「露中外相が共同コミュニケ発表」 (2017年7月4日 「ロシア外務省」)

    4日、露中外相が北朝鮮のミサイル発射に関する共同コミュニケを発表したとロシアのTASSや中国のGlobal Timesが伝えた。共同コミュニケの英訳を見つけることができていないので、ロシア外務省HPにあるロシア語版をGoogle Translateで英文に訳してみた(ロシア語からは、通常、英文への翻訳の方が高い精度が得られる)。機械翻訳なので翻訳精度の問題はあろうが、ざっと読んだ限りでは、内容が分かるので、その英文を元に訳出しておく。

    ロシア外務省HP、Совместное заявление Министерства иностранных дел Российской Федерации и Министерства иностранных дел Китайской Народной Республики по проблемам Корейского полуострова, http://www.mid.ru/en/search?p_p_id=3&p_p_lifecycle=0&p_p_state=maximized&p_p_mode=view&_3_struts_action=%2Fsearch%2Fsearch#

    ****************
    ロシア外相と中国外相による朝鮮半島問題に関する共同コミュニケ
    Joint Statement of the Ministry of Foreign Affairs of the Russian Federation and the Ministry of Foreign Affairs of the People's Republic of China on the Problems of the Korean Peninsula

    1317-04-07-2017

    ロシアと中国は朝鮮半島に接しており、朝鮮半島情勢は両国の国益に直接的な影響を与える。ロシアと中国は緊密に協力をして、北東アジアにおける恒久的な平和と安定のために、核問題を含む朝鮮半島問題を総括的に完全に解決することを推進する。ロシアと中国の外相間の戦略的強力の精神に基づき、朝鮮半島問題について下記の声明を発表する:
    The Russian Federation and the People's Republic of China are neighbors of the Korean peninsula, the development of the situation in the region affects the national interests of both countries. Russia and China, in close coordination, will fully promote the comprehensive solution of the problems of the Korean peninsula, including the nuclear one, for the sake of lasting peace and stability in Northeast Asia. In the spirit of strategic cooperation between the Ministry of Foreign Affairs of Russia and China (hereinafter referred to as the "Parties"), the following are stated on the problems of the Korean peninsula:

    1.両国は、北朝鮮が7月4日に出した声明に対して重大な懸念を表明する。国連安保理決議に反する弾道ミサイル発射に関する声明は容認できない。両国は、北朝鮮に対して安保理決議を厳格に遵守するよう繰り返し要求する。
    1. The parties are seriously concerned about the statement of the DPRK on July 4 this year. On the launch of a ballistic missile, consider such a statement unacceptable, which runs counter to the relevant resolutions of the UN Security Council. The two sides persistently urge the DPRK to strictly observe the provisions of the above-mentioned resolutions.

    2.両国は、朝鮮半島とその周辺の情勢の進展について重大な懸念を表明する。地域における軍事的、政治的な緊張の高まり、軍事紛争勃発の危険性は、国際社会にこの情勢を打開するために、対話と協議を通じた平和的な方法で総括的に対応することを求めている。両国は、緊張を高め対立を激化さえる声明や行動に反対し、関係国に対して、挑発的な行動や発言を止め、前提条件無しの対話をお来ぬ準備があることを示し、緊張を緩和させる積極的努力をするために、自制的に行動することを求める。
    2. The Parties express serious concern about the development of the situation on and around the Korean peninsula. The escalation of military and political tension in this region, fraught with the emergence of an armed conflict, requires the international community to take collective measures to resolve the situation peacefully through dialogue and consultations. The parties oppose any statements and actions that lead to tension and aggravation of contradictions, call upon all the states involved to maintain restraint, to abandon provocative actions and belligerent rhetoric, to demonstrate readiness for dialogue without preconditions, and jointly to make active efforts to defuse tensions.

    3.両国は、朝鮮半島の非核化と朝鮮半島に平和メカニズムを構築するために、中国が提案した「(北朝鮮の核・ミサイル活動と米韓の大規模な軍事演習の)同時中断」と「並行的推進」いう考えとロシアの「朝鮮問題解決のための段階計画」に基づくイニシアティブを推し進める。
    3. The parties put forward a joint initiative based on the ideas of the "double freezing" proposed by the Chinese side (North Korea's nuclear missile activities and large-scale joint exercises of the United States and the Republic of Korea) and "parallel promotion" to the denuclearization of the Korean peninsula and the formation of a peace mechanism on the peninsula, and On the Russian stage-by-stage plan for the Korean settlement.

    両国は、下記を提案する。
    The parties propose:

    北朝鮮は、核実験と弾道ミサイル実験を中断することを宣言する政治的決断を自主的にし、米国と韓国は、それに応じて大規模の合同軍事演習を中断する。同時に、対立する双方が交渉を開始し、武力不使用、侵略反対、平和共存、全ての問題の総括的解決を視野に入れた朝鮮半島の非核化に向けた努力をする意志を含んだ関係の基本的原則を確認する。交渉に参加する全ての当事国は受容可能な形で、朝鮮半島と北東アジアの平和と安定形成メカニズムを推進し、その結果として、総訪韓の関係を正常化する。
    North Korea as a voluntary political decision to declare a moratorium on testing nuclear explosive devices and test launches of ballistic missiles, and the United States and the Republic of Korea accordingly refrain from conducting large-scale joint exercises. Simultaneously, the opposing sides begin negotiations and affirm general principles of relations, including the non-use of force, the rejection of aggression, peaceful coexistence, the intention to make efforts to denuclearize the Korean peninsula with a view to a comprehensive settlement of all problems, including nuclear ones. All parties involved in the negotiation process in an acceptable format promote the formation of a mechanism of peace and security on the peninsula and in Northeast Asia and, as a result, normalize the relations between the respective states.

    両国は、国際社会が朝鮮半島問題を解決への本当の道を開く上記のイニシアティブを支持することを求める。
    The two sides call upon the international community to support the above initiative, which opens a real way to the settlement of the problems of the Korean peninsula.

    4.両国は、断固として国際的な核不拡散体制維持に努め、朝鮮半島の非核化に確固として努め、安保理決議を完全に履行する。両国は、対話と協議を通じて、公平に現存する懸念を除去することを推し進めることを、関係国と共に努力し続けていく意志がある。
    4. The Parties, resolutely committed to the international nuclear non-proliferation regime, are firmly committed to the denuclearization of the Korean peninsula and the full and full implementation of the relevant resolutions of the UN Security Council. The parties intend to continue working together with other stakeholders to make efforts, through dialogue and consultations, to promote a balanced removal of existing concerns.

    両国は、北朝鮮の懸念も尊重されるべきことを確認する。他国は対話再開のための適切な努力をすべきであり、平和的雰囲気と相互信頼の造成に共に努めなければならない。
    The parties confirm that the just concerns of the DPRK should be respected. Other states should make appropriate efforts to resume negotiations, jointly create an atmosphere of peace and mutual trust.

    両国は、朝鮮半島問題の総括的解決のための対話を再開するために、2005年9月19日の共同声明を全ての関係国が遵守することを要求する。朝鮮半島問題を解決するための軍事力の使用は、排除されるべきである。
    The parties urge all parties involved to comply with the commitments set forth in the Joint Statement of September 19, 2005, to the prompt restart of the dialogue on a comprehensive solution of the problems of the Korean peninsula. The possibility of using military measures to solve the problems of the Korean peninsula should be ruled out.

    5.両国は、北朝鮮と韓国が、善意を示し、関係を改善し、平和的解決のための協力に向けた対話と協議を行い、朝鮮半島の緊張を緩和することにおいて適切な役割を担いながら問題を解決することに対する支持を表明する。
    5. The Parties express their support for the North and South Korean peninsula to conduct dialogue and consultations, show mutual benevolence, improve relations, cooperate in a peaceful settlement and play a proper role in defusing the situation on the Korean peninsula and in properly resolving its problems.

    6.両国は、国際と地域の均衡と安定を維持することに慎重に注目していることを確認し、それぞれの国の同盟関係が第三国の利益を侵害してはならないことを強調する。両国は、北東アジアにおいて域外の軍事力のプレゼンスと、北朝鮮の核・ミサイル計画に対抗するという名目でのその拡大に反対する。
    6. The Parties confirm that they are paying serious attention to the maintenance of international and regional balance and stability and stress that allied relations between individual states should not damage the interests of third parties. They oppose the military presence of extra-regional forces in Northeast Asia and its expansion under the pretext of countering the nuclear missile programs of the DPRK.

    両国は、北東アジアにおけるTHAADによるミサイル防衛システムの配備は、ロシアと中国を含む地域の国々の戦略的安保を阻害し、朝鮮半島の非核化という目標に貢献しないばかりか、地域の平和と安定にも貢献しない。
    The parties confirm that the deployment of THAAD missile defense complexes in Northeast Asia seriously damages the interests of the strategic security of regional states, including Russia and China, does not contribute to the goals of the denuclearization of the Korean peninsula, nor does it contribute to peace and stability in the region.

    ロシアと中国は、THAADの配備に反対し、関係国が直ちに配備プロセスを中止、廃棄し、両国の安全保障上の利益の保護と地域の戦略バランスを確保するするための必要な対策を講じることに同意することを要求する。
    Russia and China oppose the deployment of these complexes, urge the respective countries to immediately stop and abolish the placement process and agreed to take the necessary measures to protect the interests of the two countries in the security sphere, as well as to ensure a strategic balance in the region.

    2017年7月4日、モスクワ
    This application was signed on July 4, 2017 in Moscow.

    ロシア外相、中国外相
    For the Ministry of Foreign Affairs For the Ministry of Foreign Affairs
    The Russian Federation of the People's Republic of China
    *********************

    外交文書だからなのか、Google機械翻訳の精度が高いからなのかは分からないが、おかしな英文がほとんどなく、よく理解できた。

    基本的には、北朝鮮の安保理決議に反する核・ミサイル活動への反対、中国が提案した「並行路線」への支持、北朝鮮の事情も一定程度考慮することの要求、韓国による対話イニシアティブへの支持、THAAD配備の反対が盛り込まれた共同コミュニケといえる。

    「7月4日」という日は、北朝鮮のキャンペーンもあり1972年の7.4南北共同声明だけに注目していたが、思えば米国の独立記念日でもあり、偶然ではあるがモスクワで習近平とプーチンが会談をしている日でもあった。これだけ色々な条件が重なると、やはり「火星-14」の「発射成功」も「特別重大報道」として報じる意味があろうというものである。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「朝鮮中央TV」ワッチャー

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「政治局員候補」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR