北朝鮮ミサイル発射?夜間であれば初 (2017年7月29日 「時事.COM」)

    29日、『時事.COM』が。「日本海の日本の排他的経済水域(EEZ)内に着水する可能性がある」と発射を探知、飛行中に公表ならば迅速。前防衛大臣稲田の辞任で「隙間のなさ」を主張したかったのか。

    『時事.COM』、「北朝鮮がミサイル発射=防衛省」、https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170729-00000001-jij-pol
    夜間の発射であれば、初。

    <追記:2017/07/29 0025>
    『聯合』は、NHK報道を引用。

    『聯合』、「NHK "北, 미사일 추정 비행체 발사 정보"(속보)」、http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2017/07/29/0200000000AKR20170729000500073.HTML

    稲田効果なのか、日本が発射を探知し、韓国に先んじて発表するのは希か初。

    <追記2:2017/07/29 0036>
    まだ着水していないとすると、ロフテッド軌道で、「火星-14」のような高度に達するミサイルなのか。

    <追記3:2017/07/29 0039>
    「EEZに着水した可能性がある」と。

    『朝日新聞degital』、「首相「EEZ着水の可能性、NSC開く」北朝鮮ミサイル」、https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170729-00000002-asahi-pol

    <追記4:2017/07/29 0044>
    『聯合』に追加情報出ず。液体燃料を使う「火星-14型」で夜間発射をするために燃料注入ができたのであれば新たな脅威。固形燃料搭載型でこれまでの高度や飛行距離を超えているのであれば、新型の可能性あり。

    <追記5:2017/07/29 0046>
    『聯合』にアップデートが何も出ない。寝ているわけでもなかろうに、韓国・合同参謀本部の発表、いつになく遅い。

    <追記6:2017/07/29 0049>
    『読売新聞』に「ミサイルは45分程度飛行し、日本の排他的経済水域(EEZ)内の日本海に落下した」と。日本のEEZ内のどの地点なのかにもよるが、「45分飛行」というのは、いずれにしても相当の高度に達していることになる。もしかすると、凄いICBMを発射したのかもしれない。しかも夜間に。

    『読売新聞』、「北がミサイル発射、45分飛行し日本海に落下」、https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170729-00050001-yom-pol

    <追記7: 2017/07/29 0057>
    Savelsberg先生に情報を提供しておいた。「45分飛行」をどう分析されるか。

    コメントの投稿

    非公開コメント

    No title

    今回のロケット
    高度3000kmを超える勢いだそう
    前回の発射よりも技術が進歩したのは確実です。
    アメリカは完全に北朝鮮を先制攻撃できない状況に追い込まれつつあります。

    いつでも打てるのを主張するのが今回の夜間発射の目的のようです。

    Re: No title

    頂いたコメントへの返信が遅れてしまいました。昨夜の「モランボン・功勲公演」の背景のスクリーンでも、見事に米国中部にミサイルが命中していました。この辺り、実に芸が細かいです。

    > 今回のロケット
    > 高度3000kmを超える勢いだそう
    > 前回の発射よりも技術が進歩したのは確実です。
    > アメリカは完全に北朝鮮を先制攻撃できない状況に追い込まれつつあります。
    >
    > いつでも打てるのを主張するのが今回の夜間発射の目的のようです。
    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「朝鮮中央TV」ワッチャー

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「副部長同志」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR