Google Earthで見る咸鏡北道北部水害被害地域、大規模な土石流があちこちで発生 (2017年3月26日)

    Google Earthを見ていたら、咸鏡北道北部地域の写真が、2016年9月、水害が発生した直後の写真に更新されていた。北朝鮮では、「元帥様」が「リョミョン通り」などの建設を中断し、「咸鏡北道北部被害復旧戦闘」を指示し、寒くなる前に被災者のための住宅などが建設され、この水害は「復旧」したということになっているが、復旧後の写真はGoogle Earthに掲載されるまで少し待つとしても、被害は想像以上に大きかったことがGoogle Earthの写真から確認できる。

    北朝鮮報道などを読んで想像していた被害は、集中豪雨で豆満江の水が増水し、沿岸の住宅が流されたということであったが、そのような被害に加えて、Google Earthの写真からは、あちこちで大規模な土石流が四方八方に向かって発生し、それにより豆満江から離れた地域でも大きな被害が出ていることが分かる。

    しばしばいわれることであるが、北朝鮮では山の木を伐採し、無理矢理に農地にしてしまっているので、ひとたび豪雨が降ると、こうした大規模な土石流が発生するのだろう。北朝鮮では「史上最悪の被害」と言っているが、写真を見ると納得する。今年も、3月初旬の「植樹節」頃に、「元帥様」と李雪主同志が象徴的な植樹をしていたが、異常気象の影響でこれからもしばしば豪雨が予想されている状況では、今年の夏に再びこうした被害が発生しないとも限らない。日本のように山林管理や治水が計画的に行われている国でさえ、想定外の集中豪雨で大きな被害が出る状況になっているので、そうしたことがきちんと行われていない北朝鮮では、状況がより深刻である。

    被災者のための住宅建設に「建設軍人」や資材を集中させたという「元帥様」の判断は評価できるが、それで終わるのではなく、継続的に山林管理や治水をきちんと行わなければ、こうした被害は再び発生する。

    過去記事にも書いた通り、オバマ政権末期(政権交代数日前)に、北朝鮮メディアが「米合衆国政府が咸鏡北道被災地に人道支援をした」と伝えたが、これもまた英断であったといえる。北朝鮮メディアが報じないだけかもしれないが、その時、周辺国、特に韓国は何をしていたのであろうか。

    以下、被害の一部を before and after で見ていくことにする。

    豪雨前の茂山市
    20170323茂山豪雨前
    Source: Google Earth, 2015/10/7

    豪雨直後の茂山市同じ場所。湾曲した部分の住宅がほぼ完全に流されている。
    20170323茂山豪雨後
    Source: Google Earth, 2016/09/15

    上の写真を拡大、茂山市の住宅、豪雨前。
    20170323茂山豪雨前の住宅
    Source: Google Earth, 2015/10/07

    拡大した上の写真と同じ場所
    20170323茂山豪雨後流された住宅
    Source: Google Earth, 2016/09/15

    茂山市、豪雨前の橋と道路。
    20170323茂山豪雨前の道路
    Source: Google Earth, 2015/10/07

    同じ場所。道路は流され、橋も崩れているように見える。中国は、この豪雨による自国の被害を報じているのか確認していないが、中国側の道路も洪水で流されてなくなっている地点が複数ある(この写真では見られないが)。
    20170323茂山豪雨後の道路
    Source: Google Earth, 2016/09/15

    上の写真の橋の部分を拡大すると多くの「建設軍人」らしき人々が見える。また、左の方では、パワーシャベルが投入され復旧作業をしている。「元帥様」の命令が迅速だっただけあり、早い時期から復旧工事が開始されたことが分かる。
    20170323茂山豪雨後の復旧工事
    Source: Google Earth, 2016/09/15

    では、土石流の被害を見ていく。下の写真は、茂山市の北に位置するセゴル里の被害前の様子である。Google Earthには、異なるタイムスタンプが表示されるが、2015年10月7日が正しいと思われる。
    20170326セゴル里20160915土石流前
    Source: Google Earth, 2015/10/07

    山の頂上付近から、3方向に土石流が発生していることが分かる。この土石流により、川とは反対側の村も被害を受けている。
    20170326セゴル里20160915土石流跡
    Source: Google Earth, 2016/09/15

    土石流の被害を確認するために拡大すると、被災前。
    20170326セゴル里20160915土石流前の村
    Source: Google Earth, 2015/10/07

    被災後。
    20170326セゴル里20160915土石流後の村
    Source: Google Earth, 2016/09/15

    これらの写真は、ほんの一部で、茂山郡内だけでも、大小の被災地を多く確認することができる。

    同じ咸鏡北道内にある核実験施設「豊渓里(プンゲリ)」に金を使うよりも、こちらに使う方が朝鮮人民は幸せだと思う。「堂々たる核保有国」ならば、これ以上の実験は少し休んでだ。(次の実験準備完了という報道もあるが)

    金正男の遺体と拘束されたマレイシア人の交換の可能性 (2017年3月15日 「The Star」)

    15日、The Starが伝えるところによると、マレイシア副相が北朝鮮との交渉が月曜日から始まっており、金正男の遺体と9人のマレイシア人を交換する可能性も除外できないと述べた。

    マレイシア副首相は、遺体が金正男であることは確認されたと述べたが、マレイシア警察長官が述べたように、親族のDNA鑑定で確認されたと言及することは避けた。

    The Star, Zahid: Malaysia mulls handing over Jong Nam's body to secure release of nine Malaysians, Read more at http://www.thestar.com.my/news/nation/2017/03/15/zahid-malaysia-mulls-handing-over-jong-nam-body-to-secure-release-of-nine-malaysians/#OePGL6kgbpsixOdp.99

    マレイシアにとっては、いくつかの選択肢がある。第一は、金正男の家族のDNAとの一致で身元が特定され、家族が遺体の返還を求めれば返還する。そして、北朝鮮に拘束されている9人については、北朝鮮にいる容疑者も含むマレイシア人の扱を材料に交渉する。第二は、金正男の遺体とマレイシア人9人を交換する。この場合、容疑者を除く、北朝鮮人の出国禁止は意味を持たなくなるだろうから、出国を認める。第三は、金正男の遺体を北朝鮮に返還し、容疑者も含む北朝鮮人の出国を許す。

    第三の可能性はない。すると、第一か第二であるが、マレイシアの国益、国民の安全という意味からすれば、金正男の遺体とのトレードはあり得る。もちろん、人道的には遺体の家族に返還すべきであるが、マレイシアにいる9人の家族や国民感情からすれば、北朝鮮人の遺体の扱いよりも、生きている9人のマレイシア人の安全確保を重視しても不思議ではない。もちろん、完全に道義を貫徹するのであれば、第一のやり方であるが、マレイシア人家族や国民世論との関連で、悩ましいところであろう。

    北朝鮮としては、北朝鮮大使館内に匿われているといわれる民間人2人の扱いという問題が残るが、金正男の遺体さえ確保してしまえば、「本国に保存されたDNAデータと照合した結果、遺体は金チョルであった」と発表し、遺体の身元を曖昧にして終わらせることはできる。「白頭の血統」という点からすれば、「金正男などいなかった」することを北朝鮮が洗濯する可能性は充分にあり、マレイシアとの交渉では、北側からそうした提案が成されていることが想像される。

    北朝鮮人建設労働者37人、不法滞在でマレイシアで逮捕 (2017年3月7日 「New Straits Times」) 

    7日、New Straits Timesによると、マレイシアで北朝鮮人労働者が就労ビザを得ずに橋の工事現場で働いていたとして逮捕されたと報じた。北朝鮮人は、就労ビザを申請したものの発行されなかったため、就労を許されないノービザ入国の状態で働いていたという。

    逮捕された北朝鮮人は旅券を雇用者に預けており、逮捕されたときは所持していなかった。雇用者の国籍等については、明らかにされていない。

    逮捕された北朝鮮人は、旅券等を入管当局に提出後、300リンギット(約7700円)の罰金と100リンギット(約2600円)の手数料を支払えば、30日間サラワク州に滞在することが許されるという。本来であれば、30日以内に国外退去する必要があるが、北朝鮮国籍者の出国禁止措置がとられているので、このままの状態が続けば、30日過ぎてもマレイシアに滞在することになろう。

    New Straits Times, 37 N. Koreans construction workers arrested for abusing social visit pass, http://www.nst.com.my/news/2017/03/218516/37-n-koreans-construction-workers-arrested-abusing-social-visit-pass

    中国の北朝鮮産石炭一輸入時停止措置:南浦沖の北朝鮮船籍船がほとんど消えた (2017年2月21日)

    中国商務省が発表した北朝鮮産石炭輸入一時停止措置が効いているようだ。やはり、19日からこの措置を執行しているようである。

    下は2017年1月28日11時半頃のMarine Trafficでみた状況で、過去記事でも紹介した。青丸で囲んである中の船で南浦(Nampo)に船首か船尾を向けている船のほとんどは、北朝鮮船籍の船である。
    20170128 marine traffic
    Source: Marine Traffic, 2017/01/28 1140JST頃, https://www.marinetraffic.com/en/ais/home/centerx:122/centery:38/zoom:8

    ところが、2月21日10時半頃に同じ場所を見ると、船がほとんどいない。全ての船をくまなく確認したわけではないが、南浦方向に向かっている船をざっと調べたところでは、黄色いマークがしてある船2隻のみであった。
    201702211030jstmtff.jpg
    Source: Marine Traffic, 2017/02/21 1030JST頃、https://www.marinetraffic.com/jp/ais/home/centerx:123/centery:39/zoom:8

    中国商務省が「一時停止」を決定したと報じた日から、時々Marine Trafficで確認してきたが、徐々に減り、ほとんどいなくなったという感じがする。これが一時的な状況なのか否かは、もう少し続けて観察してみないと分からないが、現時点では中国の措置が効いているようである。

    また、この措置が執行される前に北朝鮮を出港し、既に目的地近海にいた船も入港禁止にされているようである。下は、以前にも北朝鮮船籍の船が出入りしていると紹介した山東省竜口港であるが、港の沖合に多くの北朝鮮船籍の船舶が停泊している。ここには、中国船籍の船に混ざり、数隻の北朝鮮船籍船舶はだいたいいつも停泊しているが、これほど大量に集まって停泊しているのは、私が観察を始めてからでは初めてである。上同様、黄色くマークしたのが北朝鮮船籍船である。竜口港には、過去記事でも見たように、Google Earthで見ると、埠頭には石炭と思われるものが大量に積まれている。
    201702211048lkukpship.jpg
    Source: Marine Traffic, 2017/02/21 1040JST頃、 https://www.marinetraffic.com/jp/ais/home/centerx:120.3/centery:37.7/zoom:12

    昨夜確認した時点で唯一入港していたKUMSAN BONGという北朝鮮籍の貨物船は、20日23時48分に竜口を出港し、南浦に向かっている。もし一時停止措置がしばらく続くのであれば、この船が当面入港できる最後の船になるのではないだろうか。
    20170221kumsanbong.jpg
    Source: Marine Traffic, 2017/02/21 1050JSTJST頃、 https://www.marinetraffic.com/jp/ais/home/shipid:677610/zoom:10

    竜口沖で停泊している北朝鮮の船は、単に入港の順番待ちをしている可能性はあるが、行き場を失って、本国からの指令を待っているのかも知れない。依然として姿を見せない崔龍海が中国に行ったとすれば、どのような話をしてきたのかとも合わせて気になるところである。

    「<朝鮮映画>自分の家になるとは」:80年代の白黒映画だがおもしろい、手抜き工事 (2017年2月5日 「朝鮮中央TV」)

    5日、「朝鮮中央TV」で放送された「朝鮮映画」。「朝鮮中央TV」では、週末の夕方、この種の「思想教養」映画を放送している。新しくは制作されていないようで、多くは白黒で80年代に制作されたと思われるものである。以前もいくつか拙ブログでこの種の映画は紹介してきたが、今回は建設現場での手抜き工事を戒めるストーリー。

    社会主義朝鮮だからということはなく、南北共に「適当」は共通している。資本主義競争の中で、韓国では「適当」は淘汰されつつあるようだが、80年代は色々なものやことが非常に「適当」であった。私が住んでいた部屋のアルミサッシの窓枠も「適当」で、小さな窓にもかかわらず、ガタガタやらないと閉まらなかった。よく見れば、アルミ材の合わせ目が「適当」に切断されているので、隙間だらけだった。そんな「適当」が、当時は、いちいち気になったし、時には腹も立った。

    韓国人に言わせると、そういう「適当」は「大らか」な証で、何事も細かく正確にやる日本人は「大らかではない」ということになり、しばしばジンロ焼酎を飲みながら、韓国人の友人と言い争いをしていた。

    「大らか」なのは良いことだが、結局、技術という意味においては「細かく、正確に」は必須なので、韓国人も技術の側面においてはそちらを選択したようだが、その他の部分では相変わらず「大らか」あるいは「適当」であるようだ。私は、韓国に短期間しか滞在しないのでほとんどそういうことを感じないが、留学から帰ってくる学生の話を聞くと、依然として、そういう「適当さ」に辟易としている。

    さて、社会主義朝鮮では、資本主義的な競争がないので、「思想観点」から「適当」を是正しないと直らないようだ。数日前に紹介した「旧正月の風景」の舞台となる「適当食堂」もそうであるが、とにかく「適当」を是正するためには、「党の方針」とか「将軍様の労苦」とかを持ち出さなければならないようだ。

    「自分の家になるとは」の中にも「施工指導員」がおり、「施工検査」も実施することになっているようだが、映画だから誇張されているにせよ、それらの検査もかなり「適当」なふうに見える。80年だとはいえ、北朝鮮の建設現場の様子が垣間見えるおもしろい映画だと思う。

    日本語字幕付き。

    Source: KCTV, 2017/02/05
    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「朝鮮中央TV」ワッチャー

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「副部長同志」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR