米国務長官ティラーソン、「北朝鮮と対話」を模索 (2017年8月1日 「米国務省」)

    昨日、拙ブログの記事に「対話しかない」と書いたのだが、米国務長官のティラーソンも同じことを考えていたようだ。実は、来週、大連で国際会議があり、そこで発表する報告にも「対話しかない」と書いて昨日主催者にメールで送ったのだが、「対話」の流れが見えてきたようだ。日本を含む東北アジアにとって先制攻撃は破滅の道、対話は生き残る道なので、歓迎しておく。北朝鮮式の「戦略的忍耐」が功を奏した形なので、北朝鮮もこの機会を逃さず対話に応じれば良いのだが。

    以下、ティラーソン発言の関連部分を訳出しておく。

    ************************
    政権についてまず直面したのが北朝鮮からの脅威である。そして、それが最も喫緊な第一の政策課題である。北朝鮮による脅威は、ここ数ヶ月で我々が予想した通り、現実のものとなった。なので、われわれはそれを最喫緊事項と確認し、北朝鮮もそれが我々にとって喫緊の問題であるとことを証明した。
    One of the first threats we were confronted with upon entering office is North Korea, and it was the first policy area that we felt an urgency to deal with. And I think, as many of you have watched over the last several months, that threat has materialized in the ways that we expected it would. And that’s why early on we identified it as a very urgent matter, and the North Koreans have certainly proven the urgency of that to us.

    我々は、持続的かつ継続的で強力な平和的圧力とも呼ぶべき対応を開始した。それは、我々に残されたオプションには限りがあり、短期間でそれを実行するとすれば、なおさらそうだからである。したがって、我々がまずやるべきことは、北朝鮮政権に対して平和的な圧力を掛け、彼らに我々やその他の国々と対話する意思を持たせることだ。一方、対話をするためには、核兵器や東北アジア地域や米国に対する核運搬手段を保持している限りは未来はないことを北朝鮮が理解していることが前提となる。
    We initiated a sustained and continued intensified campaign on what I like to call peaceful pressure, because the options available to us, I think as all of you well understand, are limited, and particularly if we think we are operating under a short period of time. So we felt the appropriate thing to do first was to seek peaceful pressure on the regime in North Korea to have them develop a willingness to sit and talk with us and others but with an understanding that a condition of those talks is there is no future where North Korea holds nuclear weapons or the ability to deliver those nuclear weapons to anyone in the region much less to the homeland.

    そして、我々は中国をパートナーにした。中国は、北朝鮮の経済活動の90%に関与している。中国が、朝鮮半島の非核化という我々と目的を共有していることを非常によく理解している。また、中国は、我々が北朝鮮が核を保有することが誰の利益にもならないと考えているのと同様に、それが中国の利益にならないと考えている。中国は、北朝鮮とどの国よりも深い経済関係にあるので、北朝鮮政権に圧力を加える手段を有している。
    In doing so, we’ve sought to partner with China. China does account for 90 percent of economic activity with North Korea. The Chinese have been very clear with us that we share the same objective, a denuclearized Korean Peninsula. They do not see it in their interest for North Korea to have nuclear weapons, just as we do not see it in anyone’s interest. China has ways that they can put pressure on and influence the North Korean regime because of this significant economic relationship that no one else has.

    我々は、北朝鮮情勢で中国を非難しないことを非常に明確に中国に示してきた。この状況で非難されるべきは北朝鮮だけである。しかし我々は、中朝間には大きな経済活動があるので、中国が北朝鮮政権に対してどの国も出来ないような影響力を行使できる特別で独特な関係にあると信じている。
    We’ve been very clear with the Chinese we certainly don’t blame the Chinese for the situation in North Korea. Only the North Koreans are to blame for this situation. But we do believe China has a special and unique relationship because of this significant economic activity to influence the North Korean regime in ways that no one else can.

    そのため、我々は中国に対して、生産的な対話ができる条件を造成するよう、影響力を行使することを求め続けている。我々は、北朝鮮が核兵器を保有することを前提として対話のテーブルに着くことは生産的だとは考えていない。それが、我々の本当の目的である。
    And that’s why we continue to call upon them to use that influence with North Korea to create the conditions where we can have a productive dialogue. We don’t think having a dialogue where the North Koreans come to the table assuming they’re going to maintain their nuclear weapons is productive. So that’s really what the objective that we are about is.

    我々は、北朝鮮の政権転換、政権崩壊、朝鮮半島統一の加速化、38度線を越えて北側に軍隊を出す口実も求めていないこという、我々の北朝鮮に対する立場を再確認してきた。そして、我々は北朝鮮に対して米国は北朝鮮の敵ではないこと、北朝鮮に対する脅威ではないことを伝えようと努力しているが、あなた方(北朝鮮)は、我々に受け入れ難い脅威を与えており、我々にそれに対応せざるを得なくしている。北朝鮮がいずれかの時点で我々が、北朝鮮の安全と経済的繁栄だけではなく、東北アジア全体の経済的繁栄に繋がる未来についての対話を我々が望んでいることを理解し始めることを、我々は希望している。
    We have reaffirmed our position towards North Korea, that what we are doing, we do not seek a regime change; we do not seek the collapse of the regime; we do not seek an accelerated reunification of the peninsula; we do not seek an excuse to send our military north of the 38th parallel. And we’re trying to convey to the North Koreans we are not your enemy, we are not your threat, but you are presenting an unacceptable threat to us, and we have to respond. And we hope that at some point, they will begin to understand that and that we would like to sit and have a dialogue with them about the future that will give them the security they seek and the future economic prosperity for North Korea, but that will then promote economic prosperity throughout Northeast Asia.

    明らかに、我々の選択肢は特段魅力的ではないので、この方法で北朝鮮政権に対してますます強力な圧力をかけ続けることに努める。
    This is going to be a continued effort to put ever greater pressure on the North Korean regime because our other options, obviously, are not particularly attractive.

    このことに言及しながら、今から数人の人々を称賛する。過去6ヶ月間、副長官の役割を演じてくる人々と共に我々は対北朝鮮対応を行い、大使と組織力を活用した。そして、私は我々が成し遂げたことをとても誇りに思う。北朝鮮への対応において、スーザン・ソーントン長官補佐官、ジョセフ・ユン大使は、こうした政策を発展させ、実行する鋤のような助けとなった。スーザン・ソーントンは我々の中国との関係の鍵であり、北朝鮮問題が我々の中国との関係を規定しないということを誰もが理解することは重要である。
    Now, in saying that, I want to – I want to acknowledge a couple of people, and I’m going to give some credit to people as I go through this. These first six months, we’ve been carrying out this activity, as you know, with largely people in acting assistant secretary positions, using our ambassadors, the strength of the organization, and I’m quite proud of what we’ve accomplished. In dealing with North Korea, Acting Assistant Secretary Susan Thornton and Ambassador Joseph Yun have been stellar in helping us develop these policies and carry them out. Susan Thornton also has been key to our relationship with China, and I think it’s important that everyone understand that North Korea does not define the relationship with China.

    我々の中国との関係は、明らかにもっと広範である。トランプ大統領と習近平主席の首脳会談では、米中関係がどうあるべきかについての話し合いに多くの時間が割かれた。ニクソン訪中以来、「一つの中国」政策の採択、3つの文書と3つの合意により米中関係は規定されてきており、米中間には長期にわたり紛争はなく、中国に大きな成長と繁栄の条件を造成し、米国と世界がそこから利益を得てきた。それこそが、過去40から50年の両国関係を規定してきたものである。
    Our relationship with China, obviously, is much broader. And if you go back to the summit in Mar-a-Lago between President Trump and President Xi, much of that summit was a discussion about what should the relationship between the U.S. and China be. It has been defined, since the opening of China with the historic Nixon visit, the adoption of the “one China” policy, the three documents and agreements, and that has given us a long period of no conflict between China and the U.S., creating conditions for enormous economic growth and prosperity in China, which the U.S. and the rest of the world has seen benefits from as well. That has defined the last 40 to 50 years of our relationship.

    US Dept. of State, Remarks Rex W. Tillerson, Secretary of State, Press Briefing Room Washington, DC, August 1, 2017, https://www.state.gov/secretary/remarks/2017/08/272979.htm
    **********************

    コメントの投稿

    非公開コメント

    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「朝鮮中央TV」ワッチャー

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「副部長同志」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR