聞』、http://rodong.rep.kp/ko/index.php?strPageID=SF01_02_02&newsID=2017-06-09-0001_photo

    「米帝艦船」モックを貫通している。
    2017-06-09-01-11.jpg
    Source: 『労働新聞』、http://rodong.rep.kp/ko/index.php?strPageID=SF01_02_02&newsID=2017-06-09-0001_photo

    今回も最初からフル動画による「革命活動報道」になりそうなので、放送時間は「20時報道」の時間帯にずれ込むと思う。

    *******************

    9日、「朝鮮中央通信」に表記記事。「巡航ロケット」と。

    「多種化された打撃手段の中の一つである新型地上対海上新型巡航ロケットは、我々に対する軍事的打撃を図っている敵艦船集団を地上から思いどおりに打撃できる強力な攻撃手段である」

    「発射された巡航ロケットは、正確に旋回飛行し、朝鮮東海上に浮かべられた目標船を探索し命中した」

    「新型地上対海上巡航ロケット試験発射を通して、キャタピラー式自行発射台車からの巡航ロケットの発射管理脱特性とエンジンの始動特性、超低空巡航飛行体制での迅速な進入特性を確証し、超低空長距離巡航飛行体制での飛行安定性、各種飛行経路による機動特性、複合誘導弾頭の目標捕捉及び誘導正確性、敵と味方の識別特性、目標進入時の急激な高度移行能力を検討確証した。」

    「目標船」に着弾する動画が公開されそうだ。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「朝鮮中央TV」ワッチャー

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「副部長同志」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR