「サイバー攻撃は沈静化、ハッカーはコードを売ると強迫」:北朝鮮の仕業ではなさそう、<追記>ハッカー集団のHPには、「北朝鮮の核・ミサイルデータも売る」と (2017年5月17日 「REUTERS」)

    16日、REUTERSに「サイバー攻撃は沈静化、ハッカーはコードを売ると強迫」という記事が掲載された。

    REUTERS, Cyber attack eases, hacking group threatens to sell code, http://www.reuters.com/article/us-cyber-attack-idUSKCN18B0AC

    巷では、今回のサイバー攻撃に北朝鮮が関与していると言われているが、関係ないと思う。そもそも、今回発生している事態は、サイバー攻撃でも何でもない。現象としては、メールに添付されたウィルスファイルを不用意に開いた結果ウィルスがパソコンに感染し、感染したパソコンを復旧させるための金を脅し取るというこれまでにもあった手口である。その数が急激に増えたので、「サイバー攻撃」と言われているのであろうが、状況としてはそれだけである。しかも最も被害が大きかったのは、ロシア、台湾、ウクライナ、インドと北朝鮮が政治的な意味合いから攻撃をしても全く意味がない国ばかりである。もちろん、攻撃量と被害とは必ずしも一致しないが、それでも、ある程度の関連性はあるはずである。

    北朝鮮の攻撃対象となるのは、米国、韓国、そして日本であり、しかも、攻撃の意図が「元帥様」冒涜映画を制作した米国のSONYピクチャーズのようにはっきりとしている。あの時は、まさにサイバー攻撃で、予め送っておいたウィルス付きのメールがあったのかどうかは忘れてしまったが、サーバーの中に入り込み、職員のメールを盗み出している。韓国に対するサイバー攻撃のパターンもほぼ同じで、北朝鮮のサイバー攻撃能力を誇示することを目的としている(もちろん、後日、関与は否定するが)。さらに、今回は金を要求しており、北朝鮮のように体面を重視する国が、目に見える形で小遣い稼ぎなどするとは考えにくい。

    今回のサイバー攻撃に北朝鮮が関与していると云われている理由は、過去の北朝鮮のサイバー攻撃に使われたのと類似したコードがウィルスプログラムに含まれていたからということであるが、ハッカーは、有効なプログラムであれば、どこで作られたかなど関係なく、応用しているはずである。

    今回のサイバー攻撃を北朝鮮と結びつけるのには、無理があるような気がする。

    <追記>
    17日の中国外交部定例記者会見に、この問題に関するやりとりがあった。そこに出ていた「Shadow Brokers」というハッカー集団から調べていくと、彼らのHPが見つかった。(アクセスしても危険はないと思うが、万が一のことがあるので、urlは伏せておく)

    その中にある北朝鮮関係の記述は、

    ***************
    オラクルは、Wanna Cryによる国際的なサイバー攻撃の責任は北朝鮮にあると言っている。核とサイバー攻撃、アメリカは戦争するしかないな、それ以外の選択肢はない!(皮肉だな)、新しいZero Days(米国の国家機関がウィルスを作り、そのウィルスをイランの原子力発電所の制御システムに感染させ、制御を乗っ取るというドキュメンタリー映画)はないよ。
    The oracle is telling theshadowbrokers North Korea is being responsible for the global cyber attack Wanna Cry. Nukes and cyber attacks, America has to go to war, no other choices! (Sarcasm) No new ZeroDays.
    ***************

    **************
    6月にShadow Brokersは、「Shadow Brokers当月のデータ公開」サービスを発表する。Shadow Brokersは、新たな月極の契約モデルを始める。ちょうど、会員制ワイン・セラーの「今月のワイン」のようなものだ。毎月、人々は会費を払い、会員限りのデータを毎月入手することができる。それらのデータを使って何をするかは会員次第。
    In June, TheShadowBrokers is announcing "TheShadowBrokers Data Dump of the Month" service.TheShadowBrokers is launching new monthly subscription model. Is being like wine of month club. Each month peoples can be paying membership fee, then getting members only data dump each month. What members doing with data after is up to members.

    Shadow Brokersの当月のデータ公開は:
    TheShadowBrokers Monthly Data Dump could be being:

    (いくつかの項目があり)
    ロシア、中国、イランあるいは北朝鮮の核・ミサイル計画に関する流出データ
    compromised network data from Russian, Chinese, Iranian, or North Korean nukes and missile programs
    *********************

    これも、北朝鮮の自作自演と言うのだろうか。

    「人気が高い知能型有線電話機」:ナンバーディスプレー、留守録、番号登録機能、「我々式」に開発 (2017年5月16日 「朝鮮の今日」)

    15日、「朝鮮の今日」で「我々式」に開発したという、「知能型有線電話機」が紹介された。日本の場合は、有線電話に留守電機能が付加され、電話番号登録、ナンバーディスプレーなどという機能がさらに加わっていったという発展の歴史を辿り、さらに受話器がワイアレス化され、一方で自動車電話が登場し、携帯電話の普及へと繋がっていった。

    北朝鮮の場合、過去記事にも書いた通り、携帯電話やスマホはそれなりに普及している。そして一方で「知能型有線電話機」を紹介していることからすると、技術的には「並進路線」となっていることが分かる。そもそも、携帯電話は標準化された基地局のユニットを導入すれば、自動的に付加機能がついてきて、端末が対応してさえいれば、一気に基地局ユニットを提供している国のレベルに到達することができる。北朝鮮では、KoryolinkというW-CDMA方式の移動通信サービスが使われているが、オラスコムが提供した基地局ユニットには、先進国のスマホでできる機能が初めから入っているはずである。その機能を停止するかしないかは、北朝鮮当局が決めることである。

    ところが、旧来型の有線電話の場合、それこそ「我々式」の技術の交換機を使っており、一気に新機能を付加するのは大変である。留守電や電話番号管理は、電話機端末に依存する機能なので、交換機と関係なく付加できるが、ナンバーディスプレーに関しては、技術的にどうやっているのか、アナログ交換機でも可能なのかなどの疑問は残るものの、交換機に依存する機能である。「朝鮮中央TV」の報道では、時々、交換局のデジタル化が進んでいる様子を紹介しているので、端末もそれに対応したものが出てきたという話であろう。

    興味深いのは、この「知能型有線電話機」をワイアレスにしなかった点である。技術的には、ワイアレスにすることなどいくらでもできるはずなのだが、やはり北朝鮮なりのセキュリティーの問題があるのかも知れない。アナログワイアレスなど採用した暁には、レシーバーさえ持ち込めば、平壌市民の通話が傍受できるので、下手をすると「敵対勢力」のメディアで流されることになる。

    「光明技術交流社(광명전자기술교류사)」の電話機。
    20170516-k3-02-4.jpg
    Source: 「朝鮮の今日」、http://www.dprktoday.com/index.php?type=2&no=20306

    20170516-k3-02-2.jpg
    Source: 「朝鮮の今日」、http://www.dprktoday.com/index.php?type=2&no=20306

    20170516-k3-02-1.jpg
    Source: 「朝鮮の今日」、http://www.dprktoday.com/index.php?type=2&no=20306

    20170516-k3-02-3.jpg
    Source: 「朝鮮の今日」、http://www.dprktoday.com/index.php?type=2&no=20306

    인기가 대단한 지능형유선전화기

    「自力自強がもたらした貴重な果実-第32回全国科学技術祝典場を訪問し-(2)」:「衛星情報」をデジタル処理して地形図、アルミ缶の飲料 (2017年4月29日 「朝鮮中央TV」)

    29日、「朝鮮中央TV」で「自力自強がもたらした貴重な果実-第32回全国科学技術祝典場を訪問し-(2)」という番組が放送された。

    20170429kctvasf_012892767.jpg
    Source: KCTV, 2017/04/29

    「科学技術重視」と書かれた「祝典」のポスター。
    20170429kctvasf_012910519.jpg
    Source: KCTV, 2017/04/29

    「国家資源開発省」のブースでの説明は、さらっとしているが、よく聞けば、北朝鮮の衛星が機能しているかのようなことを言っている。

    「衛星から地形情報を受信し、コンピューターを利用して、デジタル地質図作成の第1工程である、地形図のデジタル化実現と・・・」
    20170429kctvasf_012932939.jpg
    Source: KCTV, 2017/04/29

    「地形情報処理システムによる測量作業の現代化」と書かれたポスター。
    20170429kctvasf_012936228.jpg
    Source: KCTV, 2017/04/29

    どの衛星なのかは分からないが、北朝鮮が打ち上げた「地球観測衛星」の一つの目的が、これであったはずである。

    暖房用ボイラーのコーナーでは、見せたくないポスターもあったようだ。ポスターのタイトルにボカシが入れてる。
    20170429kctvasf_013046582.jpg
    Source: KCTV, 2017/04/29

    「炭酸ジュース」として紹介されている製品。放送では、「炭酸ガスの含有量を増やす工夫がされた」と工場の係員が説明しているが、それよりもアルミ缶を使っているところが北朝鮮では画期的ではないだろうか。アルミの生産工程では、アルミナを電気分解してアルミニウムにするので、大量の電力が必要であるとされている。そのため、北朝鮮では、ガラス瓶やペットボトル、紙パックが飲料のコンテイナーとして使われているが、アルミ缶は、見た記憶がない。また、アルミ缶に入れられる飲料は、基本的には炭酸ガスの内圧でアルミ缶の形状を保持することができる、炭酸飲料に限られるとされている。日本の場合、この問題を技術的に解決し、現在では炭酸飲料以外でもアルミ缶が使われているそうだ。しかし北朝鮮では、そもそも電力不足でアルミ生産が大変なのに加え、アルミ缶の形状を維持できるような充分な炭酸ガスが含まれた飲料がこれまで生産できなかったのかもしれない。しかし、炭酸ガス含有量を増やすことができるようになり、それがアルミ缶使用に繋がっているのではないだろうか。
    20170429kctvasf_013309414.jpg
    Source: KCTV, 2017/04/29

    説明をする女性。
    20170429kctvasf_013312065.jpg
    Source: KCTV, 2017/04/29

    <参考>
    一般社団法人日本アルミニウム協会、「アルミニウムのできるまで」、https://www.aluminum.or.jp/basic/alumiprocess.html
    サントリーお客様センター、「アルミ缶とスチール缶に分けている理由はありますか?」、http://www.suntory.co.jp/customer/faq/001967.html

    この番組シリーズの(1)を見落としているので、追って確認する。

    「主体朝鮮の衛星は次々と打ち上げられる」:微妙なタイミングの動画、朝鮮の「衛星打ち上げ」をCGと実写で (2017年3月12日 「朝鮮の今日」)

    12日、「朝鮮の今日」にアップロードされた動画。これまで、北朝鮮が打ち上げてきた「衛星」打ち上げをCGと実写で紹介している。3分で北朝鮮の衛星ロケットを全て見られるコンパクトな動画である。

    「元帥様」は、この動画がアップロードされてから約1週間後に「新型大出力エンジン」の「地上噴出試験」を「視察」しているが、この動画のタイトルからすれば、「太陽節」前後に「光明星-5」号が打ち上げられそうな雰囲気である。

    日本語字幕付き。

    Source: 「朝鮮の今日、2017/03/12

    「我々の目標」:「青い空電子製品工場」を紹介する動画、「赤い星」の新バージョンはインストールされているのだろうか (2016年12月18日 「朝鮮の今日」)

    18日、「朝鮮の今日」にアップロードされた動画。以前にも紹介した「青い空電子製品工場」を紹介する動画である。以前に紹介した以上の新しい製品は見せていないが、プリント基板製作が、国内でできるようになったことは、大きいようだ。「我々のプログラム」と言っているが、「赤い星」の新バージョンは、これらのPCにインストールされているのであろうか。日本でも、NEC全盛期には日本語化されたMS-DOSが、あたかも「我々のプログラム」のように使われていたので、北朝鮮が言おうとすることは何となく分かる。

    日本語字幕付き。

    Source: 朝鮮の今日, 2016/12/18
    プロフィール

    川口智彦

    Author:川口智彦
    「朝鮮中央TV」ワッチャー

    ブログの基本用語:
    「元帥様」=金正恩朝鮮労働党委員長(上の絵の人物)、2016年12月20日から「最高領導者同志」とも呼ばれる
    「首領様」=金日成主席
    「将軍様」=金正日総書記
    「副部長同志」=金ヨジョン(「元帥様」の妹)
    「白頭の血統」=金一族
    「大元帥様達」=「首領様」と「将軍様」

    우 그림은 충정 담아 아이가 그린 경애하는 김정은원수님이십니다.

          dprknow

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    Visitors
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    QRコード
    QR